季語/寒露(かんろ)を使った俳句

「寒露」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒露」について

【表記】寒露

【読み方】かんろ

【ローマ字読み】kanro

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

寒露を含む俳句例

口あけて鴉息吸ふ寒露かな/井沢正江

月濡れの甍重なる寒露かな/平田君代

自然薯の切口白き寒露かな/池田秀水

鶏鳴の一時に暗き寒露かな/岩淵寒山

実むらさき色を深めし寒露かな/池田秀水

汲み置きの水平らかに寒露の日/角川照子

道傍の竹伐られたる寒露かな/星野麥丘人

目に見えぬ塵を掃きたる寒露かな/手塚美佐

つんつんとせいごののぼる寒露かな/石田勝彦

伊勢の海に鳶あそびをる寒露かな/宇佐美魚目

夫が巴里への寒露の機なり足掛くる/小池文子

棚の蔓たぐり下げたる寒露の朝/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ