季語/茨の実(いばらのみ)を使った俳句

「茨の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茨の実」について

【表記】茨の実

【読み方】いばらのみ

【ローマ字読み】ibaranomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野茨の実(のいばらのみ:noibaranomi)

・野ばらの実(のばらのみ:nobaranomi)

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

茨の実を含む俳句例

茨の実琥珀十一月終る/山口青邨

歩き見る国分寺址茨の実/粟賀風因

出勤路茨の実朱き共稼ぎ/佐藤十雲

茨の実や大夕焼も野渡の景/飯田蛇笏

南米地図壁に茨の実卓に挿す/及川貞

実茨の蔓を撥ねしは尉鶲/鈴木しげを

実茨や猪の通りし跡ありて/菊山九園

茨の実むかしむかしの膝小僧/北光星

茨の実赤く夕ベ霙れてゐる/大橋裸木

近道のいつの間に失せ茨の実/湯川雅

ネッカーの河畔の朝の茨の実/高木晴子

叩き割るように雨来る茨の実/河合凱夫

茨の実きつぱり浮けり黒聖母/小池文子

茨の実いつか夕日の沈みゐし/稲畑汀子

寝食に溺れていれば茨の実/北原志満子

茨の実や音こばむかに湿地帯/金子篤子

茨の実忘れし恋のありにけり/小泉良子

茨の実泉に映りかつこぼる/水原秋桜子

頬白に朝がはじまる茨の実/青柳志解樹

茨の実を食うて遊ぶ子哀れなり/村上鬼城

俳句例:21句目~

夕ベ雪の茨の実早やうづもれる/大橋裸木

実茨のひとかたまりの真紅かな/岡田日郎

文学少女が老いし吾が妻茨の実/草間時彦

水音の澄めば冷えくる茨の実/小松崎爽青

茨の実くれなゐ深く野川澄む/武笠美人蕉

野茨の実のくれなゐに月日去る/飯田龍太

雪はげし血汐のごとき茨の実/古賀まり子

ひだり手は疑ひぶかし茨の実/中尾寿美子

頬白ゐてついばみにけり茨の実/村上鬼城

茨の実の赤き目あてや鵙の贄/菅原師竹句集

野茨の実を透く風の過ぎにけり/福田甲子雄

雉子の尾をおくしづけさや茨の実/栗生純夫

すぐに日の逃げるあたりに茨の実/澤村昭代

茨の実うましといふにあらねども/宮部寸七翁

茨の実の紅もちこたえ逢う日なり/長谷川かな女

茨の実のうましといふにあらねども/宮部寸七翁

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ