季語/年守る(としまもる/としもる)を使った俳句

「年守る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「年守る」について

【表記】年守る

【読み方】としまもる/としもる

【ローマ字読み】toshimamoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・守歳(しゅさい:shusai)

・年送る(としおくる:toshiokuru)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

年守るを含む俳句例

年送る幾年同じ厨事/松山和子

年棚や三代守る太柱/大石昌代

針含み飾窓内年守る/宮武寒々

年守る乾鮭の太刀鱈の棒/蕪村

紺つよき大洋に倚り年送る/原裕

枯蓼の姿もあらず年送る/岸田稚

地卵の茹殼厚し年を守る/上村占

年守るや心張棒の平頭/宮坂静生

逝年や誠を守る一心事/大谷句佛

志省かんと年送りけり/阿波野青畝

庭蛙聴く静けさの年送り/林原耒井

一杖に命惜しみて年守る/巌谷小波

丸顔の柱時計と年を守る/堀米秋良

鳥籠を洗ひて年を送りをり/飴山實

霜柱また年送るこの村に/百合山羽公

行年のラジオしづかな楽送る/上村占

越の海の海鳴り高き年守る/高橋貞人

年送る睫にひかる海を載せ/川崎展宏

灯の海の沖に新宿年守る/片山由美子

年守る錨の十字深く入れ/金箱戈止夫

俳句例:21句目~

一穂の燈火を守り年を守る/富安風生

三人のうから葬りし年を守る/上村占

今年亦夫と二人の年守る/小泉はつゑ

倖か死果てたるも年守るも/石田波郷

夫唱とも婦随ともなく年守る/岬雪夫

年送る岳友と聴く山の悲歌/福田蓼汀

年送る夜潮に眼濡らしつゝ/森田正実

鷹揚に年を迎へて送るのみ/高澤良一

年守るこころ剣の如く痩せ/三橋鷹女

鴟尾凛と唐招提寺年を守る/渡辺恭子

ブティックの隣の老舗年守る/和田郁子

一日の尊とかりけり年守る/石原すみ子

学問の夢すてきれず年守る/山下しげ人

年守る大ゆけむりと星座かな/穴井湧峰

年守る星のひとつに航海灯/平井さち子

年守る深きよろこびありし年/矢野紫音

手のうちに湯呑つつみて年守る/西山誠

永らへて旧きを守る年用意/下村ひろし

閻王に年守る燭を足しにけり/小西須麻

燈をよせて一亭一客年を守る/佐野美智

俳句例:41句目~

雪原に灯して牧舎年を守る/金箱戈止夫

うちあふぐ濡木の空や年送る/松村蒼石

年送る旅寝の湯婆ほてりけり/渡邊水巴

年送る合唱林檎を片手にもち/古沢太穂

転作の蕎麦太く打ち年送る/松倉ゆずる

野良の鳶燦々と年送りをり/百合山羽公

つねの灯をつねの机に年守る/新明紫明

旅に年送るはさむし怒濤音/中戸川朝人

物忘れひどくなりたる年を守る/村上三良

音たのしもの煮ゆる炉に年を守り/森澄雄

余生とはうどんを吹きて年送る/石田玄祥

北斗の尾さかしまに年送るなり/福島小蕾

年送ると己れ哀れになりにけり/松村蒼石

年送るプロパンボンベ桶かぶり/皆川白陀

年の夜をしづかに守る産屋かな/阿部慧月

夜に入りてとんと音なき年守る/勝又一透

むさし野の欅と老いて年を守る/渡辺恭子

まぼろしの鹿も来哭くか年守る/巌谷小波

胸のうちぽぽぽぽと年守る火か/川崎展宏

はるかなる灯台の灯も年守る/遠藤若狭男

俳句例:61句目~

こぼれ灯の年守る灯かも木偶館/石原義輝

年守るや母が寝にたつ燠呉れて/石川桂郎

禰宜立ちて年守る燭替へにけり/唐津加代子

そのときはそのときと年送り来ぬ/高澤良一

やれやれと云うてまた年送りけり/高澤良一

年守りて火を育てをり子と二人/志摩芳次郎

年を守りてみあかしに油さし廻る/高田蝶衣

年送る大焚火とはなれりけり/久保田万太郎

しらじらと畳のひろさ年を守る/鷲谷七菜子

忌に籠るこゝろゆく年守るこゝろ/田代欣一

炬燵の火埋けても熱し年守る/久保田万太郎

年守るといふにあらねどいねがたく/奈良鹿郎

窓すかし見て吹雪きをり年を守る/三ツ谷謡村

海鼠突きに行く年守りて隠れ耶蘇/小原菁々子

かたはらに吾妹も年を守りけり/久保田万太郎

テレビ/シヨー果ててふわふわ年変る/守田椰子夫

膠釜あたたかく年送るかな///古梅園/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ