季語/秋の蚊帳(あきのかや)を使った俳句

「秋の蚊帳」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の蚊帳」について

【表記】秋の蚊帳

【読み方】あきのかや

【ローマ字読み】akinokaya

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚊帳の果(かやのはて:kayanohate)

・蚊帳の名残(かやのなごり:kayanonagori)

・蚊帳の別れ(かやのわかれ:kayanowakare)

・九月蚊帳(くがつがや:kugatsugaya)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の蚊帳を含む俳句例

暁の寝姿さむし九月蚊帳/暁台

秋蚊帳の枕に通ひ噎ぶ潮/石塚友二

秋もはや蚊帳に筋違ふ天の川/許六

天井の高しと思ふ別れ蚊帳/河本遊子

今朝秋や白蚊帳ごしに佐渡淡く/林翔

秋蚊帳に痩骨どかと横へし/島田青峰

秋の蚊帳吊れば僧上嬉ばれ/上野静作

骨壺の白きを秋の蚊帳に見つ/瀧春一

画同窓を怖る励精蚊帳の秋/久米正雄

秋蚊帳や墨東綺譚後記長し/内藤吐天

秋蚊帳に仔猫も家の人の員/石塚友二

蚊帳ごしに鬼を笞うつ今朝の秋/蕪村

後朝や顧みすれば秋の蚊帳/尾崎迷堂

秋の蚊帳蓬の風を炎えたゝす/萩原麦草

さす月もあな冷じの九月蚊帳/高井几董

赤ん坊の片目大きく秋の蚊帳/川崎展宏

秋蚊帳の白きところは白き継/村尾梅風

風呂敷に包みて蚊帳の別れかな/上野泰

誰彼を泊め申しけり別れ蚊帳/岡田静女

蚊帳出づる地獄の顔に秋の風/加藤楸邨

俳句例:21句目~

方寸に瞋恚息まざり秋の蚊帳/石塚友二

秋暁の枝の影さしくる蚊帳に/松村巨湫

はやありし台風二夜蚊帳の秋/皆吉爽雨

蚊帳の別れ釣手は残る廿日程/佐藤紅緑

秋の蚊帳半分吊つてわづらへる/林克己

合宿を解きて別れの蚊帳を干す/米谷孝

灯して影をつくりぬ別れ蚊帳/原コウ子

別れ蚊帳吊りて繕ひよく畳み/高浜虚子

疑へばわが世の地獄秋蚊帳に/石塚友二

別れ蚊帳上体月の中に覚む/馬場移公子

別れとも宵は思はで庵の蚊帳/浜田波静

秋蚊帳に踊聞えて寐入りけり/大谷句佛

湖に雨降る蚊帳の別れかな/五十嵐播水

恙ある家人と寝たり蚊帳の果/小澤碧童

蚊帳の別れ溲瓶に遠き心かな/子規句集

秋蚊帳を堤防に干し拡げあり/岩崎健一

秋の蚊帳夫に抱かれゐて寂し/木田千女

秋の蚊帳涙涸れたる妻臥さす/皆川白陀

朱の緒のなほ艶めくや別れ蚊帳/前田普羅

今一夜名残の蚊帳に読書かな/筏井竹の門

俳句例:41句目~

ふるさとの暗き灯に吊る秋の蚊帳/桂信子

喪の家の二階に見える秋の蚊帳/南雲/夏

蚊帳の果変らぬ日本が吾を包む/原子公平

香煙のしみつく蚊帳の別れかな/松村蒼石

山の戸やふる妻かくす秋の蚊帳/飯田蛇笏

干草のごとく押し込み秋の蚊帳/菊池緑蔭

日あたりて覚めし女や秋の蚊帳/日野草城

日三竿あるじが寐たる秋の蚊帳/子規句集

母ときてふるさとに吊る秋の蚊帳/桂信子

母へ垂る真水のごとし秋の蚊帳/坂巻純子

毛のぬけしお岩の顔や秋の蚊帳/岡本綺堂

炉辺よりこたふる妻や秋の蚊帳/飯田蛇笏

秋の蚊帳まさをく病軽からず/依田由基人

秋の蚊帳もぬけし妻が濯ぎをり/萩原麦草

枕辺の障子しめけり秋の蚊帳/高橋淡路女

秋の蚊帳夜明けず遠く鐵を打つ/中島斌男

秋の蚊帳夜明待たるゝ気の弱り/高田蝶衣

長病の僧に吊り垂れ秋の蚊帳/久我清紅子

音もなく妻は入り来む秋の蚊帳/村沢夏風

秋蚊帳にねざめもやらず大逝す/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

秋蚊帳に子菩薩となり寝落ちけり/赤松子

秋蚊帳に寝返りて血を傾かす/能村登四郎

ねざめよき児が透く秋の枕蚊帳/飯田蛇笏

夜々の夢秋蚊帳畳むころほひぞ/石塚友二

櫃に湧く虫にして甲ふ蚊帳の秋/久米正雄

生れ子の顔日々変る蚊帳の秋/楠目橙黄子

産衣裁ちしが紅に酔ふ蚊帳の秋/久米正雄

蚊帳の中に見てゐる藪や今朝の秋/たかし

蚊帳は秋にして仏具磨ぐ美妙音/久米正雄

蚊帳やめて妻子明るし秋の雨/大谷碧雲居

行く秋をぶらりと蚊帳のつりてかな/史邦

俯せり寝の此頃の癖を蚊帳の果/内田百間

別れ蚊帳真白き繭ぞつきゐたる/加藤楸邨

宿直憂し蚊帳の別れはいつのこと/森田峠

あすありや六ヵ所村の秋蚊帳は/安藤五百枝

水中花咲きたるまゝや蚊帳別れ/長沢/六郎

吊らでもの秋蚊帳なるを一夜なほ/石塚友二

疾風沐雨ひとりの灯消す秋の蚊帳/石塚友二

来る秋のことわりもなく蚊帳の中/夏目漱石

ふと揺れる蚊帳の釣手や今朝の秋/夏目漱石

俳句例:81句目~

くゞる時髷佗びし蚊帳も別れかな/高田蝶衣

うすばたの水の匂へり蚊帳の秋/金尾梅の門

郁子いけて白蚊帳秋となりにけり/飯田蛇笏

いちじくのいつまで青き別れ蚊帳/細川加賀

うらぶれて釣るや雨夜の九月蚊帳/日野草城

おとゞいの語りあかしや名残蚊帳/矢野蓬矢

病みをれば蚊帳の別れも知らぬ間に/原菊翁

看取りより解かれし蚊帳の別れかな/手塚金

月の蚊帳に影法師吹かれ秋来たり/渡辺水巴

ねんごろに妻とたゝみぬ別れ蚊帳/池田紫酔

次の間の燈のさしてゐる秋の蚊帳/大野林火

ふるさとの名残の蚊帳に父と寝る/橋本花風

蚊帳の別れ萩むら虫を悲しとも/岡本癖三酔

九月蚊帳吊られて一夜波郷が辺に/石塚友二

九月蚊帳天気はよしと思ひ寝る/大場白水郎

秋の蚊帳吊りたる旅の一夜かな/鈴木灰山子

帯解いて蚊帳に這入らず秋扇/阿部みどり女

たちまちに秋蚊帳となる風吹けり/萩原麦草

鐶鳴らし鳴らしたためり別れ蚊帳/細見綾子

頼りなく垂れし重さに別れ蚊帳/御堂御名子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ