季語/夏羽織(なつばおり)を使った俳句

「夏羽織」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏羽織」について

【表記】夏羽織

【読み方】なつばおり

【ローマ字読み】natsubaori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・単羽織(ひとえばおり:hitoebaori)

・薄羽織(うすばおり:usubaori)

・麻羽織(あさばおり:asabaori)

・絽羽織(ろばおり:robaori)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏羽織を含む俳句例

桟橋や横に吹るゝ夏羽織/翠哉

光景に関心消えて夏羽織/上村占

鯨捕り黒き腕に夏羽織/前田普羅

側に置て着ぬ断や夏羽織/炭太祇

夏羽織月下を戻る役者哉/篠崎霞山

薄羽織袂に放つ螢かな/高橋淡路女

渦潮の風の岬の薄羽織/稲垣きくの

場所入や関取衆の夏羽織/太田南岳

夏羽織暁靄に着たりけり/増田龍雨

人中にいでて大暑の薄羽織/石原舟月

印籠の蒔絵の金ンや夏羽織/野村喜舟

夏羽織たゝみて竹の乱れ箱/中川四明

夏羽織白き単衣を愛すかな/内藤鳴雪

夏羽織皺見ぐるしく旅終る/日野草城

夏羽織着て下町へ妻とかな/臼田亞浪

夏羽織羽織て立ちて外出めき/高浜年尾

いつか身にそうて形見の夏羽織/今村青

むつかしき好みの紐や薄羽織/野村喜舟

をかしさや吏の面目の薄羽織/野村喜舟

夏羽織連句の席にたゝむかな/野村喜舟

俳句例:21句目~

年月の重石のききし夏羽織/小檜山繁子

別れ端や笠手に提げて夏羽織/松尾芭蕉

帯の柄すけて見えをり夏羽織/要永柳女

山駕籠や膝にたゝみし夏羽織/吉田冬葉

夏羽織渺々と我世つゞきけり/中島月笠

夏羽織短き紐のそらほどけ/高橋淡路女

潮風に吹かれたかぶり夏羽織/日野草城

夏羽織脱いで謡のけいこかな/高濱年尾

絽羽織の幇間の居る都電かな/都筑智子

老どちは秋彼岸会の薄羽織/高橋淡路女

夏羽織我を離れて飛ばんとす/正岡子規

身にからむ単羽織もうき世哉/榎本其角

手に持ば手にわづらはし夏羽織/高井几董

あととりや人と成りたる夏羽織/鈴木花蓑

真打チとならで老いけり夏羽織/名見崎新

四十未だ絽羽織たたむ膝を容れ/関戸靖子

紫陽花や黒の絽羽織しつとりと/渡邊水巴

絽羽織の似合ひて別れ惜しかりし/星野椿

夏羽織買ふほど富まず寧かりし/白川京子

吹きつけて痩せたる人や夏羽織/高濱虚子

俳句例:41句目~

薄羽織たゝむ灯に来し竃馬かな/中島月笠

薄羽織ぬいでたゝみぬ椿餅/阿部みどり女

薄羽織空濃きいろに着て病まず/野沢節子

居流れて田を遠景や薄羽織/長谷川かな女

座を立てば畳み置かれぬ夏羽織/小杉余子

ひつかけて行く衛も知らず夏羽織/会津八一

せつかちな江戸つ子ならめ夏羽織/筑紫磐井

夏羽織われをはなれて飛ばんとす/正岡子規

目を閉づる癖つく病後夏羽織/阿部みどり女

薄羽織落ちしままなる衣紋竹/長谷川かな女

薄羽織路に別れていづこかな/長谷川かな女

世話方といふいでたちの夏羽織/広瀬ひろし

身のおちめかばふ絽羽織着たりけり/高橋潤

夏羽織馴れしこの椅子このきしみ/加倉井秋を

オラシヨ誦し律儀に老いて夏羽織/小原菁々子

紋のなき夏羽織被て書庫を守る/竹下しづの女

生きがたみ伯母にいたゞく夏羽織/嶋川/ミサオ

身のほどを知る夏羽織着たりけり/久保田万太郎

夕陰や片がは町の薄羽織/一茶/享和三年癸亥

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ