季語/仏手柑(ぶしゅかん)を使った俳句

「仏手柑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「仏手柑」について

【表記】仏手柑

【読み方】ぶしゅかん

【ローマ字読み】bushukan

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

仏手柑を含む俳句例

仏手柑の空や噴煙夕づける/芹田桂

仏手柑天上天下指さして/高橋悦男

父母や掌重りのせし仏手柑/森澄雄

指の数決らぬことも仏手柑/大橋敦子

湖の空揺れ仏手柑の形かな/岡井省二

総領事ハリス好みの仏手柑/高澤良一

仏手柑灯影に仏手見たりけり/大橋敦子

仏手柑置きて手のあく机かな/手塚美佐

熱の眼の咫尺にうるむ仏手柑/石川桂郎

行く秋を仏手柑の只一つかな/正岡子規

消えたがる冬日掴んで仏手柑/町田しげき

真昼間や仏手柑そつとおそろし/阿部完市

仏手柑の雪おちて昼もちかき家/川島彷徨子

仏手柑行けば小遣ひくれし祖父/田北/ぎどう

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ