季語/菜種梅雨(なたねづゆ)を使った俳句

「菜種梅雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菜種梅雨」について

【表記】菜種梅雨

【読み方】なたねづゆ

【ローマ字読み】natanezuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

菜種梅雨を含む俳句例

箱段に累代の艶菜種梅雨/藤岡筑邨

菜種梅雨針が一本胸の中/石田風女

堀留や荷風の好きな菜種梅雨/仁平勝

朝刊の匂ひをひらく菜種梅雨/井上雪

銭湯の廃業届け菜種梅雨/高杉杜詩花

菜種梅雨念仏の膝つめあわせ/桂信子

菜種梅雨輪送船にも女にも/攝津幸彦

舞良戸や人も仏も菜種梅雨/古舘曹人

幻に建つ都府楼や菜種梅雨/野村喜舟

菜種梅雨ことふる雨月物語/西本一都

戸障子の心張棒や菜種梅雨/山本洋子

旅籠傘棚番傘一本菜種梅雨/藤岡筑邨

病難の飯のしろたへ菜種梅雨/石原舟月

菜種梅雨体温残りゐる受話機/宮武寒々

端座して漂つており菜種梅雨/五島高資

競り台に牛の尻押す菜種梅雨/土屋保夫

ぬれがほを鏡に妻や菜種梅雨/森川暁水

菜種梅雨あかるく暗く先斗町/田中冬二

をうをうと爺が鳥呼ぶ菜種梅雨/原田喬

タンカーに豊葦原の菜種梅雨/岡あきら

俳句例:21句目~

菜種梅雨子の大足が家歩む/宮本由太加

菜種梅雨星現れてもう消へし/大熊義和

菜種梅雨畦いく筋も渓へ消え/河野南畦

菜種梅雨輪中の村を包みけり/大貫湖域

開帳の膝つめ合はす菜種梅雨/斉藤富雄

夜の明ける色に従ひ菜種梅雨/廣瀬直人

山科はあかるく暗く菜種梅雨/田中冬二

昼汽車のひと日の空費菜種梅雨/桂信子

油槽車の二重轍や菜種梅雨/殿村莵絲子

浚渫船泥吐きつづく菜種梅雨/道川虹洋

病難の飯しろたへに菜種梅雨/石原舟月

菜種梅雨トマト温室青みどろ/百合山羽公

かほぬれて門辺水仕や菜種梅雨/森川暁水

くしやみして厠に子ゐる菜種梅雨/飴山實

細川にみどりのくぐる菜種梅雨/松村蒼石

わが魔羅の日暮の色も菜種梅雨/加藤楸邨

亡き父が見ゆざわざわと菜種梅雨/中拓夫

人来ては籏ことを語る菜種梅雨/石田波郷

山の端のうす明りして菜種梅雨/山根貞子

咳こもごも流転身一つ菜種梅雨/目迫秩父

俳句例:41句目~

菜種梅雨わたくしはひとつの廃墟/山本掌

死へつづく病と思ふ菜種梅雨/古賀まり子

灯をとりにぬれ蝙蝠や菜種梅雨/森川暁水

菜種梅雨喉のどこかに魚の骨/宇多喜代子

菜種梅雨いまも負ひ目の昌寿の句/岸田稚

菜種梅雨かなたの母がまた縮む/坪内稔典

小店それなりの売上菜種梅雨/鈴木真砂女

縄樋を垂れ無人めく菜種梅雨/殿村莵絲子

菜種梅雨負け犬去りてわれ佇ちぬ/岸田稚

硝子戸も障子も閉ざし菜種梅雨/田中冬二

寺の炉に酒をたまふや菜種梅雨/細見綾子

菜種梅雨雲間におとすボールペン/平田薫

葛西善蔵全集今欲しし菜種梅雨/石川桂郎

大和路に塔みうしなふ菜種梅雨/遠山柚香

膝の上に結ふ水引や菜種梅雨/石田あき子

電卓の狂ひはじめて菜種梅雨/相河美智子

翅ぬれてかはほりとべり菜種梅雨/森川暁水

うつうつと鬱出られず菜種梅雨/加藤早記子

胎の子の消えてしまひし菜種梅雨/柚木紀子

伊勢路より伊賀に岐るる菜種梅雨/古舘曹人

俳句例:61句目~

唄はねば夜なべさびしや菜種梅雨/森川暁水

風に開く木戸がさびしや菜種梅雨/森川暁水

くらしの灯いきいき点す菜種梅雨/鈴木真砂女

庖丁を研ぎにほはせて菜種梅雨/長谷川浪々子

鯉痩せてしづかに浮かぶ菜種梅雨/福田甲子雄

菜種梅雨いちにちさむくけぶるなり/長谷川素逝

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ