季語/栗飯(くりめし)を使った俳句

「栗飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「栗飯」について

【表記】栗飯

【読み方】くりめし

【ローマ字読み】kurimeshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・栗強飯(くりおこわ:kuriokowa)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

栗飯を含む俳句例

栗飯や母語りゐて汝も母/大串章

神将睡し斎の栗飯飽食し/安住敦

栗飯や越後の薄日茫々と/広瀬直人

栗飯も末の山住み十三夜/松村蒼石

栗飯や氷上泊りの二三日/松瀬青々

栗飯やあは~煙る山の形/大井戸辿

栗飯や栗の多きを御仏に/今泉貞鳳

栗飯や木曽の小石を箸枕/山崎竹堂

栗飯や昼餉の膳の小盃/高橋淡路女

栗飯や忘じて遠き母の顔/岸風三楼

栗飯の中に全き栗一つ/山崎ひさを

栗飯を昼に炊いたる菊節供/森澄雄

栗飯を炊きあぐ遠野物語/熊谷愛子

衝立や栗飯の香を隣なす/石川桂郎

仏飯として栗飯は盛りにくし/林直入

円卓や栗飯に呼ぶ弟あり/河東碧梧桐

栗飯の栗あるところ熱きかな/下田稔

栗飯や夫婦のほかに仏も居/村越化石

栗飯の栗剥き悩む二人かな/尾崎紅葉

栗飯や心づもりの客の数/高橋淡路女

俳句例:21句目~

栗飯やそゞろに寒き僧の影/羅蘇山人

栗飯や七男われも老い初めし/有働亨

栗飯のまつたき栗にめぐりあふ/草城

栗飯や夜は山から霧が来る/宇山薫風

未明覚め汝に栗飯を汝の忌なり/及川貞

栗飯にする栗剥いてをりしかな/安住敦

栗飯に間に合はざりし栗一つ/矢島渚男

栗飯のおむすび老の虫おさヘ/後藤夜半

栗飯のふつくら炊けて姑迎ふ/百井芳枝

栗飯の二膳目もまたうわの空/高澤良一

栗飯の栗を探してゐたりけり/角川春樹

栗飯の洒落た家あり不動道/松本たかし

栗飯や木曽にかゝりの馬籠村/吉田冬葉

栗飯や末子が継ぎし毛虫眉/小島千架子

栗飯や糸瓜の花の黄なるあり/子規句集

栗飯や老いてしみじみ母の愛/伊東宏晃

栗飯や自己流でなす仏ごと/美濃部英子

土産の栗栗飯にしてなほ余る/高澤良一

存問のいろ栗飯の炊きあがり/伊藤敬子

栗飯を炊くほどの栗拾ひ来し/江口竹亭

俳句例:41句目~

栗飯ノ四椀ト書キシ日記カナ/正岡子規

栗飯ヤ糸瓜ノ花ノ黄ナルアリ/正岡子規

持ちよりの栗飯炊きぬ応々忌/吉田冬葉

菓子に藉き栗飯に載せ山紅葉/西本一都

旬のものとて栗飯も二度三度/谷口君子

栗飯や酸素を吸はぬ夫うれし/石田あき子

栗飯や子供ばかりのくんち客/下村ひろし

栗飯によんでもらひし月夜かな/島田青峰

栗飯一家よく喋ること喋ること/高澤良一

神仏に分つ栗飯匂ひけり/美柑/みつはる

栗飯の釜吹きこぼし禍福なし/鈴木真砂女

栗飯のあとのまどゐを長うしぬ/荒井正隆

逗留や今日は栗飯とねもごろに/高浜虚子

野の香りこぼし栗飯炊きあがる/山田紀子

栗おこわ勝手に食べて叱られぬ/高澤良一

栗飯を子が食ひ散らす散らさせよ/石川桂郎

栗飯のほくりほくりと食まれけり/太田鴻村

栗飯を炊かんとぬれし掌を垂れて/下村槐太

老人の日栗飯を媼はこび来し/長谷川かな女

妻子出て栗飯盛れり芭蕉の日/長谷川かな女

俳句例:61句目~

栗おこわ持って実家へ妻いそいそ/高澤良一

百ケ日の栗飯のみなでむくよ小栗よ/喜谷六花

栗飯のあたゝかく人を発たせけり/長谷川かな女

栗飯のひえしをよそひくるゝかな/久保田万太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ