季語/蟻地獄(ありじごく)を使った俳句

「蟻地獄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟻地獄」について

【表記】蟻地獄

【読み方】ありじごく

【ローマ字読み】arijigoku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・擂鉢虫(すりばちむし:suribachimushi)

・あとずさり(あとずさり:atozusari)

・あとさり虫(あとさりむし:atosarimushi)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蟻地獄を含む俳句例

荒涼と月面の景蟻地獄/瀧春一

蟻地獄並ぶ完成未完成/山田弘子

西行堂裏も表も蟻地獄/角川照子

人忌はわが衰へか蟻地獄/岡本眸

結界に一光円の蟻地獄/近藤一鴻

蟻地獄童女が二人風の中/皆吉司

敗頽と女坐れり蟻地獄/萩原麦草

親鸞の分骨堂の蟻地獄/新村富代

軍扇の裏の白泥蟻地獄/吉田紫乃

陵も父も翳なす蟻地獄/齋藤愼爾

光陰と土に鎮まる蟻地獄/飯田蛇笏

蟻地獄死ぬ時の貌考える/寺井谷子

蟻地獄火伏の神の縁高き/半田順子

やや傾ぐ海龍王寺蟻地獄/橋本榮治

俳諧や斧鉞一閃の蟻地獄/石原八束

蟻地獄鐘楼の土知り尽す/石川桂郎

倖か蟻地獄など数ふるは/杉山岳陽

天平の伽藍の下の蟻地獄/野村美恵

奔放に生きて骸や蟻地獄/岡田守生

蟻地獄赫く集りなほ二三/萩原麦草

俳句例:21句目~

小祠に豆粒ほどの蟻地獄/細井将人

少年の孤独捕へし蟻地獄/清水節子

日蝕や父には暗き蟻地獄/齋藤愼爾

蟻地獄女の髪の掌に剰り/石川桂郎

曇天の白き太陽蟻地獄/柴田白葉女

朗々の勤行堂下蟻地獄/邑上キヨノ

男立ち女かがめる蟻地獄/西東三鬼

梅干の種の真紅と蟻地獄/近藤一鴻

蟻地獄仏足石の影およぶ/荒川幸恵

律院の縁の高さよ蟻地獄/千原叡子

鍵ささぬ木喰堂や蟻地獄/渡辺立男

鬼貫の塋域にして蟻地獄/千原叡子

頬杖の石仏のまへ蟻地獄/宮原双馨

高野にもある殺生や蟻地獄/乾一枝

蟻地獄深し松籟絶ゆるなく/内藤吐天

及ばざる天の光りに蟻地獄/飯田蛇笏

洞然と二つならべる蟻地獄/河野静雲

否応もなく落されて蟻地獄/鷹羽狩行

墓の裾蟻地獄あり暗からず/小林康治

墜ちし虫一瞬に消ゆ蟻地獄/高橋利雄

俳句例:41句目~

白昼の不意打ち巨き蟻地獄/渡辺恭子

蟻地獄歳月人をへだてけり/青木重行

蟻地獄しづかに昼は移りをり/有働亨

蟻地獄全き月の上がりけり/斎藤梅子

石仏の視野のはずれの蟻地獄/芝由紀

ああかくて胸に空洞蟻地獄/西本一都

蟻来ねば蟻地獄空漠として/細見綾子

濃影曳き無欲者精励蟻地獄/香西照雄

蟻地獄ありて古家に男住む/入江朝子

納骨のあとの渇きに蟻地獄/横山房子

蟻地獄昨日も今日も新しく/下村非文

子を連れて佇む墓地の蟻地獄/三谷昭

蟻地獄戦ふ音は持たざりき/加藤楸邨

父たらむ日へ幾許ぞ蟻地獄/杉山岳陽

この旅の一天守一蟻地獄/赤松けい子

寺の子の遊び上手や蟻地獄/橋本榮治

蟻地獄鼻唄まじり来し蟻を/京極杞陽

蟻地獄青空木々の上にあり/飯田龍太

蟻地獄何事もなき砂落ちぬ/西岡正保

殺生のまだなき深さ蟻地獄/野村久子

俳句例:61句目~

蟻地獄長屋のごとく並びけり/日原傳

蟻地獄遺し尽して怒り消ゆ/根岸善雄

蟻地獄観音様の前にあり/高田マサ江

蟻地獄娼家のごとく並びたる/西山誠

手をあげて蟻沈没す蟻地獄/橋本鶏二

蟻地獄蟻にも今は忘らるゝ/右城暮石

蟻地獄群るる病者の床下に/石田波郷

蟻地獄のぞき第三者の立場/池田秀水

蟻地獄砂の切味あざやかに/山口誓子

わが心いま獲物欲り蟻地獄/中村汀女

わが跼む孤絶の影よ蟻地獄/山口草堂

月光の創かくれなし蟻地獄/齋藤愼爾

蟻地獄石ころ一つ振舞はん/高澤良一

朝の蟻蟻地獄行はじめたり/萩原麦草

用済みの骸をはねる蟻地獄/柴崎公子

蟻地獄在り山中の暦日に/松本たかし

バビロンの都の址の蟻地獄/山本歩禅

来る蟻にひそと傾き蟻地獄/皆吉爽雨

蟻地獄むずつと仁王の力足/北澤瑞史

蟻地獄病者の影をもて蔽ふ/石田波郷

俳句例:81句目~

蟻地獄同心円を並べけり/野見山朱鳥

丹の透ける木彫仏や蟻地獄/小島花枝

蟻地獄異変は杖の一突きに/杉原昌子

人声の稀に落ちくる蟻地獄/右城暮石

人間に蟻をもらひし蟻地獄/右城暮石

雨遠き思ひに並び蟻地獄/後藤比奈夫

倖せか蟻地獄など数ふるは/杉山岳陽

働いてゐる蟻地獄見当らず/小島梅雨

高音部奏でしギター蟻地獄/栗林千津

松の雨つい~と吸ひ蟻地獄/高浜虚子

妻病臥子を連れのぞく蟻地獄/石田波郷

室生寺の床下にして蟻地獄/瀧澤伊代次

尼逝きて久しくなりし蟻地獄/山本祐三

山中に時の澄みゆく蟻地獄/山上樹実雄

山鳴に馴れし静けさ蟻地獄/隈元いさむ

待つものの静けさにゐて蟻地獄/桂信子

故郷につながれている蟻地獄/川端妙子

斑猫のふんまへたちし蟻地獄/河野静雲

朝の路水より素し蟻地獄/竹下しづの女

木洩日の言葉は尽きず蟻地獄/鷹羽狩行

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ