季語/菜の花(なのはな)を使った俳句

「菜の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菜の花」について

【表記】菜の花

【読み方】なのはな

【ローマ字読み】nanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菜種の花(なたねのはな:natanenohana)

・花菜(はなな:hanana)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

菜の花を含む俳句例

菜の花の匂ひや鳰の磯畑/素牛

菜の花の中に城あり郡山/許六

菜の花を日輪めぐるしららかに

菜の花に雨の近く匂ひ哉/士巧

菜の花の盛に一夜啼田螺/曾良

雛納めたる床に菜の花/永井龍男

長江へ百里一望花菜畑/荒井正隆

花菜風房州和田と鋤に銘/杉本寛

鉈彫の一仏花菜明りかな/長田等

菜の花を出るや塗笠菅の笠/団水

菜の花の一反ばかり桜かな/東芝

菜の花の野末に低し天王寺/子規

昼吠ゆる犬や菜種の花の奥/蓼太

菜の花に門松立てて安房郡/風生

菜の花の瓣に光やうす霞/原石鼎

東京に育ち花菜の村へ嫁く/杉本寛

花菜そこに神武天皇祭の波/原月舟

粗壁のらくがき暮るる花菜村/春樹

揚雲雀花菜明りの輪唱に/高澤良一

靄中にうく日輪や花菜雨/西山泊雲

俳句例:21句目~

菜の花の地平や父の肩車/成田千空

霍乱といふ語俄に照花菜/高澤良一

忘却の断面ならし花菜畑/藤後左右

門前の花菜の雨や涅槃像/飯田蛇笏

菜の花を大きくくるみ膝の上/展宏

菜の花の中や手にもつ獅子頭/乙二

体内の菜の花明り野良着きて/静塔

菜の花の岬を出でて蜆舟/川端茅舎

菜の花に懸る一番低い雲/折笠美秋

灯して母に教わる花菜雛/寺井谷子

双面にもう一面花菜咲く/中山玲子

菜の花の強き茎立つ波頭/大屋達治

豆腐屋の廻り去りたる花菜畑/篠原

菜の花の遥かに黄なり筑後川/漱石

花菜雨傘が重たき子が帰る/関成美

一輌の電車浮き来る花菜中/松本旭

菜の花の盛りに一夜啼く田螺/一茶

本を読む菜の花明り本にあり/青邨

骨壺のごと酒花菜母郷行/古舘曹人

男来て三脚降ろす花菜畑/高澤良一

俳句例:41句目~

菜の花の波の氾濫姥屋敷/宮慶一郎

窓低し菜の花明り夕曇り/夏目漱石

菜の花に菜の花いろの潦/持田石映

纜を投げて舟寄す夕花菜/千手和子

菜の花に日月淡し師の歿後/桂信子

野紺菊嫁菜の花も畦日和/鈴木しげを

酔えぬ夜は菜の花色の夢が欲し/橋石

水くらく菜の花白く日暮れたり/紫暁

一望の菜の花の風眼鏡押す/桜井博道

江南の千里に黄なり花菜雨/李/國民

一泊が二泊となりぬ花菜村/高澤良一

道曲るとき菜の花の列曲る/稲畑汀子

一畝に菜の花明り残すかな/辻本靖子

菜の花の中に糞ひる飛脚哉/夏目漱石

遊覧バス岬を巡る菜の花号/高澤良一

車酔ひの菜の花の黄が雨の中/中拓夫

貧相な花菜に遠野巡り果つ/高澤良一

海を縮め天の花菜に辺地校/古舘曹人

菜の花に光る時あり城の鯱/高浜虚子

二上に夕日の降つ花菜かな/巌谷小波

俳句例:61句目~

菜の花の徑を行くや旅役者/井上井月

人愛しめ花菜は蝶を肯へる/石塚友二

人濡れてくる桟橋の花菜雨/宮津昭彦

人麿も来し菜の花の岬かな/山本洋子

菜の花の径を行くや旅役者/井上井月

鯉幟影は花菜を滅多打ち/田川飛旅子

いまさらに菜箸長し夕花菜/野沢節子

満月も菜の花いろや波の音/朝倉和江

骨肉の昏さ菜の花まっ黄色/大西泰世

菜の花の上滑りゆく帆曳舟/手島靖一

菜の花も減りし江口の君祭/後藤夜半

潦白く暮れゆくや花菜時化/西山泊雲

入船荘花菜畑を突つ切りて/高澤良一

内透きて花菜明りの小校舎/成田千空

茫々と月夜の花菜父は黒衣/大井雅人

息せるや菜の花明り片頬に/西東三鬼

菜の花は大地の生絹雨上る/都筑智子

愚禿親鸞を触れりあの花菜/永田耕衣

医学部の窓のさまざま花菜光/森白樹

菜の花は光り灯台守眠る/櫛原希伊子

俳句例:81句目~

菜の花の隣もありて竹の垣/夏目漱石

かの頃の人らと梅史菜の花に/原石鼎

反復の母菜の花に置き忘る/あざ蓉子

牛にも齢湖も花菜の黄も淡く/桂信子

牛の胴花菜あかりの湖へだつ/桂信子

養蜂園出て海見ゆる花菜径/伊東宏晃

青蛾ゐて甘菜の花に南吹く/飯田蛇笏

霜除に菜の花黄なりお正月/村上鬼城

瓶に直立菜の花影す夜の妻/中山純子

春潮と菜の花に旅織りなされ/上野泰

菜の花の空ゆく雲も一茶風/高澤良一

月の夜は昼より邃し花菜畑/河野南畦

菜の花の真つ青な影精神科/齋藤愼爾

有明の色をとどめて花菜汁/秋篠光広

菜の花の只中にあり巌ひとつ/中田剛

菜の花に北信五岳月夜かな/高澤良一

花菜月人こつねんと立上る/横山白虹

朝風や菜の花浮かす椀の中/石塚友二

長篠の雨に嫁菜の花ひそと/立半青紹

桃菜の花千ケ寺まゐり鈴の音/中勘助

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ