季語/田亀(たがめ)を使った俳句

「田亀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田亀」について

【表記】田亀

【読み方】たがめ

【ローマ字読み】tagame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・河童虫(かっぱむし:kappamushi)

・高野聖(こうやひじり:koyahijiri)

・どんがめ(どんがめ:dongame)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

田亀を含む俳句例

奔放な水神様の田亀かな/遠山郁好

雑捉へ泥煙あげし田亀かな/高見岳子

尻立てゝ泳ぎ流るゝ田亀かな/浅原鴨石

弱虫に田亀の水輪とどかない/新間絢子

杭の根に四六時中もゐて田亀/茂恵一郎

油日の神の御饌田の田亀かな/岡井省二

田亀とび果して天気崩れたる/高橋春灯

田草取る手の甲走り田亀逃ぐ/吉田露文

水中に田亀もさっと昏れにけり/高澤良一

水垢の剥がれて現るゝ田亀なり/高澤良一

田亀いま尻打ち立てゝ獲物を得/福島秀峰

田亀いることは秘密ぞ巾着田/小島千架子

田亀くわがた有りマスと筆太に/梁取久子

田亀ゐることは秘密ぞ巾着田/小島千架子

火を取りに来たる田亀の翼かな/藤田あけ烏

田亀見るおのれの眉目さびしまむ/下村槐太

背を割つて飛んでみせたる田亀かな/柳永二郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ