季語/三鬼忌(さんきき)を使った俳句

「三鬼忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三鬼忌」について

【表記】三鬼忌

【読み方】さんきき

【ローマ字読み】sankiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・西東忌(さいとうき:saitoki)

・三鬼の忌(さんきのき:sankinoki)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

三鬼忌を含む俳句例

薪割つて鶏とばす西東忌/鷹羽狩行

轍中のわれはなり西東忌/佐藤鬼房

足踏みの桜前線西東忌/片山由美子

三鬼忌の山傾けて霰かな/巌谷小波

町川に朝日の腐る西東忌/平畑静香

男らに吊革の痩せ西東忌/小林貴子

橙が墓に触れゐる西東忌/横山白虹

横文字の新聞燃やす三鬼の忌/桂信子

天使の悍の静止や西東忌/秋元不死男

鳴くに任せよ三鬼忌の鳶鴉/百瀬美津

一日は次から次や三鬼の忌/藤田湘子

三鬼忌の雹の水輪の大粒に/石田波郷

三鬼忌の霞きてゐる軒あはひ/下田稔

美作の茶屋の麦飯三鬼の忌/大岩節子

雨やんで傘の重たき西東忌/辻田克巳

紙を切る紙の抵抗三鬼の忌/野窪茜子

釘買つて出る百貨店西東忌/三橋敏雄

灰皿で腹割る煙草三鬼の忌/楠本憲吉

三鬼忌の大担がれ貨車の中/火村卓造

西東忌撒骨の沖晴れてをり/赤尾恵以

俳句例:21句目~

狛犬の阿吽を抜ける西東忌/森田智子

西東忌脱ぎし帽子を膝に置き/森田智子

ひとつづつ目刺を解き三鬼の忌/福島勲

西東忌花びらつきし傘たたむ/森田智子

ボールペンと一杯の水三鬼の忌/原田喬

釘ぬきに釘きしませて西東忌/土生重次

三鬼の忌蛸の吸出効きはじむ/宮坂静生

三鬼の忌近し未完の酔胡面/殿村莵絲子

支那街に揺るる焼肉西東忌/秋元不死男

三鬼忌の何の微笑ぞ静臥夫/石田あき子

三鬼忌の肉塊に串ふすふすと/内田美紗

三鬼忌は万愚節なり空港に/秋山巳之流

三鬼忌や靴の尖もて芝突つく/藤田湘子

三鬼忌雨連翹忌雨太芽立ち/中戸川朝人

執拗に小綬鶏が鳴く三鬼の忌/皆川白陀

女物干してあるなり三鬼の忌/湯浅康右

敏雄逝き白泉忌すぎ三鬼の忌/池田澄子

三鬼忌の森海鳴りの音を出す/大高弘達

軒借りのひとに傘貸す三鬼の忌/桂信子

一湾に灯の橋架かる西東忌/三田きえ子

俳句例:41句目~

効き腕のやや萎えてきし西東忌/大牧広

咽喉にたつ鰊の骨や西東忌/石田あき子

悪書二三隠しにありぬ西東忌/嶋田麻紀

昨日会い今日は訪い西東忌/鈴木六林男

松鳴らす風によろめく西東忌/河野南畦

竜巻の柱して西東忌を呼べり/平畑静塔

桟橋にひびく靴音三鬼の忌/片山由美子

よき父として嘘に乗る三鬼の忌/橋本榮治

矮鶏が木に上手に登り三鬼の忌/高澤良一

廃れたるものにステッキ西東忌/池田秀水

三鬼忌の舟虫つひに顔出さず/青柳志解樹

日の差さぬまま海暮れて西東忌/榎本栄子

三鬼忌の風に花種とばされぬ/石田あき子

三鬼忌の水面は風の影ばかり/鷲谷七菜子

御守の中味は木つ端三鬼の忌/斎藤由美子

逗子駅やバスは四方へ三鬼の忌/石野/梢

三鬼忌のロビー葉巻の香りして/池田秀水

パンジーを貌と見てゐる西東忌/辻田克巳

三鬼忌の踏んですべりし紙の山/鳥居美智子

伸べし手をぱんと払はれ三鬼の忌/谷口智行

俳句例:61句目~

花便り聞き流す三鬼の忌なりけり/小林康治

三鬼忌のくらきくれなゐばかりかな/斎藤玄

西東忌帽子はやらぬ世となりし/片山由美子

黒をもて派手と言ひなす三鬼の忌/中原道夫

おろかしく三鬼忌待てり雪解けず/殿村菟絲子

三鬼忌のつひにしづかに吹くあらし/三橋敏雄

待ちて過ぎし三鬼忌なほも待つ心/殿村菟絲子

三鬼忌の終わりて回る夜のレコード/寺井谷子

三鬼忌の湯屋はいつより閉ざされし/伊丹裕子

三鬼忌の斜めに浮かすベレー帽/佐々木いつき

三鬼忌のハイボール胃に鳴りて落つ/楠本憲吉

三鬼忌のまさかの雪が降つてをり/鈴木しげを

渚のフォーク射されしままや三鬼の忌/石寒太

三鬼の忌くるみなかなか割りにくし/成瀬桜桃子

三鬼忌の野よりひき抜くハイヒール/正木ゆう子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ