季語/藪虱(やぶじらみ)を使った俳句

「藪虱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藪虱」について

【表記】藪虱

【読み方】やぶじらみ

【ローマ字読み】yabujirami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草虱(くさじらみ:kusajirami)

季節による分類

・「や」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

藪虱を含む俳句例

切窓や隣界の藪虱/滝井孝作

草虱大きな声で僧笑ふ/辻田克巳

藪虱水浅々と曇るかな/加藤和子

藪虱木原は雲を真白に/友岡子郷

藪虱女ばかりの行楽に/中川宋淵

草虱椿山荘の絨氈に/八木林之介

藪虱つきし片袖旅衣/高橋淡路女

草虱暮れてゆく山水になる/松澤昭

草虱には親愛の情余る/後藤比奈夫

随へり草虱つけし妻の肘/石田波郷

草虱教師女の愚にかへる/高萩正子

草虱つきし客来る銃砲店/品川鈴子

草虱別るゝ古さ愛のごと/清水基吉

藪虱植物図鑑ほぐさるる/伊東達夫

草虱まだ海道に恋着す/百合山羽公

仮厠にて付けて来し草虱/茨木和生

けふの日の終る着物に草虱/山口誓子

草虱男のごときズボンにも/横山白虹

たしかむる代に素姓に藪虱/久安五劫

飽食のうすくらがりや藪虱/松澤雅世

俳句例:21句目~

ゆく秋や案山子の袖の草虱/飯田蛇笏

月光にさえ草虱つかんとす/石黒雅風

草虱取りの続きを車中にて/高澤良一

芥焼く炉のゆきかへり草虱/石川桂郎

草じらみ馴染香胸に友の袖/石塚友二

草虱つけて他人の死は易き/行方克巳

草じらみ払ひもあへず女帰す/岸田稚

草虱避けて通りぬ孫と睦み/香西照雄

僧につき吾にもつきて草虱/小松信子

子どもらは犬のごとしや草虱/北山河

一団のにんげんが来る草虱/太田土男

夕霧や展墓の袖の草じらみ/西島麦南

草虱わが茫々の知命かな/渡部伸一郎

藪虱耳遠き母に蹤き行くも/清水基吉

足洗ひすぐ米とぎぬ藪虱/柴田白葉女

通るもの見逃さずつく草虱/右城暮石

草虱つけて払はぬこと愉し/後藤夜半

人影や息を殺せる藪じらみ/相生垣瓜人

帽子まで草虱つけをりしかな/松崎亭村

懸崖の菊その裏に藪じらみ/百合山羽公

俳句例:41句目~

敬遠さるる身へ草虱微香あり/香西照雄

月明かし人を待つらむ藪虱/相生垣瓜人

母ねむる秋いくとせの草虱/阿波野青畝

水に泛く日のなまなまと草虱/長谷川双

沈む日を止め難くして草虱/百合山羽公

犬も子も何か不機嫌草じらみ/鈴木伸子

町の子の百歩に百の草じらみ/長谷川双

草じらみ一つつまみて旅の果て/志城柏

草虱やつぱり払ふことにする/後藤夜半

草虱したたか着けて道を得し/加藤斐汀

草虱つくづくつけし子供かな/細川加賀

草虱つけて杞憂に過ぎしこと/山田弘子

草虱まだくっ着かぬ穂の若し/高澤良一

草虱取らねば家に入られず/山中みね子

草虱枯るる明るさ見いでたり/松村蒼石

草虱羽織脱がせる河原の陽/稲垣きくの

ともかくも道に出られし草虱/稲畑汀子

藪じらみ払ひ孤りの試歩終る/藤沢周平

よき衣によろこびつける草虱/高浜虚子

わが衣に時忠卿の草じらみ/阿波野青畝

俳句例:61句目~

バス停に取りあってゐる草虱/矢嶋淳子

今生にわれを待ちゐし草虱/中尾寿美子

草虱母とあそびしひと日かな/細川加賀

古京への道に近づく草じらみ/道山昭爾

呆と彳つ草虱さへ死せる見て/石川桂郎

城山にのぼりてつきし草虱/吉岡禅寺洞

墓訪うてきし夜はこぼれ草虱/関戸靖子

週末を待たで著きたる藪虱/相生垣瓜人

遠出するまでになりし子草虱/岩田公次

夫へ戻る身の草虱はらひ除け/品川鈴子

雲ひとつなき日の暮の草虱/百合山羽公

藪虱死を装ひてをれるなり/相生垣瓜人

草虱生きものに付く生きるため/鷹羽狩行

草虱睡くてならぬ手が剥がす/稲垣きくの

草じらみ裾の裏にも表にも/曾我部ゆかり

草虱つけて飛び出すかくれんぼ/河本好恵

草じらみ母もあざむき来りけり/細川加賀

草虱したゝかにつけ気がつかず/高浜年尾

藪虱払ふべし明日は明日のこと/天野秋逢

草じらみ鳳凰舞のたつつけに/野崎ゆり香

俳句例:81句目~

草じらみ行を同じうせし証し/上田五千石

診察の子が落したる藪じらみ/山瀬ひとし

草虱吾子に不思議のもの多く/佐藤うた子

過ぎし日をたづねあるけば草虱/遠藤梧逸

冷たくてむらがりあへり藪虱/百合山羽公

草じらみ沢山つけて日曜日/佐土井智津子

こちら向く馬の顔にも草じらみ/前田月日子

草じらみ払ふどこまでも男の手/山田みづえ

草虱スカート好きでかくも附く/山口波津女

草じらみ人につかんと立ち枯るゝ/山口青邨

藪虱著かむとすなり著かしむる/相生垣瓜人

暫く宥すわれに縋れる草じらみ/山田みづえ

旅に居るいつよりわれと草じらみ/酒井弘司

ふるさとのつきて離れぬ草じらみ/富安風生

ひとつづつ外すほかなし草じらみ/山村美恵子

草じらみ日雇ぼけしてはならぬなり/岩田昌寿

火中して爆ぜもせざりき草じらみ/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ