季語/若緑(わかみどり)を使った俳句

「若緑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「若緑」について

【表記】若緑

【読み方】わかみどり

【ローマ字読み】wakamidori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・松の緑(まつのみどり:matsunomidori)

・初緑(はつみどり:hatsumidori)

・緑立つ(みどりたつ:midoritatsu)

・松の芯(まつのしん:matsunoshin)

季節による分類

・「わ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

若緑を含む俳句例

飛鳥に軽々座る若緑/大森知子

若緑天上天下皆独尊/阿部宗一郎

誰が為か東京に佇つ若緑/齋藤玄

黒ぼこの松のそだちや若緑/土芳

南風に粉を散す松の若緑/正岡子規

若緑鎌倉の子の異人めき/宮坂静生

たのもしや二尺の松の若緑/正岡子規

海鳴りにはなやぐ岩の若緑/津根元潮

若緑雨の茶会の風情あり/岩下美奈子

風交といふよき名あれ若緑/佐藤鬼房

鴉また物くはへ飛ぶ若緑/大峯あきら

飲めやうたへ神の連理の若緑/上島鬼貫

逝きし子の植ゑし茶の木の若緑/秋山露子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ