季語/日焼(ひやけ)を使った俳句

「日焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日焼」について

【表記】日焼

【読み方】ひやけ

【ローマ字読み】hiyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・日焼止め(ひやけどめ:hiyakedome)

・潮焼(しおやけ:shioyake)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

日焼を含む俳句例

千曲川磧日焼の杏干/森澄雄

日焼田や折折つらく鳴蛙/乙州

日焼憚らず国訛憚らず/品川鈴子

一日の休を釣に日焼けり/上村占

帆走の日焼の腕献血す/吉田節子

筵旗朽つるにまかせ女日焼/柏禎

断食の掟を守る日焼人/山本歩禅

妹の日焼からかひ兄不仲/緒方初美

日焼畑蟻の営みあら~と/松藤夏山

泡盛に島の恋うた日焼翁/大東晶子

日焼して男の如き伝道婦/景山筍吉

祭面取り潮焼の顔ばかり/橋本榮治

鎌倉は松の莟さに日焼人/島田青峰

一番茶すみし日焼の女衆/澤木欣一

一番茶終り日焼けの女衆/沢木欣一

襟足に残る日焼や舞踏会/櫻岡素子

日焼農夫聖水受くる頬緊めて/林翔

先生に日焼顔見す診察日/高澤良一

潮焼の男ばかりの踊かな/梶山さなゑ

橙の皮錆び日焼の老父病む/香西照雄

俳句例:21句目~

日焼顔揃ひて糶の始まりぬ/山本信子

実家にて油売りくる日焼妻/高澤良一

鼻尖の日焼けも旅の疲れかな/仁平勝

小麦色に日焼をしても中年か/樋笠文

浦の子の日焼甲乙つけ難く/山田弘子

日焼して海の訓練終へ戻る/山田弘子

含羞の農学校生日焼濃し/能村登四郎

日焼けして二等船室雑寝組/高澤良一

野茨や日焼けて細き子等が脛/原石鼎

赤道下かくは戦ひかく日焼け/及川貞

日焼して男は腕より寂ぶる/水上陽三

島住みのいまも童眸日焼顔/福永耕二

人生の皺をたゝめる日焼顔/小島隆保

泳ぎし髪洗ふ遠杉も日焼いろ/中拓夫

位牌たゞ日焼畳に置けるのみ/森田峠

日焼持す面魂の頬削ぎつつ/香西照雄

水白く湛へて吸はず日焼苔/野村泊月

日焼して娘盛りを渡舟守/田草川一求

俳諧の旅に日焼けし汝かな/高浜虚子

豌豆の中に日焼けし父の顔/廣瀬直人

俳句例:41句目~

激情を日焼の顔の皺に見し/星野立子

わが腕日焼けて離郷八年目/沼澤石次

日焼翁御塩焼く業伝へけり/衣川砂生

再会や丘の母校は日焼け顔/峠谷清広

日焼子の白尻父に少女めき/石川桂郎

天に代りて日焼児の尻をぶつ/楠節子

半世の苦節に日焼老牧師/保田白帆子

頬骨のことに日焼けし売り/木村里風子

いち早く独身貴族てふ日焼/堀之内和子

うす日焼して憂鬱のはだへかな/岸田稚

お茶運び来しは日焼の少年よ/山田弘子

驢馬曳いて日焼童女が河渡る/佐川広治

高台に住む代償の日焼とも/水田むつみ

今年竹すでに潮焼け安房の国/大屋達治

汐焼けの膚のしまりや夜の秋/太田鴻村

潮焼の少女に初潮来たりけり/角川春樹

潮焼の漁夫の太腕茅の輪結ふ/松本幹雄

どの顔も反原発の日焼けかな/武田涓滴

日焼けたる漁師ばかりや菖詣/松藤夏山

日焼け船長白髭殖やし上陸す/佐川広治

俳句例:61句目~

老人がゐて汐焼の猫じやらし/細川加賀

日焼してこの浦浜に育つ子よ/渡辺汀人

日焼してこの頃の吾子反抗期/山田弘子

日焼して受験地獄はもう遥か/山田弘子

テニス部に入り忽ち日焼娘に/山田弘子

デモ日焼田植日焼と集へる座/亀井糸游

日焼して悪童相となりたるよ/石塚友二

日焼して海の匂ひのする人等/野崎加栄

日焼して盤石の句碑在しけり/渡辺恭子

日焼して磐石の句碑在しけり/渡辺恭子

一日の浜辺の日焼もてあます/高木晴子

万博に日焼を加ふ農婦たち/猿橋統流子

日焼して笑ひ羅漢と向ひ合ふ/広瀬直人

中年の日焼といふを怖れをり/山田弘子

日焼せし若き歩調とすれ違ふ/辻口静夫

日焼せる子の脛ながし星祭/猿橋統流子

日焼せる彼と彼女と町に逢ふ/高浜虚子

日焼の手種蒔くごとく投票す/奈良文夫

日焼人に松吹く風の通ひけり/島田青峰

日焼兵の敬礼の肘ドンと我へ/香西照雄

俳句例:81句目~

日焼子の寝顔さながら観世音/太田昌子

日焼子の尻のつめたき祭かな/松本文子

日焼子の背や紛れなき反抗期/大石悦子

南北米移民日焼し手を握る/保田白帆子

日焼子の頭突を父の胸が享く/高野典子

向日葵を生くるや日焼腕もて/亀井糸游

日焼子は賢しき答へ返しけり/五十崎朗

日焼濃き老農仁王の朱剥げて/香西照雄

日焼田や二反はからき落し水/正岡子規

四五日の旅を語りて日焼して/小野白湖

早苗饗や髪撫でつけし日焼妻/高野素十

塩田夫日焼け極まり青ざめぬ/沢木欣一

杳き日の恋の日焼の肩の雀斑/鈴木栄子

梨棚に仕へ日焼をさづかりぬ/栗生純夫

氷川丸船上にゐて日焼せり/今井杏太郎

海の日焼子山の日焼子地蔵盆/飯田龍太

奥蝦夷の旅も七日よ日焼たり/高濱年尾

海士老いぬ酒焼の胸日焼の背/福永耕二

白凪に鼻の日焼の見られけり/臼田亞浪

美しく日焼けて父母に抗へり/庵/達雄

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ