季語/暮の秋(くれのあき)を使った俳句

「暮の秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「暮の秋」について

【表記】暮の秋

【読み方】くれのあき

【ローマ字読み】kurenoaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋くるる(あきくるる:akikururu)

・暮秋(ぼしゅう:boshu_)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

暮の秋を含む俳句例

十年も言葉一つよ暮の秋/禅桃

門を出て故人に逢ぬ秋暮/蕪村

四五反のきぬ裁残す暮の秋/湖

勾当の身を泣く宿や暮の秋/几董

暮秋の鬢髪吹かれ寺男/石原舟月

跡かくす師の行方や暮の秋/蕪村

孳せし馬の弱りや暮の秋/炭太祇

赤松の秋の日暮の真宗寺/高澤良一

海を出て四億年の暮の秋/矢島渚男

ちかぢかと馬の顔ある暮の秋/林徹

松風や軒をめぐりて秋暮れぬ/芭蕉

気のつかぬ隣の顔や暮の秋/炭太祇

落る日や北に雨もつ暮の秋/炭太祇

鴉四羽五羽六羽秋暮の倫敦塔/林翔

能すみし面の衰へ暮の秋/高浜虚子

眼力にあがる怒濤や暮の秋/齋藤玄

身邊に病人多き暮の秋/吉良比呂武

火口湖の俄に暮秋深めたり/岡淑子

掛幢の錦の縒れや暮の秋/尾崎迷堂

差毛して赤羽勝つ鳥暮の秋/内田百間

俳句例:21句目~

市人に晴れ続く日や暮の秋/島田青峰

暮の秋二重に生きて雲と土/落合冬至

うまし国の秋の日暮の棒置場/原田喬

暮の秋荒壁を日が歩くなり/田中冬子

川波に痩せゆく杭や暮の秋/野村喜舟

村はみな欅を門とし暮の秋/皆吉爽雨

梅もどき我あり顔や暮の秋/黒柳召波

ほどけゆく車の流れ暮の秋/稲畑汀子

水甕に箍をはめけり暮の秋/寺田寅彦

礼すれば釈迦三尊に暮の秋/下村槐太

秋暮るるなり長汀の土佐の国/小澤實

老母の硬き爪切る暮の秋/甲斐すず江

聞き過ぐる鑢の音や暮の秋/内田百間

井月の瓢は何処へ暮の秋/芥川龍之介

草の戸の臀たれ猫や暮の秋/飯田蛇笏

闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな/飯田蛇笏

饂飩屋の晝来る町や暮の秋/内田百間

北海に突出し工場暮の秋/深見けん二

取に来る鐘つき料や暮の秋/正岡子規

喜雨亭に佳き酒にほふ年の暮/秋櫻子

俳句例:41句目~

かたまつて金魚の暮るる秋の雨/亜浪

二三日狐も寄らず暮るる秋/会津八一

夢さめておどろく闇や秋の暮/秋櫻子

大鐘の銘読んでゐる暮の秋/河野友人

子規庵の暮秋の畳明りかな/高澤良一

寒きとて寝る人もあり暮の秋/炭太祇

岩屋寺に佛もひとり暮の秋/上田俊二

返り咲く紫紺のあやめ暮の秋/福田蓼汀

女房をたよりに老うや暮の秋/村上鬼城

うす虹をかけて暮秋の港かな/飯田蛇笏

その中の眼の神へ寄る暮の秋/村越化石

蝶ときに人の貌する暮の秋/河原枇杷男

はね藁を食み込む臼や暮の秋/内田百間

帰り来て父母なき山河暮の秋/佐藤慈童

華やぎてわれここにあり暮の秋/原石鼎

ものつくる時みな一人暮の秋/後藤紀子

わたましの大飯くふや暮の秋/石原舟月

羅漢さまの一人は父よ暮の秋/松永静雨

花うつる忌の甕水も暮秋かな/飯田蛇笏

人のもの質に置きけり暮の秋/永井荷風

俳句例:61句目~

切株の木芙蓉兀として秋暮れぬ/森鴎外

船に乗れば陸情けあり暮の秋/高浜虚子

建て急ぐとんとん葺や暮の秋/石塚友二

国果の海の暗さや暮の秋/長谷川かな女

畫布伸べて壁の明りや暮の秋/内田百間

秋暮るゝ簗番炉火に竹を焚く/高濱年尾

金龍の舞の奇瑞や暮の秋/久保田万太郎

秋暮るるなり良寛の書の天地/対馬康子

音なき画彩なき楽に暮るる秋/福田蓼汀

大蛸の乾きて島の秋暮るる/梶山千鶴子

雲は暮秋河岸の高層工すすむ/飯田蛇笏

風紋をつくる風立ち暮の秋/鈴木真砂女

塵たいて立退く門の暮秋かな/石原舟月

鵜を撫して鵜匠の鬚や暮の秋/石川桂郎

病妻の閨に灯ともし暮るる秋/夏目漱石

祭文や小春治兵衛に暮るる秋/夏目漱石

暮の秋牛車とほりて微塵なし/戸塚時不知

暮秋発火の鑢と真正「血の道灸」/竹中宏

朴葉味噌熱く暮秋の飛騨に泊つ/石原舟月

尺寸に立つ子をつつむ冬の暮/秋元不死男

俳句例:81句目~

身のうちを病占めたり秋暮れよ/尾崎迷堂

暮の秋能登の婢を得たりける/五十嵐播水

ウラン怖づ暮秋を母の箒持つ/磯貝碧蹄館

永遠にふたりぼっちの暮の秋/山崎十死生

手向くべき線香もなくて暮の秋/夏目漱石

来ぬバスを待つも一人や暮の秋/北岡文子

暮の秋むま子ひひ子俵積む中に/五車反古

秋暮るる男なき家のあなづられ/福田蓼汀

稲村に乞食の火事や暮の秋/菅原師竹句集

糊細工に指先こはし暮の秋/長谷川かな女

胃ぶくろにすごもる虫や暮の秋/飯田蛇笏

ゆきずりの寺に僧なき暮秋かな/八幡城太郎

いちめんに彼方は錆びし暮の秋/阿久沢長道

刈りあとの篠が足つく暮秋かな/鷲谷七菜子

予後くらき患者ばかりの秋暮るゝ/相馬遷子

振り返る路細そぼそと暮秋かな/芥川龍之介

いささかなおひめ乞はれぬ暮の秋/与謝蕪村

絵師泊めて夜のにぎやかに暮の秋/石原舟月

ふつ~と煮ゆるおでんや暮の秋/久保田万太郎

生きざまの流浪にも似て秋暮るる/鈴木真砂女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ