季語/草矢(くさや)を使った俳句

「草矢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草矢」について

【表記】草矢

【読み方】くさや

【ローマ字読み】kusaya

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

草矢を含む俳句例

必殺の恋の草矢を放ちけり/小島健

草矢打つ超明朗な家出人/熊谷愛子

磧通つて帰る草矢の子/神尾久美子

恋地獄草矢で胸を狙い打ち/寺山修司

少年の己れの影に草矢打つ/下山宏子

老年の空遠くなほ草矢射る/城谷登美

草矢打つ長良川岸灯るまで/加藤耕子

少年の草矢少女にとどかざり/栗田直美

草矢放つ十万億土のちちははに/林美江

草矢飛べ淡き夕の道の児に/阿波野青畝

愛憎のいづれたてつづけに草矢/長田等

友の名を呼ぶより早き草矢かな/林克己

日輪を串刺しにせし草矢かな/櫂未知子

吾狙ふ草矢のどれも届かざる/北前波塔

草矢うつ正倉院の巡査かな/鳥居ひろし

草矢放たん津軽の空は青鋼/磯貝碧蹄館

四稜郭草矢をとばし偲びけり/西本一都

草矢射る遊び心の白羽の矢/片野十四子

大空に草矢はなちて戀もなし/高濱虚子

草矢打つ身を削られし武甲山/川崎展宏

俳句例:21句目~

夫も孫も七月生れ草矢射る/伊藤いと子

ひとり来て草矢放てり師の墓辺/池上樵人

木洩日の隙間を飛んできし草矢/山田弘子

いつも彼の草矢の的にされしこと/森茉明

汝が胸に草矢の楔うち込みし/成瀬櫻桃子

母をうちまくる草矢の尽きるまで/長田等

草矢射て空の碧さを拡げしのみ/千賀静子

夕かげを曳く草矢なり帰らなん/高濱年尾

兄弟揃ひ天地の果てへ草矢打つ/脇本星浪

草矢射て沖の帆遠くしたりけり/原田青児

をなご来て草矢の射程距離内に/内山静尚

草矢射し空をうかべて水流る/千代田葛彦

大空は微笑みてあり草矢放つ/波多野爽波

草矢うつ天城越えなる湯の谷へ/皆吉爽雨

草矢にも倦きて走りて去りにけり/上野泰

背を向けし間に草矢打たれけり/高倉和子

先の矢と重なり浮きし草矢かな/功力竹馬

全身を発条とし草矢放ちけり/三木多美子

爽雨忌の干潟へ草矢放ばしけり/増成栗人

ふるさとの草矢放たん的はなし/柴田陽子

俳句例:41句目~

的遠きこと競ひ合ひ草矢打つ/片山由美子

放ちたる草矢に空の深さかな/有働木母寺

草矢落つむかしの時空に入り得ず/稲岡長

草薙の日のまほろばの草矢かな/加藤郁乎

青が尾を曳きて草矢の虚空かな/千原叡子

云ひたきを抑へ草矢を放ちけり/石股つや子

あをあをと草矢は空にかくれけり/細川加賀

凝りし雲草矢放てば降り出さん/中戸川朝人

吾妹追ふ草矢のいつか手より失せ/伊藤白潮

呼びに来し姉に草矢を射て逃ぐる/平田夏丈

草矢もて彼の世の誰にあてやうか/関戸靖子

草矢よく飛びたり水に突きさゝる/右城暮石

気になる人はづし草矢を射る少女/平井/葵

水辺の子橋の子草矢打ち合いぬ/加藤三七子

草矢打つ子等ゐて流れ矢を受くる/鷹羽狩行

放ちたる草矢月日の還らざる/佐々田まもる

いたづらに塩田空碧し草矢うつ/佐野まもる

泣きやんで草矢を高く飛ばしけり/鈴木油山

なかぞらに逝かぬ日輪草矢射る/鷲谷七菜子

海風にのせて草矢をうちつゞく/佐野まもる

俳句例:61句目~

草矢高くこころに海を恋ひにけり/木下夕爾

ひとすぢの草矢は石に当たりけり/木内/徹

不器用に生きて草矢のよく飛べる/山本静桜

風に乗り草矢が思ふところに落つ/右城暮石

草矢打ち込みすべなし空は無定の紺/川口重美

草矢たかくこゝろに海を恋ひにけり/木下夕爾

草矢とび智恵子の空のありにけり/北見さとる

どうしても飛ばぬ草矢をあきらめず/稲畑汀子

人の子の父となりゐて草矢飛ばす/山口波津女

悔しまぎれの草矢よく飛ぶ敗北なり/原子公平

征矢ならで草矢ささりし国家かな/小川双々子

ケーブルを降りしところに草矢の子/神尾季羊

ふりむかぬ少女に草矢飛ばしけり/三浦青芝子

足もとに草矢の落ちしつまらなや/嶋田摩耶子

ねらはれて真顔となりし草矢かな/片山由美子

嘘をつくや草矢につゞくあづまはや/加藤郁乎

草矢ヒューヒュー刺す夢のモトクロス/菊川貞夫

日を射よと草矢もつ子をそそのかす/橋本多佳子

試歩たのし草矢してまた草矢して/山崎/喜八郎

麥笛に草矢を飛ばそ/子を盗も/うしみつまでも水に追はれて/筑紫磐井

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ