季語/桑摘(くわつみ)を使った俳句

「桑摘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桑摘」について

【表記】桑摘

【読み方】くわつみ

【ローマ字読み】kuwatsumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・桑摘女(くわつみめ:kuwatsumime)

・桑摘唄(くわつみうた:kuwatsumiuta)

・桑籠(くわかご:kuwakago)

・桑車(くわぐるま:kuwaguruma)

・桑売(くわうり:kuwauri)

・夜桑摘む(よぐわつむ:yoguwatsumu)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桑摘を含む俳句例

鶏のくゞり遊べり桑車/松藤夏山

道のべの大桑籠や夕間暮/橋本鶏二

躍り来る提灯横に桑車/楠目橙黄子

桑摘の桑の上なり通り雨/脇本星浪

桑籠を負ひて渚を径とせる/有働亨

桑摘むや赤城山裾里人で/尾崎迷堂

毎日の同じ時刻の桑摘女/高野素十

底破れせる桑籠に桑満つる/久米乙菜

暗がりの韋駄天走り桑車/塩沢はじめ

青淵に桑摘の娘の映り居り/高浜虚子

吾庭一本の桑二日に摘まる/喜谷六花

宵明月桑籠負ひし母にあふ/太田鴻村

桑籠を背負ひ片手にさげて/田中冬二

通り雨あなどり濡れて桑を摘む/桃孫

秋の虹ほのかに仰ぐ桑摘女/石原舟月

桑摘女のせて一番渡舟出づ/江口竹亭

桑摘や親籠を置く道の上/大橋櫻坡子

手すさびに桑摘む姫や紙蚕/藤野古白

指の力抜いて摘みたき桑苺/中村芳枝

摘みし桑残り蚕は上蔟す/鈴木つや子

俳句例:21句目~

時鳥山桑摘めば朝焼くる/芥川龍之介

初夏のみちぬれそむ雨に桑車/飯田蛇笏

桑摘や置き提灯に暈うまる/大橋櫻坡子

桑摘みの昼をもどるや雲の峰/臼田亞浪

桑の実のしみ新しき桑籠かな/富安風生

桑もゆれ遠嶺もゆれて桑車/岡本まち子

桑籠の紐の細りし秋蚕飼ふ/大岳水一路

桑籠を童ころがし下り来る/五十嵐播水

夜葬通りしあとの桑を摘む/大橋櫻坡子

桑車押しゆく佝僂に霧迅し/佐野青陽人

桑摘みて針持てぬほど指疲れ/吉持鶴城

夜桑摘む村より立てり雪解不二/有働亨

妹訪へば背戸の畑に桑を摘む/寺田寅彦

母小さし桑にかくれて桑を摘む/倉田紘文

かなしいほど速い桑摘む老婆の手/森武司

初秋の子に伸びるだけ桑摘まれ/萩原麦草

墳ならむ夜桑摘みゐるこの丘も/冨山青沂

夜桑摘む島人海霧に頬かむり/小原菁々子

夜桑摘む音にそれたる猪のあり/藤原如水

小百姓桑も摘まずに病みにけり/村上鬼城

俳句例:41句目~

桑を摘む音のきこゆる製図室/加倉井秋を

桑摘みの籠を溢れている指紋/平井久美子

桑籠を負ひ軽さうに立つて居り/荒木嵐子

桑摘の踏む草しげくなりにけり/松村蒼石

夕星の匂ふばかりに桑摘めり/藤原たかを

桑摘むや夕日まぶしき乙女さび/林原耒井

飛騨の闇揺りつつ来しは桑車/曽和/信雄

桑摘むや桑に隠れて妙義の頭/松根東洋城

桑摘みに出て苗代へひとまはり/長谷川素逝

学び舎の灯に顔上げぬ夜桑摘み/石橋辰之助

桑摘女かくれし顔をあげにけり/百合山羽公

大籠にこゝろのまれて桑を摘む/廣江八重櫻

大空のあるばかりなり桑を摘む/五十嵐春男

桑摘む娘呼ぶや飼屋の二階より/松本たかし

桑摘みに見られながらや墓をがむ/太田鴻村

桑摘の洲畑ごみ蚋うなりけり/飛鳥田れい無公

女の子摘み男の子ふくめり桑熟るる/井沢正江

ちゝはゝにすこし離れて桑摘める/桐野/善光

風にいたみし桑が摘まれて村乾く/山本つぼみ

ありがたやなみだに桑を摘むばかり/中川宋淵

俳句例:61句目~

桑摘みの手のはなれたるほつえかな/吉武月二郎句集

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ