季語/豆飯(まめめし)を使った俳句

「豆飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豆飯」について

【表記】豆飯

【読み方】まめめし

【ローマ字読み】mamemeshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ま」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

豆飯を含む俳句例

子祭や梅まつ宿の赤豆飯/山店

箸先に豆飯の豆戯るる/上村占

豆飯や娘夫婦を客として/安住敦

豆飯や心やすさの女客/吉田きよ女

豆飯に片寄る豆や反抜期/川崎慶子

豆飯や長寿の父の象牙箸/高橋悦男

家々や雉子としもなく赤豆飯/移竹

山妻に豆飯炊かせ同人等/山口青邨

豆飯と遺影と私と夕月と/森本芳枝

豆飯や週に一度の休肝日/斉藤葉子

母の炊く豆飯の豆柔かし/藤間蘭汀

茂吉忌の豆飯狐色に焼け/富田直治

すき嫌ひなくて豆飯豆腐汁/高濱虚子

豆飯を炊けと主の所望かな/鈴木花蓑

豆飯や人寄せごとに心浮き/中村汀女

豆飯や少女の口の小さきこと/須賀薊

新茶佳し豆飯も良し独もよし/樋笠文

猫戻り豆飯が出来主居り/深川正一郎

豆飯の豆つまみ出す反抗期/能沢和子

豆飯や上がり框に腰かけて/河原芦月

俳句例:21句目~

麦鯛に蚕豆飯を祝ひけり/広江八重桜

豆飯や家信に接せざる久し/岸風三楼

豆飯や幼なじみの夫婦なる/山田弘子

豆飯に幸せさうな児等の顔/今泉貞鳳

豆飯や彗星世紀の彼方へと/川崎展宏

豆飯の口もごもごと後生楽/藤田湘子

豆飯や法話とならず談笑す/高浜きみ子

戦中に食ひし豆飯とはちがふ/国見敏子

豆飯や子供は口をあけて泣き/山西雅子

豆飯の豆より飯のうつくしき/川崎展宏

豆飯や息子の恋を励まして/小田切輝雄

豆飯食ふ舌にのせ舌に力入れ/石田波郷

豆飯に呼べど画室に筆おかず/皆吉爽雨

豆飯を供へ故人となられたる/高野素十

豆飯の味褒めおかはり促さる/川村紫陽

豆飯の湯気を大事に食べにけり/大串章

豆飯をわれ炊きわれの誕生日/下村梅子

豆飯を余すひとり身ふりにけり/籤こと

蚕豆飯にいつまで母を働かすか/岡本庚子

豆飯がふつくり炊けし山日和/柴田白葉女

俳句例:41句目~

豆飯にのせてたべるや磯のもの/京極杞陽

豆飯の匂ひみなぎり来て炊くる/稲畑汀子

豆飯や小鳥のやうに豆を食ふ/上野美智子

豆飯や児はねむたさの箸落す/塩谷はつ枝

豆飯や亡夫待てば子の帰り来し/関戸靖子

豆飯や気の安まればまなざしも/藤田湘子

豆飯をよろこぶ母をよろこびぬ/西片幸子

豆飯や軒うつくしく暮れてゆく/山口青邨

豆飯や湯気の彼方に戦後あり/高田やすを

豆飯を喰ぶとき親子つながりて/細見綾子

豆飯を熱がつてゐるわれらかな/千葉皓史

豆飯炊く日のあるうちに戻り来て/樋笠文

わが家なりきまた豆飯の相談も/中村汀女

豆飯といふあたゝかきおもてなし/稲畑汀子

豆飯や佳きことすこしづつ伝ヘ/上田日差子

豆飯の湯気の立つうちいただかん/高澤良一

豆飯の湯気をさまりしみどりかな/星野恒彦

豆飯を炊きても一人もう炊かぬ/古賀まり子

豆飯をともに食みともに存へむ/加倉井秋を

豆飯をよろこぶことをよろこびぬ/勝又一透

俳句例:61句目~

女将ある日は豆飯を炊くいとまもつ/鈴木真砂女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ