季語/木瓜の花(ぼけのはな)を使った俳句

「木瓜の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木瓜の花」について

【表記】木瓜の花

【読み方】ぼけのはな

【ローマ字読み】bokenohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花木瓜(はなぼけ:hanaboke)

・緋木瓜(ひぼけ:hiboke)

・白木瓜(しろぼけ:shiroboke)

・更紗木瓜(さらさぼけ:sarasaboke)

・蜀木瓜(しょくぼけ:shokuboke)

・広東木瓜(カントンぼけ:kantomboke)

・後天木瓜(こうてんぼけ:kotemboke)

・唐木瓜(からぼけ:karaboke)

季節による分類

・「ほ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

木瓜の花を含む俳句例

紬着る人見送るや木瓜の花/許六

紬着る客に取つけ木瓜の花/許六

白木瓜の庭美しき実朝忌/小原菁々子

山柴に木瓜咲く杣の厠かな/石原舟月

雲助の裸で寝たる緋木瓜かな/泉鏡花

死顔を逸れて夢なす木瓜の花/和田悟朗

更紗木瓜独壇場の入日どき/小檜山繁子

烏には近よりがたき木瓜の花/大島邦子

老妻のせちに水やる更紗木瓜/山口青邨

草臥れて地にとりつくや木瓜の花/残香

籠浸けしあたり濁りぬ木瓜の花/中田剛

寒木瓜咲く窯元の裏相似たり/高澤良一

木瓜咲くや漱石拙を守るべく/夏目漱石

木瓜咲くや木目のふかき在所仏/飴山實

木瓜の花紅し物慾断ちがたし/日野草城

革足袋や野はあたたかに木瓜の花/銭し

木瓜の花食卓午后になりゆく/瀧井孝作

木瓜咲いて山に一つの喫茶店/村井/流水

木瓜咲くや巻藁にさす雛の首/岩城のり子

つつくりと雉子づくなるや木瓜の花/露川

俳句例:21句目~

ロごたへすまじと思ふ木瓜の花/星野立子

口ごたへすまじと思ふ木瓜の花/星野立子

家づとの和菓子重しよ木瓜の花/石川桂郎

恥らひて貧にな慣れそ木瓜の花/小林康治

日ごたへすまじと思ふ木瓜の花/星野立子

木瓜の花こぼれし如く低う咲く/大谷句仏

木瓜の花風吹くたびに山乾く/福田甲子雄

花木瓜に刺され常なき荒ら言葉/河野南畦

花木瓜の底のあら土見えにけり/芝不器男

花木瓜の根を寄せあふに筧かな/石川桂郎

花木瓜や土ををろがむ仏達/長谷川かな女

飛びつ切り上等の旭が花木瓜に/高澤良一

掛鏡死して緋木瓜になりたるよ/栗林千津

更紗木瓜解けば風あり植木市/水原秋櫻子

木瓜咲いて天日近き山家あり/大峯あきら

その愚には及ぶべからず木瓜の花/夏目漱石

帰り咲く木瓜に筵を着せにけり/墓田まさこ

平氏二十三代緋木瓜つぶらにて/鷲谷七菜子

花木瓜に絹ひく雨のふれにけり/小路智壽子

海苔乾くしづかな音や木瓜の花/小原菁々子

俳句例:41句目~

木瓜一輪いらだち咲けり秋の雨/佐野青陽人

わが跫音聴きし母亡く木瓜咲きぬ/堀口星眠

夫掃き給ふ庭の木瓜咲きこやりゐる/及川貞

木瓜咲いて鴉の羽根の落ちてゐる/岸本尚毅

木瓜の花自然治癒力を医師も俟つ/相馬遷子

木瓜咲くや日南好みて縁に縫ふ/高橋淡路女

木瓜の花今日一日をつゝがなく/福嶋/紀蘇

木瓜の花もってまはらぬ俳句好し/高澤良一

母を訪ふひととき明し更紗木瓜/山田みづえ

浮雲の影あまた過ぎ木瓜ひらく/水原秋櫻子

炭竃ほとり木瓜咲き出でぬ寒日和/吉田冬葉

画に遊ぶサロンの冬を木瓜咲きぬ/渡邊水巴

太陽にミルクをこぼす木瓜の花/杉浦はるか

白木瓜や乳ふふませし日のありぬ/吉野義子

降りつつむ雨の明るし更紗木瓜/水原秋櫻子

犬コロのやつと腹這ふ木瓜咲いて/富田木歩

脱ぐ仮面なし花木瓜のねむきいろ/柴田白葉女

木瓜咲きぬ歯と飯茶碗欠けもせで/秋元不死男

木瓜咲けば遠嶺も春にかへりけり/石橋辰之助

花木瓜の地にこぼしてぞ琴を抱く/河野多希女

俳句例:61句目~

めくばせをして木瓜の花ひらきけり/藤岡筑邨

腹空けばそのことばかり更紗木瓜/八木林之助

退職勧められ来ぽつりと木瓜咲くか/羽部洞然

うやむやのむにやむにやの枝木瓜の花/伊藤トキノ

てうちてうちあはゝと緋木瓜咲きにけり/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ