季語/豌豆の花(えんどうのはな)を使った俳句

「豌豆の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豌豆の花」について

【表記】豌豆の花

【読み方】えんどうのはな

【ローマ字読み】endonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「え」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

豌豆の花を含む俳句例

山吹や花豌豆の手柴越し/滝井孝作

快き風の吹きくる花豌豆/高木晴子

まつり来と口紅つけて花豌豆/樋笠文

ゑんどうの手垣の藁に風さわぐ/篠原

豌豆の花の飛ばんと風の中/勝又一透

豌豆の花ぬくぬくと砂地畑/高澤良一

春風や牡蠣殻塚に花豌豆/島村元句集

産衣の干物両袖乾く花豌豆/磯貝碧蹄館

ゑんどうの花蒲原の海かすみ/大井雅人

ゑんどうの百花鎮めて朝日出づ/大串章

間近まで雨が来てゐる花豌豆/伊藤浄子

仮住の自由不自由スイトピー/山田弘子

砂路の豌豆の花あつすぎる/川島彷徨子

問診に次いで触診スイトピー/高澤良一

浅間晴れて豌豆の花真白なり/高浜虚子

豌豆の花にかくれて姉の泣く/田中/蛙村

花ゑんどう蝶になるには風足らず/大串章

ゑんどうの凜々たるを朝な摘む/山口青邨

豌豆の花のいちいちあからさま/飯田蛇笏

ゑんどうの蔓の巡礼ごころかな/藤岡筑邨

俳句例:21句目~

ゑんどうや網戸が水に浸りをり/田中裕明

花揺れてスイートピーを束ね居る/中村汀女

ゑんどうの畳にまろび止まりし所/細見綾子

郵便夫去りて蝶湧くスイトピー/左右木韋城

蝶に翅貸せし筈なりスイートピー/柴田奈美

ゑんどうの花海女の群帯締めて/殿村莵絲子

からまりてスイートピーの剪りにくし/角子

スイートピー愛読はみな短篇よ/上田日差子

浜へ出る浜ゑんどうの道ありし/坂本/丘川

ゑんどうむき人妻の悲喜いまはなし/桂信子

ゑんどうの手を差し了へし日暮かな/白井爽風

スイートピーをんなあるじの英語塾/石川文子

スイトピー目立たずに白ありしこと/大橋敦子

仮死の虫あたふたと這ふ花豌豆/足立原斗南郎

ゑんどう蔓出あひてはげしく巻きあへる/篠原

友情の島にあふれて浜ゑんどう/阿部みどり女

スイートピー抱へてことばなくてよし/山上寿衣

スイートピー三花したがへ四花に伸び/中村汀女

スイトピーつまらぬことは気にせずに/高澤良一

スイトピー剪りながら手に溢れゆく/今井千鶴子

俳句例:41句目~

花豌豆の葉をのぞき咲く砂まみれ/長谷川零餘子

スイートピー蔓のばしたる置時計/長谷川かな女

スイートピー束ねてありし輪ゴムかな/行方克巳

スイトピーできればごめんこうむりたい/高澤良一

大砲をみがきて午を兵ふたりスイトピーかそかにゆれてけるかな/加藤克巳

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ