季語/秋の燈(あきのひ)を使った俳句

「秋の燈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の燈」について

【表記】秋の燈

【読み方】あきのひ

【ローマ字読み】akinohi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋燈(しゅうとう:shuto_)

・燈火の秋(とうかのあき:tokanoaki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の燈を含む俳句例

五十八階全階の秋灯/辻桃子

襖立てきれば磐石秋灯/上野泰

病院の正面淋し秋灯/京極杞陽

対岸に雨の秋灯夥し/西村和子

秋灯机の上の幾山河/吉屋信子

秋灯古川温泉赤濁湯/高澤良一

嫋嫋の女形の仕種秋灯/片山暁子

里の灯を岸に浸すや秋の水/成美

秋灯の流しに蛸の墨袋/横山房子

秋灯や青龍刀の触るる舞/角光雄

病間より下げ来し膳や秋燈/汀女

聞法の頭上に高く秋灯/能美丹詠

秋燈や病ひよければ志/細川加賀

対岸の秋燈を入れ薪能/関森勝夫

木母寺の灯に見る秋の行方哉/暁台

あたふたと何捜しゐる秋灯/神崎忠

どの島の秋燈もはや遠し低し/予志

秋灯下古りし机の幾山河/吉屋信子

秋灯や要かなめの小町針/橋本白木

秋灯や夫婦互に無き如く/高浜虚子

俳句例:21句目~

三崎より戻る電車の秋灯/高澤良一

秋燈や円卓螺鈿の鳥の恋/関森勝夫

暁のボウ河秋灯ともす橋/高木晴子

秋燈や夫婦互に無き如く/高浜虚子

秋燈や学期はじめの寮の窓/秋櫻子

行商の人もをりたる秋灯/野中亮介

語り合ふ旅はや遠き秋灯/中村汀女

郷愁を持ちしは昔秋灯/中口飛朗子

学究に年の枠無し秋灯下/中井苔花

針穴に集まるこころ秋灯/中垣成子

貝殻に秋の灯細し蜑が家/大谷繞石

旧近衛師団司令部秋灯/文挟夫佐恵

和ろうそく作り細々秋灯/高澤良一

坑木に愛のらくがき秋灯/西本一都

秋灯に客少なきも祝かな/皆川白陀

市中の秋灯として灯りけり/辻桃子

を獲し貧厨の灯や秋の風/会津八一

夫婦箸姉妹が使ひ秋灯下/後藤綾子

秋灯の交し合ひたる閾かな/上野泰

子の折りし鶴を栞に秋灯/佐藤美恵子

俳句例:41句目~

仮面とりにくる頼家の秋灯/萩原麦草

一つ濃く一つはあはれ秋燈/山口青邨

秋灯や駅にそなへる文庫本/和田郁子

秋灯にヘブライの史書繙けり/坂井建

水滴の兎を秋の灯に放つ/相生垣瓜人

ふと寒くさへ覚えをり秋灯/高木晴子

秋灯に音を忘れし硝子器具/浅賀渡洋

秋の燈や指にをどらす小人形/より江

夜の秋灯なき葭倉匂ひけり/伊藤京子

秋灯に袋の耳を寄せて結ふ/敦賀恵子

祖師堂に昼の灯影や秋の雨/夏目漱石

自ら秋灯となる机辺かな/深川正一郎

卓袱の円卓は朱に秋灯下/野中貴倶子

秋の灯のほつりほつりと京の端/草城

店頭の秋の灯のみづみづし/西村和子

秋灯の一つが頼り帰り来る/工藤隆子

秋灯に大きな振子時計かな/山田弘子

敗戦下秋燈となる風吹けり/萩原麦草

机よりからだの生えし秋灯/依光陽子

秋灯下ピカソの女何を見る/岩崎照子

俳句例:61句目~

秋灯下新刊書より正誤表/新津むつみ

秋灯下長崎港の古図赤し/筒井珥兎子

秋の燈に鰺の焦目の美しき/川崎展宏

合掌の像をうつす秋灯かな/松村蒼石

秋燈にある階段の上り口/波多野爽波

秋燈に膨る聖夜の飾り具店/関森勝夫

秋燈の一つにたつき一つづつ/上野泰

秋燈の華やぐところ海の上/佐川広治

秋燈の角まがるまで見送りぬ/上村占

摩訶蘇波訶秋灯を継ぎ奉る/大橋杣男

秋の燈や机に開く厚き辞書/樋口明子

筆筒も湯呑も秋の灯を容れて/草田男

秋燈絵皿の毬は皿を出ず/磯貝碧蹄館

秋燈蝉の穴より戻り来て/佐々木六戈

管制の灯低く垂り秋燈なり/藤木清子

糶箱の蝦蛄秋灯に鎌を上ぐ/園部雨汀

警報下秋灯に寄せ時計巻く/中村汀女

遺影笑む秋燈の陰ありながら/森田峠

草深く住まへる秋の灯かな/長谷川櫂

秋の燈やゆかしき奈良の道具市/蕪村

俳句例:81句目~

隠れ湯の仕切りなきかに秋灯/島汀子

面映えて智照尼点ず秋灯/小原菁々子

秋の灯へ農婦負ひくる何々ぞ/安東次男

秋灯にかざして眼鏡の球の瑕/高澤良一

秋の灯や二人の一人羽織なし/野村喜舟

秋灯きれいや酒をのます家/成瀬正とし

行く秋の闇を早めし学舎の灯/蒲生繁代

秋の灯の橋をわたれば東京市/京極杞陽

踏切の燈にあつまれる秋の雨/山口誓子

秋の燈の糸瓜の尻に映りけり/正岡子規

秋灯下ひらく写楽のきらゝ摺/岡村一郎

秋の燈を享く向日葵の花の端/下村槐太

岩風呂の秋燈暗し瀬を照らす/福田蓼汀

秋の燈の白さ人形つくりをり/臼田亞浪

その生活手に取るやうに秋燈/高澤良一

たゝみおく羽織に沁みる秋灯/山口青邨

秋灯をともすてふこと旅てふこと/秋を

どの部屋も夫在りし日の秋灯/稲畑汀子

秋灯よのつねならぬ枕辺に/三島由紀夫

秋灯下もはやなげかぬ一茶像/河野友人

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ