季語/真菰の花(まこものはな)を使った俳句

「真菰の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「真菰の花」について

【表記】真菰の花

【読み方】まこものはな

【ローマ字読み】makomonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菰の花(こものはな:komonohana)

・花真菰(はなまこも:hanamakomo)

季節による分類

・「ま」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

真菰の花を含む俳句例

出し旭直ぐ呑む雲や菰の花/正之

花真菰第三楽章は眠い/相原澄江

家裏を舟が通ひて花真菰/木村みよ

少年の匂い真菰の花を抜け/渡部愛子

物音の絶えて雨来る花真菰/白石みや

菰の花先へ先へと水路あり/田中紫江

花真菰似合うジヤケツト薄紫/島川允子

花真菰眉あげて見ることもなし/岸田稚

花真菰艇庫三高の徽章錆び/米沢吾亦紅

船中に真菰の花をかざしけり/池内たけし

どをあぐる真菰の花をこぼしつつ/土山紫牛

とんぼとまれ水くらはせん菰の花/寺田寅彦

堰落つる音に真菰の花の揺れ/有働/清一郎

霊よ歸れきめたところに花真菰/浅川重美子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ