季語/松の花(まつのはな)を使った俳句

「松の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「松の花」について

【表記】松の花

【読み方】まつのはな

【ローマ字読み】matsunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・十返りの花(とがえりのはな:togaerinohana)

・松の花粉(まつのかふん:matsunokafun)

季節による分類

・「ま」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

松の花を含む俳句例

春深し松の花ちる城の塀/東蟻

松の花太子を讃し奉る/下村非文

線香の灰やこぼれて松の花/蕪村

旗まれに旗日旗日の松の花/林翔

蟻くろく松の花降る/栗林一石路

境内の松の林の松の花/香下純公

綿香の灰やこぼれて松の花/蕪村

松の花畳にこぼれ武徳祭/岸風三楼

唐櫃は玄関におけ松の花/飯田蛇笏

東海道四百年の松の花/伊藤いと子

松の花終生母は旅に出ず/穂苅きみ

山門の内の月日の松の花/清崎敏郎

松の花きのふはここに潦/山口誓子

弁慶の墓の小さき松の花/鈴木貞二

石打の空にながるゝ松の花/飴山實

わが晩春狂者と松の花毟る/三谷昭

閂の潮傷みせり松の花/櫛原希伊子

唐紙に眠れる虎や松の花/高田蝶衣

象潟や一茶も来たり松の花/森澄雄

休操や松の花散る松の風/清水基吉

俳句例:21句目~

蝶銜へたかぶる雀松の花/西山泊雲

蔵街の風は十字に松の花/植田桂子

朝潮や松の花照る梢の鳴り/八十島稔

松に三日月、松の花は掃く/巣山鳴雨

松の花いつしか積る客の靴/前田普羅

熊の皮に昼寝の和尚松の花/河野静雲

雨雲の去りては到る松の花/平井照敏

翔つ影の雀か松の花かけて/石塚友二

松の花幽霊はまだ毛穴にゐる/金子晉

夕方はいつも淋しく松の花/遠藤梧逸

豪商の庭は見えねど松の花/大島民郎

夫の亡き歳月淡し松の花/塩谷はつ枝

沖浪も夕べとなりぬ松の花/小杉余子

名月や松にかゝれば松の花/松岡青蘿

松の花湖畔の役場舟のあり/吉田冬葉

初声を鶴ともきかめ松の花/上島鬼貫

三鬼昇天松の花散る水の上/巌谷小波

磯鵯の囀りかくす松の花/水原秋桜子

み佛のかひなは空へ松の花/岸本尚毅

裏門を岡持の出て松の花/小宮山政子

俳句例:41句目~

遺孤すこやか漸くしるき松の花/瀧春一

この家とも別れや松の花終る/山口誓子

この家に歳月けぶる松の花/渡辺千枝子

さみだるゝさゞ波明り松の花/渡辺水巴

雨期近き瀬戸路は昏し松の花/伊沢健存

すつと立つ草木の中に松の花/上島鬼貫

騎士像の槍のこぼせし松の花/河原芦月

鳥の名を知らねば仰ぎ松の花/加藤楸邨

二十六世継ぐ島の医や松の花/大橋敦子

十返りの声やたえずも松の花/上島鬼貫

千鳥城矢狭間けぶらす松の花/和田祥子

寂寞と亡父の句栖みぬ松の花/渡辺恭子

己が打つて聴く喚鐘や松の花/河野静雲

松の花この松原も老いにけり/河野静雲

松の花こぼるる椽の籐椅子に/田中冬二

普陀落の海へ海へと松の花/小島千架子

松の花参賀の列はけぶらへる/真鍋蟻十

松の花安房の岬をめぐりけり/松藤夏山

松の花或は踏みて法隆寺/阿部みどり女

松の花チエホフ訳す山の中/秋元不死男

俳句例:61句目~

松の花砂丘さみしく黄に乾く/西本一都

松の花遠浪の聞こえやはする/臼田亜浪

松の花野点の傘にこぼれけり/野村喜舟

松の花隠棲に似て眼を病めり/原コウ子

松の花雲噎せかへる砂上かな/久米正雄

松の花風は中空のみに咲く/山口波津女

母の死を仰げば松の花ばかり/辻田克巳

水馬松の花粉にゆきなやむ/軽部烏帽子

濤ならむまこと明るく松の花/加藤楸邨

鳶舞ひて松の花吹く風となり/永井龍男

秘せばなほたふとき佛松の花/菊地一雄

米あらぬ折り喰ふ物か松の花/広瀬惟然

花々のそこをふるふか松の花/内藤丈草

草の戸に名刺を貼りて松の花/富安風生

這ひ松の花を抱きて蝉鳴けり/橋爪巨籟

彼方より起ちあがる敵松の花/磯貝碧蹄館

さみだれのさゞなみ明り松の花/渡辺水巴

ふるさとは目にも口にも松の花/前田普羅

夫と子の墳墓の月日松の花/阿部みどり女

松の花に満つる松籟吾娘遠し/中村草田男

俳句例:81句目~

松の花煙らせ満塁ホームラン/稲畑廣太郎

上人の数珠のふるゝや松の花/瀧澤伊代次

松の花むかしむかしの手織縞/松葉夫美世

白浪のやうやく目立つ松の花/上田五千石

昂然として無為に処り松の花/徳永山冬子

聖歌飢を打ちては戻る松の花/加藤知世子

松の花みどり児の頭の重たしや/片山傘人

松の花に高き二階や学問所/長谷川かな女

松の花往時を偲ぶうだつ屋根/邑上キヨノ

男ひとり手かけて松の花降らす/下村槐太

井戸掘りて先うつろふや松の花/上島鬼貫

五百羅漢御灯明は松の花なりし/渡辺恭子

亀甲の幹の雄ごころ松の花/鍵和田のり子

松の花何せんと手をひらきたる/佐藤鬼房

松の花水より速きものを見ず/林田紀音夫

ネクタイをして肩凝るや松の花/皆川白陀

松の花波寄せ返すこゑもなし/水原秋櫻子

松の花けぶるや潮の香のたかき/水原秋桜子

散りてなほ松の花なる夕あかり/加藤知世子

松の花八十路の耳に潮しづか/阿部みどり女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ