季語/下萌(したもえ)を使った俳句

「下萌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「下萌」について

【表記】下萌

【読み方】したもえ

【ローマ字読み】shitamoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・萌(もえ:moe)

・草萌(くさもえ:kusamoe)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

下萌を含む俳句例

草青々牛は去り/中塚一碧樓

下萌やふなべり洗ふ縄箒/龍男

下萌や土の裂目の物の色/太祇

鎌倉や冬草青く松緑/高浜虚子

垣添や猫の寝る程草青む/一茶

下萌や境界石の十文字/星野椿

下萌に正倉院の雀かな/林秋子

草萌や並び坐るに足らぬほど/翔

下萌や鶏追ふ人の躍る如し/石鼎

下萌は声あぐるごと乳母車/林翔

まん丸に草青みけり堂の前/一茶

横柄な遠野鴉に畦青む/高澤良一

咲きみちて庭盛り上る桜草/青邨

一冬の榻を移すや下萌ゆる/風生

下萌や土かく鶏の蹴爪より/嘯山

下萌える蝙蝠傘の骨の数/徳弘純

下萌や春まだ浅き桑畑/渡部穀雨

下萌に山門一つ句碑一つ/星野椿

下萌や薪をくづす窓あかり/犀星

下萌のこゝに佇み水鏡/高木晴子

俳句例:21句目~

北風や小草萌え居る葎底/西山泊雲

願成就大願成就草萌ゆる/橋本榮治

七夕や川を渡れば草青く/藺草慶子

下萌を催す頃の地震かな/子規句集

下萌や地平に消ゆる羊飼/和田克己

太陽の抓み出したる草青む/湯川雅

下萌や大地の鼓動色となる/脇収子

埋立の島の新旧草萌える/下山宏子

下萌や小さい赤い靴はかせ/上野泰

下萌や崖下に住み小十年/伊庭心猿

両面焚倒焔式窯草萌ゆる/橋本榮治

下萌の庭をながめて二階住/森田峠

草青む白馬の少女対岸に/藤井一俊

草萌ゆる峡の鶏鳴高く澄み/林尚子

怨霊の隼人の塚の草青む/下村梅子

下萌の病者急くもの何もなし/秩父

草萌ゆるはじめ大方紫に/石井露月

やせ地なる下萌求め羊達/坊城中子

下萌や白鳥浮きて水翳す/飯田蛇笏

草萌や詣でゝ影す老の者/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

下萌の蕃山文庫鶏を飼ふ/山本洋子

下萌に濡れ青竹の節の数/沢木欣一

大空へ手話の宣誓草青む/指澤紀子

柔道着二人で絞り草萌ゆる/大串章

草萌や寺院の吊る鸚鵡籠/飯田蛇笏

畦青み雪嶺しざり秩父別/高澤良一

春愁や草を歩けば草青く/青木月斗

下萌や転がりさうな力石/赤塚五行

甕の胴張り膨らめり下萌えて/林翔

下萌の先の月日に歩みだす/黒川宏

村あげて落成式や下萌ゆる/横山尋子

ここにおちつき草萌ゆる/種田山頭火

柴焼いて下萌の風起りけり/室生犀星

下萌や爪彫如来地より立つ/西本一都

椋鳥のしばらく宙に畦青む/堀口星眠

下萌や砂の中なる岐れ幹/大橋櫻坡子

下萌や綱に絡まる孕み山羊/棚山波朗

機音のひびく丹後路畦青む/宇野直治

わが性を愛すほかなし下萌ゆる/林翔

水浅黄は汀女の色の矢車草/青木重行

俳句例:61句目~

クリークの草萌を見て着陸す/日原傳

下萌や雪嶺はろけき牧の柵/芝不器男

濤聲や徐福の墓畔草萌ゆる/佐藤春夫

癒えねども勤めが待てり草青む/林翔

筑波よく見ゆる裏山草萌ゆる/及川貞

下萌えて土中に楽のおこりたる/立子

縦横に枯木の影や下萌ゆる/高浜虚子

草千里下萌えにはや牛放つ/里川水章

草萌えて上総下総靄の果て/飯田龍太

下萌えぬ人間それに従ひぬ/星野立子

草萌えて舐むるがごとし旧書屋/林翔

草萌に孫の一歩の初まりぬ/森山抱石

下萌ゆる江東瓦礫ばかりにも/及川貞

下萌を傷つけ老婆薪割れり/松村蒼石

草萌やちちはは一つ墓に栖み/安住敦

下萌えや石埋り薪割り了る/川口重美

下萌える空気を映し魔法瓶/前川弘明

草萌や土踏まずなき嬰の足/水原春郎

草萌や大地総じてもの~し/高浜虚子

草萌や御堂小暗き伎芸天/児玉まさお

俳句例:81句目~

草萌や燐寸ももてるみどりの火/耕二

人死して一坪の墓下萌ゆる/藤松遊子

草萌や茶の木も少し家の前/尾崎迷堂

草萌や金亡びざる殷の戈/千代田葛彦

草萌ゆる城を載せたる巌かな/日原傳

草萌ゆる尻きれし草履我妹/喜谷六花

下萌に雨沁み限りなく不孝/辻田克巳

児を預け教師に徹す草青む/伊東宏晃

草青む川べりの土踏みこぼす/上村占

下萌の大盤石をもたげたる/高浜虚子

初蝶の触れゆく先の草青む/野沢節子

下萌の径落柿舎の裏へ出し/西村和子

草青む道後の湯垢流れ来て/右城暮石

街の音とぎれる間あり草萌ゆる/汀女

貨車の間の冬草青し江東区/岩田昌寿

野生馬の肌あらあらと草青む/一民江

大阿蘇の冬草青き起伏かな/稲荷島人

太郎塚次郎塚下萌えにけり/阿部王一

子羊の角出て牧場草萌ゆる/水沢源治

川音や草萌近き崖を去る/加藤知世子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ