季語/草雲雀(くさひばり)を使った俳句

「草雲雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草雲雀」について

【表記】草雲雀

【読み方】くさひばり

【ローマ字読み】kusahibari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朝鈴(あさすず:asasuzu_)

・金雲雀(きんひばり:kinhibari)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

草雲雀を含む俳句例

草雲雀草津嬬恋鶴溜/大屋達治

草雲雀光が汚してゆく朝/二村典子

月光のひとすぢ洩れて草雲雀/中田剛

スープ待つ静かな心草雲雀/大西淳二

草雲雀声澄みのぼる峠道/柴田白葉女

岩におく水さへ碧し草雲雀/鈴木鵬于

枕べの一夜の共寝草ひばり/石川桂郎

浮島へあつまる風や草雲雀/芦沢すみ

熟睡して潔き目覚や草雲雀/相馬遷子

発止たる鍛冶の目覚や草雲雀/齋藤玄

石仏に金と朱のこる草雲雀/本多静江

草雲雀草をはなれて聲徹る/金児杜鵑花

磊落と河原を行けば草雲雀/萩原朔太郎

月明の彼岸につづく草ひばり/平原玉子

草ひばり晩年水のごとく澄み/中村苑子

山稜に日の沈みけり草ひばり/早川典江

草雲雀鳴きいつせいに雲うごく/佐野鬼人

草雲雀鳴きかさむるを仰ぎ聞く/本川晴代

もたれたる壁のうしろの草雲雀/福田蓼汀

蝦夷牛の濡れて声なし草ひばり/伊藤仙女

俳句例:21句目~

読書するまに少年老いて草雲雀/寺山修司

二月堂に草ひばり聞く秋の昼/町田しげき

身の痛み花咲くごとく草雲雀/神田ひろみ

夢を見しまゝうとうと草ひばり/川村千英

野にあればどこかが痛し草雲雀/中村苑子

姿あるものとも覚えず草ひばり/仙石隆子

客去れば所を変へて草ひばり/近藤うめこ

駒岳澄めば仙丈岳が降る草雲雀/鈴木鵬于

晴れし日も海は鉄色草ひばり/赤城さかえ

朝霧の雨となりゆく草ひばり/富岡掬池路

濁流に風さへ吹けり草ひばり/水原秋桜子

草ひばり人のあゆみのゆるやかに/瀧春一

草ひばり声澄みのぼる峠みち/柴田白葉女

草ひばり色なくなりし空に鳴く/西垣/脩

草ひばり隣人という薄あかり/本田ひとみ

草ひばり風吹きぬける空の奥/古賀まり子

草ひばり鳴くか鳴かぬか枕辺に/手塚美佐

草雲雀すゐとにあらぬ淡さかな/小杉余子

草雲雀まなざし深き母のくに/渡辺乃梨子

草雲雀まろやかな闇ひろげをり/志摩和子

俳句例:41句目~

草雲雀みづうみの香のながれけり/中田剛

あそび田と云ふはかなしき草雲雀/青木重行

とびつつも枯色きざす草ひばり/加藤知世子

夙に覚め遥かなるもの草雲雀/長谷川浪々子

草ひばり暑の退きあしの俄かかな/荒井正隆

草ひばり月にかざして買ひにけり/中村秀好

草雲雀かなたのひともたもとほる/大野林火

解夏の夜や草ひばり鳴く枕上/長谷川かな女

草ひばり朝雲は嶺にとどまらず/星野麦丘人

草ひばり悲流離悲流離と鳴きつるよ/安住敦

草ひばり誘つておいてふいと消え/小松初枝

雛抱いて隣の女来りけり/草雲雀/柳原極堂

飛びつつも枯色きざす草ひばり/加藤知世子

聞き洩らす後をつづけず草ひばり/高橋利雄

大いなる月こそ落つれ草ひばり/竹下しづの女

山の彼方は晴れと聞かする草ひばり/清水基吉

何に支配さるゝ人かや草ひばり/長谷川かな女

馬と車輪をはづせば寝台草ひばり/磯貝碧蹄館

祝われ居り声をひかり積む草ひばり/赤城さかえ

朝顔のそれ~蔓の行きどころ/草雲雀/柳原極堂

俳句例:61句目~

下駄はいて温泉町の宵の遍路衆/草雲雀/柳原極堂

春風や船伊豫に寄りて道後の湯/草雲雀/柳原極堂

虫の音老いて行く身をかこちけり/草雲雀/柳原極堂

下校はどの子も径かけくだる草ひばり/赤城さかえ句集

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ