季語/生姜(しょうが)を使った俳句

「生姜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「生姜」について

【表記】生姜

【読み方】しょうが

【ローマ字読み】shoga

子季語・関連季語・傍題・類語など

・薑(はじかみ:hajikami_)

・葉生姜(はしょうが:hashoga)

・くれのはじかみ(くれのはじかみ:kurenohajikami)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

生姜を含む俳句例

熱飯に紅生姜夏百日来/森澄雄

新生姜水に浸して姉の盆/原田喬

染付の皿鮎鮓の紅生姜/河野伸子

置所変る厨の生姜かな/高濱虚子

薑のにほふ夕暮市をゆく/高澤良一

石に針生姜も入らず清水かな/秋色

極月や紅き生姜の水の中/平井照敏

其の上の生姜畑の芝秋暑/高澤良一

割箸に紅生姜あと生身魂/鷹羽狩行

薑に梅酢色づく一夜かな/松瀬青々

朝川の薑を洗ふ匂ひかな/正岡子規

羅の如母佇ちぬ生姜畑/川田由美子

じだらくに命惜しまむ新生姜/森澄雄

新生姜洗ひし水の走り出す/伊藤通明

ふるさとの山動かざり新生姜/神蔵器

梅雨深し煮返すものに生姜の香/時彦

一杯屋下物莫迦貝と新生姜/石塚友二

癌研を出で来し街に新生姜/会美翠苑

薑や一度は紙のごと炎えたと/竹中宏

薑やひとりすさみの朝茶漬/尾崎紅葉

俳句例:21句目~

薑の谷中過きけるもの床し/尾崎紅葉

大いなる益子の皿に新生姜/桑原月穂

さびしきは冷し中華の紅生姜/望月秀子

鮮明に朝がはじまる新生姜/上田五千石

すつぱりと葉先は落す新生姜/嶋田麻紀

鰺鮓の生姜の匂ふふたりの夜/田村恵子

はじかみの薄紅見ゆる厨かな/松瀬青々

はじかみや妻の匂へる夜の厨/小坂文之

秋たつやはじかみ漬もすみきつて/来山

一束の葉生姜ひたす野川かな/子規句集

陵へ食ひ込みゐたる生姜畑/瀧澤伊代次

包みたる神明生姜よく匂ひ/深見けん二

大いなる生姜の束を出品す/稗田/時子

大念佛飯に染みたる紅生姜/小島千架子

平穏といふ新生姜噛んでをり/西村信男

恥らひて紅のほのかに新生姜/今泉貞鳳

恥らひの紅ほんのりと新生姜/小西四郎

掘り上げて夜風匂へり生姜畑/斎藤道子

新生姜いちどは欲りし妻の座よ/樋笠文

新生姜兄妹の灯のなにげなし/小池文子

俳句例:41句目~

新生姜洗ふしぶきを香らせて/後藤信子

新生姜点すに早くなりにけり/荒井正隆

曳八百屋新生姜匂はせ来たる/石塚友二

武田菱畑の生姜と変りけり/百合山羽公

洗はれてつるつるの股新生姜/辻田克巳

浦に白波立ちやすき日や新生姜/中拓夫

生姜売る巫女の袴も生姜いろ/高澤良一

紫蘇生姜のせて冷え増す冷奴/土生重次

葉生姜の匂ひや添へて菊の露/中村史邦

葉生姜の香りをこぼす引売女/岡野富枝

葉生姜や山うごかして水を汲む/上村占

葉生姜や雲起る祖のわが筑紫/今村俊三

薑を噛みて妄語の乱れけり/相生垣瓜人

行商の婆と乗り来る生姜の香/溝口昭二

路に桶出して八百屋の新生姜/島田芳恵

薑に曾て夫子も飽かざりき/相生垣瓜人

薑を措きて膚浅のものを咀む/相生垣瓜人

新生姜抜けば香りの土こぼす/小川ユキ子

雨降つてをり掘りかけの生姜畑/多田薙石

葉生姜にたばしる雨の祭かな/鈴木しげを

俳句例:61句目~

生姜掘りこれより深く峡に住む/小島久子

他界より来てまた帰る生姜売り/藤原月彦

新生姜うらはづかしく洗はるる/邊見京子

はじかみを切りし刃物も厨の夜/山口誓子

葉生姜をゆさぶつてゐる雨少女/熊谷愛子

葉生姜を置けば灯火をはみ出せり/原田喬

薄紅き酢漬けの生姜秋桜子忌/秋川ハルミ

川風や加賀のじぶ煮の生姜の香/吉田紫乃

土佐人のことば飾らず生姜掘る/岩城鹿水

命惜しむ如葉生姜を買ひて提ぐ/石田波郷

味噌汁に生姜の匂ひ爽やかな/小松崎爽青

初夏やかくやにかける摺り生姜/野村喜舟

葉生姜やかりゝかりゝと露の玉/川端茅舎

葉生姜やその香のありし耶蘇の父/森澄雄

新生姜しつかり者と見られをり/鈴木栄子

買うてゆけ神明生姜とめ組絵馬/高澤良一

恩愛やことに生姜の薄くれなゐ/栗栖浩誉

酢につけて生姜紅さす夕時雨/鈴木真砂女

なま鮭や擦生姜の匂ひ菊に似たり/渡邊水巴

ぬかみそへ漬けし生姜の秋涼し/鈴木真砂女

俳句例:81句目~

ふるづけに刻む生姜や朝ぐもり/鈴木真砂女

我古りぬ硬き生姜を歯にあてて/佐藤惣之助

葉生姜のそろへ拳の売られけり/大木あまり

はじかみの熟れて紅涙つづりけり/仁科文男

しろがねのどろめのれそれ生姜擦れ/小澤實

秋まつり赤き生姜をきざみこぼす/加藤かけい

生姜摺りおろすさびしさ縷のごとし/奥坂まや

はじかみに水をあてては洗ふなり/鈴木しげを

はじかみを引きし香ながれ雨降りつ/中村四峰

ひとりふたりと死ぬ間や生姜きざまるる/中村苑子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ