季語/目刺(めざし)を使った俳句

「目刺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「目刺」について

【表記】目刺

【読み方】めざし

【ローマ字読み】mezashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・目刺鰯(めざしいわし:mezashiiwashi)

・頬刺(ほおざし:hozashi)

・ほざし(ほざし:hozashi_)

・ほおどし(ほおどし:hodoshi)

季節による分類

・「め」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

目刺を含む俳句例

独り焼く目刺や切に打返し/篠原

池袋二丁目常の目刺出て/岡本眸

憤る流人が業の目刺かな/野村喜舟

目刺の背青し立春という一語/雅人

空青し目刺一連外しきし/大石悦子

一列の目刺の口の空に向く/林之子

凩や目刺に残る海の色/芥川龍之介

蒼海の色尚存す目刺かな/高濱虚子

大粒となりて雨止む青目刺/松本文子

目刺やく歌舞吹弾の族かな/松瀬青々

目刺焼き了りたる火を細めけり/篠原

耳垢も目刺のわたも花明り/橋石和栲

一聯の目刺に瓦斯の炎かな/川端茅舎

漣のごとく並べて目刺売る/山田弘子

目刺の香灯一色に素木小屋/香西照雄

家の内物みな古き目刺かな/岡本松浜

目刺干す旅人は影過ぐるのみ/大串章

引磬にからみて目刺袂より/河野静雲

地下街の日暮混み合ふ青目刺/神崎忠

目刺焼く間も小説を読む女/飯田京畔

俳句例:21句目~

旅人に浜の土産屋目刺焼く/斉藤友栄

脱稿すと夫一盞の藍目刺/平井さち子

金貸せと狂歌おこせし目刺かな/龍岡晋

遮莫焦げすぎし目刺かな/久保田万太郎

藁ぬきし皿の目刺の目はほぐれ/上村占

目刺あはれ貫く藁に面を竝め/福田蓼汀

京の夢大阪の夢目刺焼く/長谷川かな女

余生なほ働かされて目刺焼く/下村非文

目刺焼くや柴の煙の立つ中に/尾崎迷堂

夫婦して稼ぎ目刺のうまき哉/滝井孝作

突然の息子の帰郷目刺焼く/南/冨美子

火まみれの目刺劣等感つのる/河合凱夫

木枯や目刺にのこる海の色/芥川龍之介

目刺反る天皇の日の患者食/山田ひろむ

束修の二把の目刺に師弟かな/村上鬼城

茂吉忌の目刺より抜き藁熱し/鷹羽狩行

分けあうて兄妹病める目刺かな/石野兌

殺生の目刺の藁を抜きにけり/川端茅舎

廚過ぐる主人目刺に眼落して/西山泊雲

目刺焼くやかけかまひなき間柄/龍岡晋

俳句例:41句目~

目刺買ふ漢の素顔見られゐて/小川玉泉

物売のやうやく去りぬ目刺焦げ/金子潮

目刺一連療養いよゝ永からむ/石田波郷

目刺やく一雪片にとびこまれ/下村槐太

文庫本伏せては目刺返すなり/岡田貞峰

ひとつづつ目刺を解き三鬼の忌/福島勲

目刺焼く突貫工事の灯の下に/皆川盤水

青目刺焼きぬ懐疑は懐疑とし/森川暁水

寒波来目刺一連艶張り合ふ/森井夕照子

目刺青し富士麓までよく見える/岩間民子

空の蒼さ見つゝ飯盛る目刺かな/渡辺水巴

紺青の背色つらねし目刺かな/楠目橙黄子

目刺焼く仮の世すでに半ば生き/橋本榮治

船板に干しならべたる目刺かな/三宅孤軒

親の居て子に盗まする目刺かな/森川暁水

かりそめの独り暮しや目刺焼く/藤松遊子

たちまちに尾頭焦ぐる目刺かな/下村槐太

身にいりし話に目刺こがしけり/岩崎俊子

風花のかかりてあをき目刺買ふ/石原舟月

ロザリオを下げし女や目刺干す/野村喜舟

俳句例:61句目~

乞はざりし雪が尺積み目刺食ふ/村越化石

塩からき目刺ぞ固く焼けあがり/太田鴻村

奉公のしぶき目刺を食ひにけり/森川暁水

妹老いぬ目刺焼く火の浄らかに/渡邊水巴

嫁して食ふ目刺の骨を残しつつ/皆吉爽雨

寄る辺なき校僕一人目刺焼く/松野鶏巣子

忽ちに尾がしら焦ぐる目刺かな/下村槐太

望なき掌なり目刺をうちかへす/小林康治

沢庵目刺お面かぶりに友と酌む/石川桂郎

海を出でゝ一劫経ぬる目刺かな/尾崎迷堂

海苔に酌めば海苔も目刺も海の/森川暁水

灰神楽小さきを上げぬ目刺焼く/小杉余子

焼かげんで思索的になる目刺/加藤ミチル

目刺あり花菜漬あり他は要らず/下村梅子

泊むるなる友に目刺の酒尽きず/森川暁水

目刺し焼くここ東京のド真中/鈴木真砂女

目刺にがし信じし人に破れし日/森川暁水

目刺の口一列に軍隊の右むけ右/宮坂静生

目刺の眼腹中にあり書を読まん/原子公平

目刺の色弟が去りし鉄路の色/中村草田男

俳句例:81句目~

目刺同形若し人ならばおない齢/福田蓼汀

目刺噛む快歯揃へる老父かな/徳永山冬子

目刺焼き枯野に恋ふる海の色/藤原たかを

目刺焼く不運かへつて安らかに/福田蓼汀

目刺焼く妻に不憫をかけにけり/森川暁水

目刺焼く我が婚歴を誰も知らず/青木重行

目刺焼く火がとびて酒熱かりき/森川暁水

目刺焼く眉晴ればれの三十路妻/石川桂郎

ぢか火とて紺青焦げし目刺かな/吉岡禅寺洞

海の蒼さ消えゆく目刺焼きにけり/福田蓼汀

木がらしや目刺にのこる海の色/芥川龍之介

うろくづの哀れのほかの目刺かな/野村喜舟

かたはらに玉杯のある目刺かな/深川正一郎

目刺焼き浮世の影をひきゐたり/米沢吾亦紅

たちまちに目刺焼く火の起りけり/増田龍雨

生き難く生きて来たりし目刺かな/村越化石

目刺あまり青く懐疑に憑かれけり/森川暁水

彼岸くる目刺来たりし海辺より/百合山羽公

火にぬれて目刺の藍のながれけり/渡邊水巴

目刺焼いて友らを酔はす座に妻も/森川暁水

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ