季語/雪崩(なだれ)を使った俳句

「雪崩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪崩」について

【表記】雪崩

【読み方】なだれ

【ローマ字読み】nadare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・底雪崩(そこなだれ:sokonadare)

・地こすり(じこすり:jikosuri)

・風雪崩(かぜなだれ:kazenadare)

・雪なだれ(ゆきなだれ:yukinadare)

・雪くずれ(ゆきくずれ:yukikuzure)

・なだれ雪(なだれゆき:nadareyuki)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雪崩を含む俳句例

雪崩止四五戸が嶺と闘へる/楸邨

夕兆す雪崩の音を鎮魂歌/有働亨

青天に音を消したる雪崩かな/杞陽

山替の糧負ふ杣に遠雪崩/太田蓁樹

雪崩跡閃々と雨飛び来る/岡田貞峰

春蘭や雪崩の跡に土乾き/児玉小秋

杣小屋へ山吹草の雪崩咲/辻田克巳

仏壇の扉開かせくる雪崩/対馬康子

洗面の水の痛さの遠雪崩/石川桂郎

薫風の雪崩落ち来る庇かな/上野泰

天懸る雪崩の跡や永平寺/皆吉爽雨

遠雪崩みな少年の目で仰ぐ/奈良文夫

雪崩音止みて落石音こだま/岡田日郎

禅寺に間髪容れず雪崩音/橋本美代子

春近き表層雪崩くりかへし/津田清子

昼の雪崩ひびかふ墓や遊蝶花/有働亨

雪崩してとゞろく峰を岩燕/吉川春藻

遠雪崩最終戦に間に合へば/櫂未知子

沖の耳化粧の雪崩刷きにけり/及川貞

満月の峡押してくる雪崩音/武田杏人

俳句例:21句目~

藁屋根に雪崩の跡や二三筋/西山泊雲

遠雪崩山本山の海苔が反り/坪内稔典

遠雪崩山の慟哭聞えけり/永野由美子

大雪崩さそふ雪崩の起りたる/水本壱

天冥く山響きあふ雪崩かな/河野南畦

職員用地下食堂に雪崩聞く/五島高資

遠雪崩妻と襖をへだてをり/山田素雁

面壁の影ゆるぎなし遠雪崩/吉沢卯一

雪崩あと兎真白く死にゐたり/田原玉乃

膏薬をはがし雪崩を誘いおり/山本敏倖

菜を洗ふ表層雪崩つづきをり/秋本敦子

薪小屋へ雪崩咲きたる山吹草/勝又一透

贖罪の終る日いつぞ遠雪崩/小松崎爽青

遠雪崩ひとりの旅寝安からず/藤田湘子

遠雪崩杣はランプの火屋磨く/山本雅子

ホームにも雪崩警報掲げあり/西村和子

遠雪崩聞きつゝ寝まる火を埋む/堤剣城

雛かざる遠峰の雪崩ひびく日を/莵絲子

雪崩かなし羚羊の死岳人の死/福田蓼汀

何か音ひびけば雪崩さうに山/奥田智久

俳句例:41句目~

聖オルガン暗きに鳴りて春雪崩/有働亨

雪崩跡越え来て雛の客となる/勝山耕南

北壁の雪崩の聲を聴きながす/古舘曹人

雪解山幾座雪崩の痕ふかし/水原秋櫻子

国二つ呼びかひ落す雪崩かな/前田普羅

馬の目に遠き雪崩の音とどく/今瀬剛一

駅弁のなぜたのしきや雪崩止/石川桂郎

大雪塊ころげ現はれ雪崩やむ/岡田日郎

天心の月ふるひたる雪崩かな/吉田冬葉

奥壁は雪崩のこだま返し来ず/高田貴霜

寺の鶏雪崩の音にかたまれり/皆川盤水

岩雪崩とまり高萩咲きにけり/吉田冬葉

火口壁雪崩をさそふ雲過ぎつ/澤田緑生

炉火守の遠き雪崩に目覚めをり/辰之助

熊笹や雪崩の跡に立ちこぞり/澤田緑生

瑠璃鳴ける雪崩跡日の洽しや/岡田貞峰

煌々と夜汽車動かず雪崩来て/岡本まち子

炉辺の犬耳を立てたる雪崩かな/宮下翠舟

雪崩して震ふ障子に病める僧/大橋櫻坡子

その雪崩午後二時頃といふ悲し/京極杞陽

俳句例:61句目~

ほととぎす雪崩は谷を塞ぎけり/松村蒼石

橇を干す戸にまたひゞき遠雪崩/山岸治子

キヤンプの灯淡き暈もつ遠雪崩/渡辺立男

雪崩音過ぎて声あげ子等の橇/加藤知世子

雪崩です沈みゆく白い軍艦です/田中芥子

遠雪崩耳のつまりし水車小屋/殿村莵絲子

花に寝て散りくる花を雪崩とも/石原八束

喪の明けの心ゆるびに遠雪崩/冨田みのる

夜半さめて雪崩をさそふ風聞けり/秋櫻子

雪崩あぐ蒼穹に雲ひるがへり/石橋辰之助

桑畑を削ぎ落したる雪崩かな/大橋櫻坡子

雪崩してあはれ死したる狸かな/高濱年尾

異国語に身を売るときの雪崩音/櫂未知子

狩の犬遠き雪崩に耳立てたり/米沢吾亦紅

雪崩えの馬柵結ひて待つ牧開き/根岸善雄

雪崩以後ぴたりと刻のながれ止む/長田等

雪崩後の星あをあをと生理くる/駒走鷹志

雪崩止め宙にかかげて座禅草/市村究一郎

傷心癒えじ雪崩の創は雪癒やす/福田蓼汀

谺して雪崩のけむりあがりをり/石原八束

俳句例:81句目~

谿雪崩うまれし径を来て学ぶ/石橋辰之助

青天へ木兎がとび出し雪崩かな/佐野良太

青天へ木菟がとび出し雪崩かな/佐野良太

孤つ家に雪崩の音のひゞきけり/野村喜舟

谿雪崩学びの窓のしづけさに/石橋辰之助

遠き雪崩背山の雪崩夜も鳴れり/殿村菟絲子

かのひゞき瞠れば雪崩嶺を落つ/石橋辰之助

この堂のとゞめし雪崩とぞ見ゆる/皆吉爽雨

雪崩恐し言葉にすればなほ恐し/加倉井秋を

ゆく春の穂高にしるき雪崩あと/服部鹿頭矢

雪崩止もろとも海へなだれけり/水見悠々子

一夜の床敷きくるる乙女雪崩音/橋本多佳子

雪崩見し穂高の岩にわがすがる/石橋辰之助

雪崩見よ岩群の日をうばひつゝ/石橋辰之助

九頭龍の瀬に押し出でし雪崩かな/野村泊月

幾雪崩ぜんまい採りの越えて消ゆ/皆吉爽雨

雪崩音に音もうひとつ葬り銅羅/加藤知世子

直ぐあとに雪崩ありしと報されし/川田政尾

冬蝶のひそかにきいた雪崩の響/富澤赤黄男

夜目にも黝し湖の向ふの雪崩跡/加藤知世子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ