季語/蜜柑(みかん)を使った俳句

俳句例:101句目~

蜜柑ころがる地下室の底水流れ/中拓夫

ふくみ笑う蜜柑東北墓地多し/寺田京子

みかんと靴ぬくみ中学生下校/斉藤夏風

蜜柑むき大人の話聞いてゐる/西村和子

蜜柑むく初荷の馬の鼻がしら/中村汀女

みかんの皮二つ重ねて暇乞ふ/高澤良一

蜜柑吸ふ倒るるときの波照りつ/中拓夫

みかん一つ机に乗せて駐在所/斉藤葉子

蜜柑売る媼は海を見あきたり/古舘曹人

蜜柑山かへりみる妻海と在り/香西照雄

蜜柑山その下稀に汽車通る/山口波津女

みかん山映る初湯に入りけり/田中冬二

蜜柑山なだらに蜜柑長者邸/鈴鹿野風呂

蜜柑山の中に村あり海もあり/藤後左右

蜜柑山の雨や蜜柑が顔照らす/西東三鬼

蜜柑山ま白き雲の夜も満つ/加倉井秋を

蜜柑山人の籬をこゝに見ず/米沢吾亦紅

蜜柑山飛天放屁もあるやらん/永田耕衣

蜜柑山黄のまんだらに大き寺/大野林火

蜜柑摘み終りし夜の長湯かな/檜田慧星

俳句例:121句目~

旅人の蜜柑くひ行く枯野かな/子規句集

蜜柑月夜母船のごとく島泛ぶ/山岸治子

スキー嬢蜜柑をむけり男らに/岸風三楼

蜜柑村飯場の昼燈二つどまり/香西照雄

蜜柑浮く旧軍港の潮満ちて/殿村菟絲子

蜜柑食ふ夜たたかへる猫のこゑ/中拓夫

バス長し退屈すれば蜜柑むく/高濱年尾

買初の蜜柑小粒に患者たち/石田あき子

三十三才啼け蜜柑畑日短かぞ/萩原麦草

足袋干して星が消えさう蜜柑村/中拓夫

道々に蜜柑の皮をこぼし行く/高浜虚子

保線詰所窓に蜜柑を並べあり/沢木欣一

元日の干支入り祝ふ蜜柑かな/大谷句佛

降り出でゝ人声近し蜜柑山/米沢吾亦紅

雑誌の見出しの蜜柑の汁沁み/小澤碧童

出湯の山のぼるにつれて蜜柑山/上村占

初富士や蜜柑ちりばめ蜜柑山/石田波郷

霜月や壷に活けたる枝蜜柑/島村元句集

香ぐはしき転生一顆蜜柑受く/成田千空

鳥渡り去るや蜜柑の山仕事/岡本癖三酔

俳句例:141句目~

坐礁船そのまま暁けぬ蜜柑山/芝不器男

夜は円く蜜柑と韮と芳香す/八木三日女

好日の山の蜜柑は紅に富む/百合山羽公

子の顔の三人酢を吸ふ蜜柑哉/尾崎紅葉

完熟の蜜柑手にせる初三十日/高澤良一

寒肥や煤のりし見る蜜柑の葉/高田蝶衣

屋根苔も丸みて見せぬ蜜柑村/香西照雄

山の神仕舞蜜柑も腐らせず/百合山羽公

山火事を消しに登るや蜜柑畑/前田普羅

山頂に脾腹をあづけ蜜柑食ふ/佐藤鬼房

座礁船そのまゝ暁けぬ蜜柑山/芝不器男

急坂を来し息見せず蜜柑採る/津田清子

探しもの又して疲れ蜜柑むく/星野立子

撒き蜜柑ただよふ波の初荷舟/斎藤道子

明治節の汐鳴り蜜柑取込みし/萩原麦草

晩生なる蜜柑に当り外れなし/高澤良一

月下にて蜜柑採られた山の闇/和知喜八

月光の徐々に冷えゆく蜜柑山/斎藤慎爾

木の箱に犇々ありしかたち蜜柑に/篠原

来し方の貧しき思ひ蜜柑むく/木村蕪城

俳句例:161句目~

柿/蜜柑木に在り長きひとり旅/渋谷道

柿山をのぼりて蜜柑山くだる/右城暮石

梅林をかかへこみたる蜜柑山/西村和子

永き日や土塀の中の蜜柑畑/楠目橙黄子

海光に一木揺るるは蜜柑もぐ/甲賀山村

海峡の雨来て蜜柑しづく垂る/西東三鬼

海彦をときどき呼んで蜜柑摘/鷹羽狩行

渚にてミカンを分かち巡礼なり/中田剛

鴨の声蜜柑ひそかに母にやる/永田耕衣

蜜柑ころがる暗渠のごとき踏切/桜井博道

蜜柑すゝる嬰児を抱き母も飢ゆ/岸風三樓

蜜柑一つうるほふほどに夜の深し/松澤昭

かの夫人蜜柑むく指の繊かりしが/安住敦

霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ/百合山羽公

蜜柑山夕べ大いにかすみけり/佐野まもる

さねさし相模の蜜柑酸く甘く/加藤三七子

海より日出てすぐ蜜柑山照す/加倉井秋を

しほさゐを背に蜜柑摘む殉教址/石田厚子

雪解風醋涸れ蜜柑の落ちつゞく/高田蝶衣

君が掌の一顆の蜜柑いつ剥かる/加藤楸邨

俳句例:181句目~

墓原に蜜柑もぐ子がうつりけり/萩原麦草

墓域なす彼方もなべて蜜柑山/佐野まもる

皮の中に蜜柑の舟の二つかな/大橋櫻坡子

蜜柑見えぬまで蜜柑山遠ざかる/右城暮石

蜜柑荷を出すや汽車積汽船積/鈴鹿野風呂

蜜柑の汁思ひつめたる顔にとぶ/油布五線

蜜柑船より提げ出でし銃濡るる/宮武寒々

みかん光り一人臥す家結束す/高橋富久江

闇ふかく蜜柑をひとつ探りえつ/加藤楸邨

蜜柑山墜道を出てもはやなし/山口波津女

蜜柑畑出て寝釈迦山昏れにけり/萩原麦草

宮島の灯を指し旅の蜜柑むく/五十嵐播水

蜜柑熟るゝ山見て父のうす笑ひ/萩原麦草

みかん畑より見下ろせし池の端/飯沼衣代

海へ向くことは日に向く蜜柑山/辻野勝子

みづうみに雨すこしある蜜柑かな/中田剛

蜜柑摘み昔は唄をうたひしに/山口波津女

蜜柑採りつくされし山海が浸す/桜井博道

蜜柑吸ふ目の恍惚をともにせり/加藤楸邨

スチームの甚だ熱し蜜柑むく/市川東子房

タイトルとURLをコピーしました