季語/雪崩(なだれ)を使った俳句

俳句例:101句目~

爐火守の遠き雪崩に目覚めをり/石橋辰之助

雉子翔てり雪崩が懸けし虹の中/須賀川東声

目つむりて雪崩聞きおり告白以後/寺山修司

茂吉忌の暮れてとどちく遠雪崩/鷲谷七菜子

雪崩が恐い裏窓夜具の緋色延べる/伊丹三樹彦

山毛欅の芽の金色に明けぬ雪崩跡/殿村莵絲子

遠ざかる雪崩や炉辺に目をとづる/石橋辰之助

ランプ揺れつづく雪崩に闇ふかし/小林黒石礁

すでに恋ふたつありたる雪崩かな/鈴木しづ子

雪崩にまじりて氷柱落ちたる光かな/高濱年尾

雪崩あとの岩青し金縷梅の花つけて/内藤吐天

茶を捨てしほどの雪崩もききもらさず/阿部みどり女

森や谷まも眠るときあかくつらなるこころの雪崩/高柳重信

山を隔つ雪崩のとゞろきあたふた眼鏡をさやに収める/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました