季語/葎(むぐら)を使った俳句

「葎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葎」について

【表記】葎

【読み方】むぐら

【ローマ字読み】mugura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・金葎(かなむぐら:kanamugura)

・八重葎(やえむぐら:yaemugura)

・葎生(むぐらう:mugurau)

・葎の宿(むぐらのやど:muguranoyado)

・葎の門(むぐらのかど:muguranokado)

・もぐら(もぐら:mogura)

・四葉むぐら(よつばむぐら:yotsubamugura)

・山むぐら(やまむぐら:yamamugura)

・花むぐら(はなむぐら:hanamugura)

・菊むぐら(きくむぐら:kikumugura)

・草むぐら(くさむぐら:kusamugura)

・葎茂る(むぐらしげる:mugurashigeru)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

葎を含む俳句例

筍や狢の穴の葎より/泉鏡花

鐘樓の瓦に露の葎哉/寺田寅彦

砧更て月は葎に隠れけり/成美

人類の大発生や夏葎/和田悟朗

山廟や露の葎に鬼瓦/寺田寅彦

廃院や葎の中に帰り花/田中寒楼

邯鄲の市栄えをり夕葎/堀口星眠

夏切や細川殿の八重むぐら/才麿

人集ひ平等院は葎の雨/吉田哲子

露葎鴉のあそぶ松少し/石田波郷

砂町に顔洗ひをり露葎/石塚友二

露の玉百千万も葎かな/川端茅舎

凩や葎を楯に家鴨二羽/子規句集

逍遥の神父を濡らす露葎/向井秀

露葎まだやはらかき蝉の殻/竹代

露草の咲き鏤めし露葎/福田蓼汀

月代や人に近づく八重葎/岸田稚

藪椿門は葎の若葉かな/松尾芭蕉

夏葎寒風山の見える駅/高澤良一

夏葎掃出窓の高さほど/高澤良一

俳句例:21句目~

葎より一つ授る龍の玉/加藤耕子

無縁仏月の葎に半没す/安藤綾子

葎のみ茂り戦跡崖残す/北野民夫

花火見の人現はれし葎かな/岸田稚

朝鵙や尚これよりの露葎/中村汀女

裏窓に葎せまれり鮎番屋/野沢節子

明月や葎の中の水たまり/西山泊雲

出て来たる玉の日輪露葎/茨木和生

北風や小草萌え居る葎底/西山泊雲

山鳥の尾羽あまれり露葎/根岸善雄

行逢うて相食む虫や露葎/野村泊月

恋の句を消してしまえば露葎/原裕

白猫のひらりと沈む金葎/渡部良子

甘橿の丘訪ふべくも露葎/野村泊月

夏葎ふと誕生の匂ひかな/柿本多映

夏葎人を葬ることに馴れ/高澤良一

夏葎埃立たせて雨の来る/高澤良一

麦の穂を葎のからむ戸口かな/樗堂

露葎眺むることを祈とす/下村槐太

葎生や猫には猫の通ひ道/加藤知子

俳句例:41句目~

露葎より翔つ蝶の翅重し/高澤良一

敦盛の兜はかなき葎かな/野中亮介

夫婦して月の葎を素通りす/岸田稚

妻受胎どつと犇めく露葎/清水基吉

宇津谷の葎叩きの雨上る/高澤良一

メジ口にも言葉仇のある葎/澁谷道

芋植ゑて門は葎の若葉哉/松尾芭蕉

小綬鳥の抱卵にかす庭葎/堀口星眠

小綬鶏が地走る先や露葎/石川桂郎

終の目に何が出づるや露葎/上村占

山崩れ跡消ゆ葎若葉かな/河野美奇

早立ちの声過ぎゆけり露葎/桂信子

山涼し葎に星の低ければ/廣瀬直人

豆腐屋の裏口くらし花葎/ほんだゆき

露葎遠き思ひに昨日の暑/大岳水一路

むぐらさへ若葉はやさし破れ家/芭蕉

葎にもゑみて見ゆるやけふの月/たつ

かれ葎かなぐり捨もせざりけり/一茶

さしこもる葎の友かふゆなうり/芭蕉

ビルとビルの隙八重葎籃坂/六本和子

俳句例:61句目~

二童子の長けしを祝う夏葎/和田悟朗

光り出づ深き露あり八重葎/皆吉爽雨

八朔や葎の母の無事を問ふ/松瀬青々

否も諾もあらぬ焦土の露葎/下村槐太

団栗の葎に落ちてくゞる音/鈴木花蓑

国友は路地に尽きたり金葎/瀬川公馨

夜々あやし葎の月にあそぶ我は/石鼎

春雨や嵩ばり萌えて八重葎/西山泊雲

昼顔や種も蒔かれぬ八重葎/尾崎紅葉

人の世のおほ方経しか露葎/石塚友二

泉水へと人没し去る葎かな/高浜虚子

罌麦の細きに過きし八重葎/尾崎紅葉

老獪に八重葎より逞しき/三輪田育夫

葎にもゑみて見ゆるやけふの月/たつ

葎さへ若葉はやさし破れ家/松尾芭蕉

葎はむ馬にじや~ばり烏瓜/清原枴童

葎若葉都を離れ住み馴れし/内藤一進

蔓のばし葎若葉の色のぼる/嶋田一歩

街道はこれから灼けむ露葎/高澤良一

あさがほや夜は葎のばくち宿/向井去来

俳句例:81句目~

あたたかきもの牛馬のみ露葎/栗生純夫

いづこより月のさし居る葎哉/前田普羅

かぐや姫かへりし跡の八重葎/椎名書子

毬栗のはぜかかりゐる八重葎/飯田蛇笏

ハライソはこの真上にて露葎/高澤良一

寒禽の撃たれてかゝる葎かな/飯田蛇笏

月夜かな霊衣被ける葎かな/河原枇杷男

下闇や真葛這ひ咲く一と葎/田中田士英

露葎妻を呼ばむと目守りをり/杉山岳陽

露葎教師眼鏡を掛けはじめ/冨田みのる

月しろのしばらく間ある露葎/飯田蛇笏

葎とは知れず若葉のただ匂ふ/守屋明俊

とかくして居つく一葉や葎底/西山泊雲

山賎のおとがひ閉づる葎かな/松尾芭蕉

夕立のしぶきげむりや八重葎/野村泊月

葎わけ手きず脛きず知命なる/川村六菖

夏近く葎のしづくこぼれけり/松瀬青々

癩園へ道ひとすぢの葎かな/清戸一径子

こゑ立てぬ鳥の始終を露葎/鷲谷七菜子

黄鶲や葎に入ればびびと鳴る/依光陽子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ