季語/青山椒(あおざんしょう)を使った俳句

「青山椒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青山椒」について

【表記】青山椒

【読み方】あおざんしょう

【ローマ字読み】aozansho

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

青山椒を含む俳句例

夕暮の橋が短かく青山椒/桂信子

夕立の山亘りをり青山椒/森澄雄

病中のはたと美し青山椒/斎藤玄

青山椒一粒吾が遠くなる/大橋敦子

厨いま青山椒を煮つゝをり/飴山實

茫々と山も濡るゝか青山椒/飴山實

吸物は潮なりけり青山椒/塩原井月

妻子ゐて円き食卓青山椒/細川加賀

この墓地青山椒の香がする/北原白秋

ひややかな心のはじめ青山椒/斎藤玄

青山椒つませて貰ふ女客/藤崎美枝子

夏に籠る僧に届きし青山椒/岡安迷子

婚十年青山椒にむせびけり/井桁衣子

青山椒寺に畳のゆるぶ日の/岡井省二

奥飛騨の水のひびきの青山椒/岩田千恵

寺町の夕ベよかりし青山椒/大木あまり

己が荷の車ひく日や青山椒/中村草田男

黄泉の人みな頬被り青山椒/摂津よしこ

藪ふかく雨がふるなり青山椒/勝又一透

青山椒ほつりと石に零しけり/武田桜桃

俳句例:21句目~

口あけて言葉出て来ず青山椒/細川加賀

青山椒擂りをり雨の上るらし/村沢夏風

青山椒階段ふんで妻もたらす/沢木欣一

青山椒雨には少し酒ほしき/星野麦丘人

御羹なりて青山椒をつむや貴妃/尾崎紅葉

なのりして摘むはたが子ぞ青山椒/大江丸

酒うまき此の世に生まれ青山椒/今泉貞鳳

青山椒泣く子にかひなありにけり/小澤實

青山椒父の寝息のすこやかに/新保フジ子

わが採りて誰も採らぬ句青山椒/富安風生

青山椒離れて匂ひ祖母となる/蓬田紀枝子

糠味噌に青山椒足す離職以後/鳥居美智子

記紀の山いづれもかすみ青山椒/鷲谷七菜子

青山椒摘めばこまかき実をこぼす/丹羽玄子

青山椒はなれ住む子に垣厚く/長谷川かな女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ