季語/薪能(たきぎのう)を使った俳句

「薪能」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薪能」について

【表記】薪能

【読み方】たきぎのう

【ローマ字読み】takigino

子季語・関連季語・傍題・類語など

・薪猿楽(たきぎさるがく:takigisarugaku)

・芝能(しばのう:shibano)

・若宮能(わかみやのう:wakamiyano)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

薪能を含む俳句例

薪能僧の提灯東大寺/岡本松浜

泥眼や瞋恚の炎薪能/川崎展宏

摺足に齢を見せず薪能/東尾子

薪能篝しづめの藁箒/山田弘子

紅梅を瞼の花に薪能/平畑静塔

狩衣の露けき袂薪能/武川明子

夜風また炎立たせて薪能/浅賀木

草叢の猫も顔あげ薪能/星野一夫

鬼の面とれば童顔薪能/塩川雄三

大楡の闇に風立つ薪能/深谷雄大

若草の夜を見よとや薪能/鳥/巣

闇に凝る瞳の数や薪能/田中拾夢

小面テに夕日退く薪能/山田弘子

はたはたと面動きぬ薪能/森澄雄

遠雷を囃子方とし薪能/大池長人

遠雷の大和三山薪能/八木三日女

薪能遠き篝に夜風立ち/角田独峰

薪能篝に近く篝見ず/竹中碧水史

情念に今昔はなし薪能/川口咲子

八日月星一つ伴れ薪能/吉野義子

俳句例:21句目~

対岸の秋燈を入れ薪能/関森勝夫

薪能篝なだめの役ありて/有働亨

南円堂漆黒に浮き薪能/橋川敏孝

薪能小面映る片明り/河東碧梧桐

狂言師素顔を曝す薪能/右城暮石

月かくす雲の遊びぬ薪能/岸田稚

松に倚る旅人我や薪能/藤松遊子

うつし世へ戻る一笛薪能/長谷川翠

薪能鉄の篝も火となれり/品川鈴子

薪能飲食の場を簀で囲ふ/小山都址

これは見ゆる夜の錦や薪能/西/鶴

鉦たたき光に翳に薪能/加藤知世子

すだく虫一鼓に制す薪能/荒井正隆

松籟をさそふ笛の音薪能/吉田節子

闇を裂く笛の高音や薪能/遠藤芳郎

面ン暗く篝おとろへ薪能/橋本鶏二

死を嘆く小刻みの動薪能/茨木和生

一笛の堰を切つたる薪能/西川織子

火蛾狂ひ薪能いま動の時/内藤悦子

人垣のうしろの闇や薪能/菊山九園

俳句例:41句目~

入相の鐘なほ暮れず薪能/稲畑汀子

篝火に闇ちぎれとぶ薪能/矢野聖峰

篝火のよき座よき席薪能/山口誓子

古びたる鬼の面なり薪能/高浜虚子

古都の闇打つ小鼓や薪能/山下佳子

羽衣の吹かれ立ちつつ薪能/坂井建

脇僧の寒げに暗し薪能/河東碧梧桐

舞ふ我に新樹の風や薪能/金井綺羅

薪能めらめら古き闇燃ゆる/大串章

夕づきし竹生島浮く薪能/西澤耕山

薪能入日の中に焔燃ゆ/橋本多佳子

薪能大和の空は星満ちて/田代遊子

大山祇の放つ金の蛾薪能/野沢節子

室町の闇を闇呼ぶ薪能/長谷川史郊

冷まじき面や足袋や薪能/石川桂郎

薪能尼一列に通りけり/山田ひろむ

影法師ひしめく塔や薪能/栗田喬村

薪能待つ間の闇の虫時雨/村上辰良

薪能殿の子雀寝そびれて/山田孝子

薪能薪の火の粉上に昇る/西東三鬼

俳句例:61句目~

提灯で奈良坂越えぬ薪能/土方花酔

薪能観世に嫁せし人侍り/山田弘子

咽喉笛を女面の下に薪能/橋本多佳子

薪能闇に火守の控えをり/池田ちや子

薪能たきぎ足すこと怠らず/大竹欣哉

薪能鬼女に月光憑きにけり/松本圭二

なほ一歩寂とすすまず薪能/山田耕子

一歩出て千里ゆきけり薪能/西川織子

一笛に蝉鳴きをさむ薪能/石倉美津子

亡き魂を呼ぶ薪能雨を呼ぶ/稲畑汀子

冷まじや幽霊の哭く薪能/関口ふさの

出で入りの矢来の月や薪能/橋本鶏二

是はみゆるよるの錦や薪能/井原西鶴

唐衣小雨に濡るる薪能/佐土井智津子

薪能鬼女の金欄火に染まる/品川鈴子

夏鴉かわかわと鳴く薪能/大川ひろし

夕風の立ち来し火の粉薪能/稲畑汀子

衆徒の先ずもの申しけり薪能/稲岡長

観る人の闇に沈みぬ薪能/梅田実三郎

水やりて鎮めし火勢薪能/尾亀清四郎

俳句例:81句目~

死者生者一つ闇へと薪能/高橋さだ子

怨霊の風のつのりし薪能/高橋ツトミ

闇ひたと矢来をつつみ薪能/鶴嶋博子

暗きより出でし貴人や薪能/石井露月

暮れおちし塔こそ迫り薪能/浦野芳南

薪能ふるさと深き闇を持ち/生田政春

業平をうつつにすなる薪能/千原草之

横笛のこゑの尾赭し薪能/ほんだゆき

薪能まで松にほふ夜道かな/藤田湘子

笛方の灯に遠き座や薪能/福井まつえ

音のなき間の爽かに薪能/加藤知世子

歩を移す梅のうしろや薪能/松瀬青々

白髪のときに炎のいろ薪能/児玉輝代

紀の沖の霧流れくる薪能/綿谷ただ志

笛方のかくれ貌なり薪能/河東碧梧桐

薪能太鼓早打ちして鬼女に/吉田紫乃

火取虫額打つことも薪能/八木三日女

薪能少う舞うていたりけり/和田悟朗

笛吹けば闇の寄りくる薪能/石原八束

鹿の眼にやどる篝火薪能/大岳水一路

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ