季語/蓼(たで)を使った俳句

「蓼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓼」について

【表記】蓼

【読み方】たで

【ローマ字読み】tade

子季語・関連季語・傍題・類語など

・柳蓼(やなぎたで:yanagitade)

・本蓼(ほんたで:hontade)

・真蓼(またで:matade)

・蓼摘む(たでつむ:tadetsumu)

・蓼売(たでうり:tadeuri)

・蓼酢(たです:tadesu)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蓼を含む俳句例

山の辺や天蓼拾ふ青嵐/白雄

蓼の葉を此君と申せ雀鮓/蕪村

涸川の一むら赤し蓼の茎/鼠骨

砂川や或ハ蓼を流れ越す/蕪村

日盛りの一本蓼や飛鳥川/原田喬

早鮓や東海の背戸の蓼/子規句集

甲斐が根や穂蓼の上を鹽車/蕪村

大蓼や百済の翁口論す/三好達治

熊の鼻骨まだ軟かし蓼の風/林翔

川床の蓼に雨ふる秋暑かな/舟月

炎天に蓼食ふ虫の機嫌かな/一茶

侘助も其下草の蓼も末/小澤碧童

塩蓼の壷中に減るや自ら/高浜虚子

夕帰る籃おもたし蓼の雨/幸田露伴

漬蓼の穂に出る月の名残かな/其角

水亭に風薫るなり膳の蓼/戸沢古鐸

鹽蓼の壺中に減るや自ら/高濱虚子

蓼の穂の風や鶉の夜明顔/寺田寅彦

萩叢と睦み合ひつつ蓼は蓼/岡本眸

秋風は蓼の渚に起りけり/松瀬青々

俳句例:21句目~

舷に蓼摺小木や夕すゞみ/加舎白雄

秋霖す蓼のふる道人ゆかず/石原舟月

空はもう暗くて水に映る蓼/岩田由美

火の山の裏白蓼のみな黄葉/岡田日郎

しののめや雲見えなくに蓼の雨/蕪村

蓼倒れの京の祭を見に来り/高浜虚子

蓼紅し十年がほどは疾迅裡/清水基吉

なかなかに穂蓼はつよし秋の水/唐水

大蓼や遠見に見ゆる牛の市/三好達治

捨水の波を打ちゆく蓼の溝/山口青邨

蓼赤し野川にたるむ鳴子縄/石井露月

鶴の影穂蓼に長き入日かな/夏目漱石

ふり止みて再びはげし蓼の雨/桂信子

径に沿ひ曲れば曲る蓼の川/石塚友二

月の夜や蓼穂を散らす水車/八十島稔

沖塩のはやせを恋や蓼の雨/高井几董

湖波の畔にたゝみて蓼涵る/飯田蛇笏

大蓼や海を塗り込む留萌川/深谷雄大

いのちなり露草の瑠璃蓼の紅/石田波郷

草の戸を知れや穂蓼に唐辛子/松尾芭蕉

俳句例:41句目~

これ蓼と妻にお株を奪はれぬ/高澤良一

折ればすぐ彩失はむ蓼紅し/渡邊千枝子

野をおもふ病室に蓼届きては/朝倉和江

鮓うりを垣からまねく穂蓼哉/横井也有

逆さ水して生かす蓼吾亦紅/稲垣きくの

ひとり住む心決りて蓼紅し/白澤よし子

夜鰹やまだしと思へば蓼の露/山口素堂

蓼の秋御長壽とは申されじ/八木林之介

一片の蓼の葉あをし鱚にそへ/富安風生

一隅を照らして蓼も露けしや/古舘曹人

蓼の穂を眞壺に藏す法師かな/蕪村遺稿

刈りかけて去る村童や蓼の雨/杉田久女

蓼は穂に母の忌遠く遠くなる/菖蒲あや

蓼は穂に霧ふる泉澄みにけり/西島麥南

蓼ほそくのびて台風圏に入る/藤木清子

大蓼の門の名札を見てすぎし/三好達治

蓼紅き燈台下まで出羽の国/佐野まもる

蓼紅き道にゐざりて石仁王/下村ひろし

山おろし蓼の火色を熾しけり/朝倉和江

蓼紅しそよぎて父母は遥かな/石田波郷

俳句例:61句目~

蓼紅しもののみごとに欺けば/藤田湘子

穂蓼踏み昨日来し道今日帰る/菖浦あや

白蓼の雨ふる夢のつづきかな/吉田紫乃

蓼は穂に秋の幼猫すてられぬ/西島麦南

料理場に火をきる人や蓼の雨/高田蝶衣

道の辺の蓼水引も憂しとのみ/石塚友二

草の戸に我は蓼くふほたる哉/榎本其角

蓼紅し泣けばこと足るわが童女/岡田貞峰

たのうだる蓼もて来る八百屋哉/星野麦人

つまみ食ふ武蔵も奥の葉蓼かな/三橋敏雄

はみいでゝ薫る穂蓼やひしこ漬/松瀬青々

挿すからに一と穂の薄三穂の蓼/後藤夜半

湯疲れがこんなところで蓼の道/高澤良一

蓼しそにむすばぬさきの白露か/服部嵐雪

口噤むことに慣れたり蓼きざむ/小林康治

蓼の穂や荒れても山に湧ける水/石塚友二

御火葬塚膝より低き穂蓼燃ゆ/鳥羽とほる

蓼紅葉まつたく曇るときなくて/加藤楸邨

蓼酢つくる妹が浴衣着そめたり/渡邊水巴

踏切を越えふるさとの蓼の道/有働木母寺

俳句例:81句目~

蓼の朱も鷹の渡りの風まとふ/大岳水一路

鮎に添ふ蓼酢は玉の彩に出て/大野雑草子

灯を置いて飯食ふ蓼の豪雨かな/西島麦南

布団干すやいしくも濡れし露の蓼/渡辺水巴

水貝の冷えこゞまりて蓼青し/長谷川かな女

蓼あかざ裾くらくして罪にほふ/能村登四郎

ひとりなる芭蕉忌の夜の穂蓼かな/加藤楸邨

星降つて大蓼の葉の露となりぬ/猿橋統流子

よはよはと蓼も生へたる浅瀬かな/五車反古

世のたとへありとも知らじ蓼の虫/加舎白雄

吹かるるや舌を抜かれし大蓼も/河原枇杷男

ひと荒れに秋これよりぞ蓼の川/篠田悌二郎

牝の鹿の躍りこえたる蓼わかし/星野麦丘人

蓼挿しぬふるさと人を想ふ日は/福永みち子

錆鮎の蓼酢のみどり濃かりけり/粟津松彩子

露のなか蓼も野菊も日の出まヘ/長谷川素逝

みぎひだりつりあひわるき蓼の昼/飯島晴子

太子河に馬車駆る道の蓼さかり/鈴鹿野風呂

蓼は穂の頃のさびしさ子も持てる/加倉井秋を

蓼の紅火のつくごとく嬰児泣く/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ