季語/鳴子(なるこ)を使った俳句

「鳴子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳴子」について

【表記】鳴子

【読み方】なるこ

【ローマ字読み】naruko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・引板(ひた:hita)

・ひきいた(ひきいた:hikiita)

・鳴竿(なるさお:narusao)

・鳴子縄(なるこなわ:narukonawa)

・鳴子守(なるこもり:narukomori)

季節による分類

・「な」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鳴子を含む俳句例

家ありや煙の傅ふ鳴子縄/蕪村

山陰や誰呼子鳥引板の音/蕪村

粟畑や粟に垂れたる鳴子縄/抱琴

虫送る夜や先に立つ鳴子引/白雄

卒然と鳴子鳴りけり眼前に/篠原

山田守猿手の粟の鳴子かな/しげ

丈山の庵はいづこ引板の音/史邦

湖に岸離る舟や遠鳴子/尾崎迷堂

山里や水に引かせておく鳴子/一茶

朝の鳴子雫降らすが面白く/原石鼎

暁を引板屋にかはる妻もかな/秋色

總領の甚六と申す鳴子引/寺田寅彦

著述家の小を得て鳴子引/石井露月

鳴子引く翁芭蕉翁に似て/山口青邨

打よりて狐括りつ鳴子縄/尾崎紅葉

嫁入の行列囃せ鳴子引け/島田青峰

人帰り行くや鳴子の夕嵐/尾崎紅葉

水鳴子一つかゝるや山の池/萩原麦草

鳴子引く白き日輪眩しみつ/大熊輝一

朝戸出に露引きおとす鳴子かな/召波

俳句例:21句目~

鳴子繩切れて久しや雨の中/島田青峰

引板鳴るや己貫く険しさに/小林貴子

朝陽に大たるみせる鳴子縄/松村蒼石

鶏のきき耳立てる鳴子かな/井上井月

七十の腰も反する鳴子かな/榎本其角

刈株や山田の鳴子倒れ伏す/寺田寅彦

垣越に鳴子引きけり川向ひ/寺田寅彦

夕鳴子雀御寺へ飛んで行く/寺田寅彦

橋守の鳴子引き居る正午哉/寺田寅彦

蓼赤し野川にたるむ鳴子縄/石井露月

谷越に鳴子の縄や窓のうち/内藤丈草

終日や鳴子鳴りては雀飛ぶ/柳川春葉

弔問の月あきらかに遠鳴子/西島麦南

粟鳴子ま青き空に響きけり/岸風三楼

新らしき板もまじりて鳴子かな/太祇

日当りて向ふへ長し鳴子縄/高野素十

鳴子引日に五匁の麻をうむ/寺田寅彦

鳴子縄縦横の策を講ずらく/福田把栗

鳴子縄鶏頭の宿の小窓より/松下紫人

鳴子鳴り斑鳩に人今も住む/有馬朗人

俳句例:41句目~

昼飯に帰る合図の鳴子引く/河崎/初夫

きらきらと音に日のさす鳴子かな/鳳朗

鳴子でも鳴りそな峡の村構え/高澤良一

文珠会の僧月にひく鳴子かな/飯田蛇笏

寝物語の里の秋鳴る鳴子かな/尾崎迷堂

寝がへりに鹿をどろかす鳴子かな/一酌

もみにもんで夜嵐わたる鳴子かな/太祇

鳴子引入りたる障子灯りけり/芝不器男

小禽めが唯識所現の鳴子かな/幸田露伴

鳴子縄はただ薄闇に風雨かな/飯田蛇笏

火の山へ躍り上つて鳴子鳴る/村松紅花

稲穂浪鳴子進むが如くなり/島村元句集

秋晴や鳴子こけしの首鳴らし/福西一刀

白日の酒座しめやかに遠鳴子/西島麦南

雨蕭条山鳩来たる鳴子かな/島村元句集

丈山は宵寝がちなり引板の音/中川四明

風の日は余所の仕事を鳴子かな/千代尼

きこえけり鳴子の外の里の音/尾崎迷堂

思はずよ壁の穴より引板の縄/佐藤紅緑

早乙女も引板曳秋と成にけり/高井几董

俳句例:61句目~

修道尼鳴子ひくべく出で来ずや/森田峠

秋分の日のすぢかひや鳴子縄/織田烏不関

鳴子引いて日々の入日を歓べり/島田青峰

羯鼓うつ音にこだます鳴子かな/岡本松浜

背の子のひつぱりたがる鳴子哉/寺田寅彦

金粉の散ると見えたる鳴子かな/野村喜舟

長き縄引きたるあとに鳴子鳴る/鷹羽狩行

陶土練る手を休めては鳴子引く/石川文子

隣人の午にもどりし鳴子かな/金尾梅の門

雀翔ち鳴子すぐには鳴りやまず/津田清子

鳴子守用なき鳴子ひきにけり/軽部烏頭子

あきつとぶひかり薄れつ夕鳴子/西島麦南

鳴子引く誰の役目といふでなく/市村不先

あし早き雲の蹴て行く鳴子かな/高井几董

からからと刈田に残る鳴子かな/五車反古

鳴子縄たれてみのりし陸稲かな/高浜虚子

からからと鳴子の音の空に消え/高浜虚子

鳴子縄子らをたのみの高さとす/森田燕史

くずの葉も吹くや鳴子のうら表/黒柳召波

大原や鳴子こだますよき日和/高橋淡路女

俳句例:81句目~

居ながらに鳴子綱引く納屋仕事/片岡紫舟

引かで鳴る夜の鳴子の淋しさよ/夏目漱石

引かひもなきや鳴子のばらゝ黍/松岡青蘿

引く人もなくて山田の鳴子かな/高浜虚子

我が引きし鳴子の音を我は聞く/高田蝶衣

戯れに刈田の鳴子鳴らしけり/高橋淡路女

引板鳴るや峰より谷へ朝もよひ/島田青峰

晴天にからからとひく鳴子かな/村上鬼城

生き死にのほかなる鳴子一二声/飯田蛇笏

病閑に侍するにたへず鳴子ひく/飯田蛇笏

水尽きて引きとる息や引板の音/黒柳召波

鳥立ちしあとも鳴子の鳴りやまず/中村汀女

窓に手が出でて鳴子を引きにけり/中原一樹

北風吹くや鳴子こけしの首が鳴る/菖蒲あや

鳴子鳴るえりに入日の燃ゆるとき/竹中春男

からからと鳴子鳴るなり霧の中/吉野左衛門

おだやかな日射しに長し鳴子縄/岡松あいこ

落柿舎をいづれば鳴子うしろより/岸風三楼

鳴子引く蒼穹を引き緊めんため/山田みづえ

鳴子縄引きたしかめて出来上り/須々木清子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ