季語/四月尽(しがつじん)を使った俳句

「四月尽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「四月尽」について

【表記】四月尽

【読み方】しがつじん

【ローマ字読み】shigatsujin

子季語・関連季語・傍題・類語など

・四月終る(しがつおわる:shigatsuowaru)

・四月尽く(しがつつく:shigatsutsuku)

・翌なき春(あすなきはる:asunakiharu)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

四月尽を含む俳句例

こんこんと眠る流木四月尽/秋澤猛

四月尽兄妹門にあそびけり/安住敦

白雲へ杉まつすぐに四月尽/寺井治

四月尽く抽斗深く真珠秘め/菖蒲あや

四月尽父祖の業火に上り窯/古舘曹人

娶る子に渡す臍の緒四月尽/池田博子

山形は百花のさかり四月尽/河野静雲

海にでて松籟あをし四月尽/石原舟月

翻訳劇の舞台が底に四月尽/高田律子

こけし買ふ数の恋しき四月尽/石田波郷

わが書屋わが掃き坐り四月尽/亀井糸游

四月尽朱の箸流れくることも/飯田龍太

夜具の下畳つめたき四月尽/橋本多佳子

怠け懈けて雲ぞ真白き四月尽/相馬遷子

肩の骨外れたままに四月尽/宇多喜代子

草ひきし泥手のままの四月尽/細見綾子

虎杖をむかし手折りぬ四月尽/石田波郷

詰襟のやうやく馴染み四月尽/兼安昭子

子を思ふ四月尽なるくさのたけ/松村蒼石

田をすこし残すおごりも四月尽/松村蒼石

俳句例:21句目~

香具師の手妻の電光石火四月盡/塚本邦雄

喜捨もせしズックを脱げり四月尽/山口風樹

四月尽ふり向かざるに樹が匂ふ/神尾久美子

四月尽易きにながれゐたりしか/恩賀とみ子

夢に浮く身風呂にしずむ身四月尽/江里昭彦

病みがちの足袋を離せず四月尽/猪俣千代子

あまき音のチェロが壁越し四月尽/秋元不死男

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ