季語/春寒(はるさむ/しゅんかん)を使った俳句

「春寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春寒」について

【表記】春寒

【読み方】はるさむ/しゅんかん

【ローマ字読み】harusamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春寒し(はるさむし:harusamushi)

・寒き春(さむきはる:samukiharu)

・料峭(りょうしょう:ryosho)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

春寒を含む俳句例

春寒や千体仏に千の顔/きよみ

春寒し追悼式の長き列/塙きく

春寒の断片として捨箒/斎藤玄

春寒や隨神門に肥車/村上鬼城

料峭や骨をのこして兎汁/日原傳

春寒の雨紫に源氏山/大久保橙青

料峭の径岐れゆぐ松林/西村和子

春寒し赤鉛筆は六角形/星野立子

料峭の動きの鈍き鯰漁/高澤良一

四万十の春料峭と川堤/田村丘子

春さむし貧女がこぼす袋米/暁臺

室咲の西洋花や春寒し/永井荷風

春寒く睫埃が暈つくる/右城暮石

春寒の闇一枚の伎芸天/古舘曹人

春寒や碇泊船のうす煙/中村汀女

春寒し楼門聳ゆ藪の奥/西山泊雲

春寒き姿一つの奴かな/籾山柑子

春寒し比良の日向帰るかり/曉台

春寒き闇一枚の伎芸天/古舘曹人

橋一つ越す間を春の寒さ哉/成美

俳句例:21句目~

春寒し畳の上の松葉杖/松村蒼石

春寒し風の笹山ひるがへり/曉台

朝市の婆の算用春寒し/小林康治

釣鐘に袖触れつ春寒き寺/泉鏡花

鈍色の命婦の袴春寒し/子規句集

春寒く身は何病の潜伏期/江里昭彦

春寒く玉する音の金剛砂/中川四明

定石にない春寒の中二階/橋石和栲

山國の海の魚食ひ春寒き/相馬遷子

京都人春寒き言申しけり/村山古郷

何はさて命大事の春寒し/尾崎紅葉

春寒や浮世の底の涙の座/清水基吉

円覚寺料峭として猫の恋/青木重行

春寒や水に浮きたる鉋屑/小川軽舟

春寒し雨に交りて何か降/井上井月

春寒や埃をかぶる庭の雪/前田普羅

北陵の春料峭と鳶のこゑ/飯田蛇笏

春寒や氏なき酒も玉の露/石塚友二

春さむし鶯餅の粉のいろ/角川春樹

春さむや燈下に一つ硯筥/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

春寒い島から島へ渡される/山頭火

春寒う土の香たちぬ山畠/中島月笠

春寒しみぞれの旅の笠二つ/中勘助

春寒し明日献体の柩窓/文挟夫佐恵

春寒し一朶の海苔は流れ行く/普羅

春寒の花見小路に宿をとり/町春草

春寒し人熊笹の中を行く/前田普羅

春寒や耕人うたふ海の唄/飯田蛇笏

春寒し夫の葬りに妻粧ひ/相馬遷子

春寒し凹みし子規の文机/原田澄子

春寒の弔旗はためく松林/大井雅人

春寒き大釣鐘を冠りたり/石川桂郎

春寒み出づるに入るに杉檜/松澤昭

春寒き水は森へと身を隠す/有働亨

春寒き炬燵櫓を握りけり/会津八一

春寒や刻み鋭き小菊の芽/杉田久女

春寒し物故の人に詑び心/鈴木花蓑

春寒し砂に埋るる砂防林/福田蓼汀

春寒の切符咥へし行商婦/石川文子

春寒くとも風軽し雲軽し/稲畑汀子

俳句例:61句目~

春寒し鳩吹く形に指温め/鈴木栄子

春寒や紅の残れる伎芸天/白井恭郎

春寒く二ッ残リし鶏卵酒/高井几董

地震多き半島國や春寒き/内田百間

料峭や括り直して野菜売る/原光栄

春寒し大熊笹の中を行く/前田普羅

春寒や花輪の裏の銀紙は/野村喜舟

春寒や貝の中なる櫻貝/松本たかし

春寒や還らぬ人に戦止む/若宮八恵

春寒や俄に鳴れる母の三味/岸田稚

春寒や魚腸を洗ふ如き雲/石橋秀野

月人ハ逝イテ麦人春寒シ/正岡子規

春寒や破れ七輪を火桶とし/齋藤玄

正宗の村正と並び春寒し/寺田寅彦

石切の奈落百丈春寒し/今井つる女

耳たぶに塗る白粉や春寒し/龍岡晋

能舞台幕料峭と夜風たつ/飯田蛇笏

蓋開けて電池直列春寒し/奥坂まや

酒唄の水に伏見は春寒き/中川四明

わが噂街に聞きとむ春寒し/上村占

俳句例:81句目~

春寒や壁にかかりて種袋/田中冬二

鳶の笛きく料峭の展望台/武田光子

春寒く貝殻骨を鳴らし臥す/石塚友二

春寒やきざみ鋭き小菊の芽/杉田久女

料峭の鴨颯々と行き交うて/高澤良一

料峭や下足札には木目浮く/小山健介

料峭や人頼らむとしたりし愚/安住敦

料峭や山門不幸の札立てて/福川悠子

春寒し心を閉ざしゐる時は/稲畑汀子

料峭や藁でくくりし鷹の爪/佐藤信子

料峭や風景なべて遠くにあり/山崎聰

映画館出て春寒の街となる/吉屋信子

春さむき月の宿りや山境ひ/飯田蛇笏

春寒の魚拓の円き目玉かな/高井邦子

春さむく人力車の溜り松蔭に/瀧春一

春寒し臼子ともいふ闇送り/佐藤鬼房

春さむく沖つ白浪草紙かな/橋石和栲

春寒しとばかり分つ袂かな/会津八一

春寒や船からあがる女づれ/永井荷風

いたつきや庵春さむき白衾/西島麥南

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ