季語/メーデーを使った俳句

「メーデー」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「メーデー」について

【表記】メーデー

【読み方】めーでー

【ローマ字読み】mede

子季語・関連季語・傍題・類語など

・労働祭(ろうどうさい:rodosai)

・労働節(ろうどうせつ:rodosetsu)

・五月祭(ごがつさい:gogatsusai)

・メーデー歌(めーでーか:medeka)

・メーデー旗(めーでーき:medeki)

季節による分類

・「め」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

メーデーを含む俳句例

千人が花の息吹の労働祭

千人が花の息吹の労働祭

老守衛口あけ歌ふ労働祭/轡田進

晩餐に豚の耳削ぐ五月祭/石嶌岳

子を守るや雨のあなたのメーデー歌

吊革に顔一つづつ労働祭/奈良文夫

労働祭赤旗巻かれ棒赤し/三橋敏雄

労働祭朝の汚れぬ顔急ぐ/殿村菟絲子

焼跡に垂込め居りし労働祭/石田波郷

巨き船造られありて労働祭/山口誓子

水際に転ぶ風船メーデー歌/木内彰志

馬と人泥田に挿さり労働祭/西東三鬼

メーデーの歌は聞えね雪柳/中村汀女

風の幹攀づ蟻のあり労働祭/伊東宏晃

福相がなぜか旗もつ労働祭/是枝よう子

メーデー歌遠し三尺の紙の鯉/皆川白陀

太陽一つずつ労働祭の水たまり/島津亮

メーデーや子を鷲掴む労働者/辻田克巳

メーデーのデモ先頭を麦粒腫/乾鉄片子

メーデーや親子二代の炭坑夫/河原好枝

俳句例:21句目~

メーデーや中国略字坐り悪し/奈良文夫

メーデーの人形一座通り過ぐ/斉藤夏風

メーデーに加はることに妻不服/川崎克

メーデーを妊る犬と遊びをり/岡田久江

菓子パンを買ふも労働祭の中/齋藤夏風

労働祭汽罐車日浴びつつ憩ふ/藤田湘子

メーデーの前夜救世軍伝道を/山口青邨

メーデーの原宿に来て別れけり/石寒太

メーデーの友に手を振る停年後/柊愁生

メーデー歌雪形の出る岳の街/北沢/昇

メーデー歌うたふ踵に力こめ/菖蒲あや

メーデーの束の風船昇天す/橋本美代子

メーデーの雨の川渦激すかな/皆川白陀

まどろすが丹の海焼や労働祭/山口誓子

雑役の母メーデーの先頭を/坂井まさき

メーデーやあぐる拳に日燦々/南光翠峰

已むを得ず後尾乱るる労働祭/太郎良昌子

メーデーに歩幅正しく義足蹤く/稲富義明

噴水や一刻まへのメーデー歌/百合山羽公

メーデーの一日を墓に遊びをり/石田波郷

俳句例:41句目~

メーデー旗風を孕むを支へ行く/大橋敦子

メーデーの列のをはりに爆心地/古館曹人

労働祭厨夫は船の湯にひたる/米沢吾亦紅

葱苗を提げメーデーの後に蹤く/石川文子

メーデーの歌はざる顔窓に満つ/岡田貞峰

五月祭サンチヨパンサの科白拙/木村蕪城

産声を聞くメーデーを戻り来て/茨木和生

メーデー歌吹き上げ来る天守閣/大橋敦子

労働祭五十路の歌は口あけず/米沢吾亦紅

風船のひとつのしぼむメーデー歌/石寒太

メーデーや我が青春のコッペパン/原昭二

メーデーや文化革命あともなく/若林南山

メーデーや新刊表紙そり身がち/宮坂静生

雨降らば降れメーデーの旗滲む/原田種茅

メーデーの日の空席に本置かれ/森田智子

労働祭前夜の機械いたわり拭く/内藤吐天

メーデーの遂に一人の家路にて/伊丹丈蘭

列緩み後尾事務的にメーデー行く/有働亨

乳母車押しメーデーの列にあり/山崎一角

メーデーを忘じてゐたり働きて/鈴木栄子

俳句例:61句目~

メーデー下黒き洋傘持ちつづけ/萩原麦草

城を見に来てメーデーに無関心/山田弘子

メーデーの風船五彩太陽へ贈る/古沢太穂

踏みしだく芝の青さや労働祭/水原秋桜子

何用もなくメーデーの海へゆく/増成栗人

メーデーの掌に石鹸の泡を盛る/本庄登志彦

メーデーの旗かき分けて風船遁ぐ/右城暮石

メーデーの歌去つて燗つきにけり/石川桂郎

メーデーの細胞いまはつつじ提ぐ/横山房子

メーデーやビルはすこしく傾きぬ/清水昇子

メーデーを太く詠みたし詠めざりし/大牧広

メーデーを待つ芝に坐し芝に立ち/塩川雄三

メーデーの縄を張りゐる巡査かな/岸風三樓

一本の白髪するどしメーデー歌/加藤知世子

下水溝もてメーデーの列と劃す/加倉井秋を

俗吏とし老いメーデーの列にあり/岸風三樓

吹降りのメーデーの旗重きデモ/徳尾野葉雨

歩く子も歩かざる子もメーデーに/中川秋太

白猫の俄か閉ざす目メーデー歌/河野多希女

眼細めてジグザグ行進メーデー歌/右城暮石

俳句例:81句目~

総身の雨にひたぬれメーデー歌/瀧尻/佳子

老いにきと涙ぐみ聴くメーデー歌/下村槐太

五月祭緑のペンキすぐなくなる/田川飛旅子

夫婦してラーメンすする労働祭/坂本登美子

暮れてなほ風樹はみどり労働祭/冨田みのる

メーデーの一兵卒となりにけり/成瀬正とし

メーデーの人往く倉庫の高壁沿ひ/北野民夫

メーデーの列しんがりの明るかり/木村滄雨

メーデーより帰り掻込む茶漬かな/成瀬正とし

ねむき子を負ひメーデーの後尾ゆく/佐藤鬼房

ガスタンクが夜の目標メーデー来る/金子兜太

夜具干して労働祭の水夫かへらず/米沢吾亦紅

メーデーのこゑ無帽こそわが自由/榎本冬一郎

メーデーの列に紅き傘たしかに過ぐ/原田種茅

メーデーの揃ひの帽子どぜう屋へ/立本美知代

メーデーの行くさきざきの赤躑躅/山田みづえ

仮に吾にメーデーの旗担がせれば/加倉井秋を

メーデーや鯉を集めて日暮まで/鍵和田ゆう子

水飲んでさらばかの日のメーデー歌/湯浅康右

メーデーの列の少女とも無縁なり/加倉井秋を

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ