季語/夏木立(なつこだち)を使った俳句

「夏木立」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏木立」について

【表記】夏木立

【読み方】なつこだち

【ローマ字読み】natsukodachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏木(なつき:natsuki)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏木立を含む俳句例

葬の四五人容るる夏木立/稚

又雨の太き糸見え夏木立/立子

木啄も庵は破らず夏木立/芭蕉

息災の一つの顔も夏木立/上村占

石摺を鬻ぐ翁や夏木立/野村泊月

炉に一夜あと西東夏木立/上村占

仇討の跡とし経りぬ夏木立/几董

高麗人の旅の厠や夏木立/炭太祇

山椒秘めて林泉夏木立/吉屋信子

人声に蛭の降るなり夏木立/一茶

藩邸を校舎とせし夏木立/上村占

勿論也とは思へども夏木立/重頼

南面に篁嶮し母校の夏/木村蕪城

椎夏木當麻を謡ふ二重顎/竹中宏

大夏木斎き永禄兵燹碑/西本一都

鳩の声肩にとどくや夏木立/麦水

天辺は空の接点大夏木/稲畑汀子

大夏木齋き永禄兵燹碑/西本一都

鉛筆で寸法計る夏木立/高澤良一

雫垂る仏の頬や夏木立/水田正秀

俳句例:21句目~

ラブレエに厨三尺夏木立/小池文子

甘き香は何の花ぞも夏木立/炭太祇

夏木立絵巻物とは剥落す/岩田由美

夜渡る川のめあてや夏木立/炭太祇

並松や行列ありし夏木立/服部嵐雪

酒十駄ゆりもて行くや夏木立/蕪村

夭折の素描を蔵す夏木立/山本洋子

いづこより礫うちけむ夏木立/蕪村

流目に僧ふたりほど夏木立/中田剛

歩み来ぬ早瀬はあとに夏木立/白雄

夏木にも瓜蠅とべり峠畑/飯田蛇笏

放参の鐘鳴かたや夏木立/高井几董

一水の韻の貫く夏木立/つじ加代子

大夏木打ち立てりけり我思惟/虚子

赤彦に槻の歌あり大夏木/西本一都

物おもう我をうとむか夏木立/間石

晴天へ虫とばしをり大夏木/上村占

凌霄の雨の落花や夏木立/会津八一

大夏木見て過ぐ町の名は穂高/古郷

二児寝しや一路夕浸む夏木叢/龍太

俳句例:41句目~

大雨に幹かすみけり夏木立/中田剛

幹に鹽噴きをり島の大夏木/上野泰

斉館の昼を灯して夏木立/冨永津耶

町騒の中の湯島の夏木立/秋山花笠

釣堀や隠居と語る夏木立/滝井孝作

我犬の聞き耳や何夏木立/高浜虚子

院宣や夏草夏木振ひ立ち/子規句集

雨浸みて巌の如き大夏木/高浜虚子

碁を崩す音かすかなり夏木立/嵐山

新宮の丹の美しき夏木立/遠藤梧逸

渓流の上に大きな夏木かげ/高野素十

混浴の刻ゆるやかに夏木立/山崎秋穂

山荘へ駅よりつづく夏木立/小谷久子

水辺まで根の及びをる大夏木/上村占

筆硯の一間ありけり夏木立/山本洋子

神太鼓ひびき納めし夏木立/高嶋富子

拝観の眼を休ませて夏木立/関根章子

棟梁の材ばかりなり夏木立/高浜虚子

本堂の開け放されて夏木立/伊藤たけ

木登りを父の肩より大夏木/高橋絹代

俳句例:61句目~

山繭の蛾を飼ふ籠や夏木宿/吉田冬葉

人偲ぶとは語ること夏木立/大井雅人

人去りて神の残りし夏木立/香下寿外

安房上総うしろに当つて夏木立/嵐竹

寛政の絵馬の嘶き夏木立/中村みよ子

我名呼ぶ如き鳥あり夏木立/鈴木花蓑

大夏木日を遮りて餘りある/高浜虚子

傷もまたかく育ちつゝ大夏木/上野泰

傾ぎたることの安定大夏木/小田尚輝

其の奥に禅堂はあり夏木立/高浜年尾

炎上のあとを止めて夏木立/高野素十

切支丹屋敷のうらの夏木立/鳥井信行

夏木立幻住庵はなかりけり/正岡子規

木つつきも庵は破らず夏木立/ばせを

身を隠す棒一本や夏木立/長谷川秋子

妖僧を此所に葬りき夏木立/会津八一

その奥に禅堂はあり夏木立/高濱年尾

荒海や夏木の島を傾くる/松根東洋城

引越して近所変りし夏木立/嶋田一歩

箒目の匂いのままの夏木立/姉崎蕗子

俳句例:81句目~

青不動夏木夏影日々に濃く/福田蓼汀

飽食のからす高枝に夏木立/飯田蛇笏

ふり向いて老女が行けり夏木立/舟月

夏木立映して山湖静止せり/直原玉青

信濃路は夏木にまじる蔵白く/巌谷小波

先ず頼む椎の木もあり夏木立/松尾芭蕉

利根の帆ののさばり出たり夏木立/一瓢

制服の見えかくれゆく夏木立/大崎晶子

十三陵十二飛ばして夏木立/赤松ケイ子

夏木何や能の芝居の道成寺/松根東洋城

夏木立ざわつく又も一荒れか/石塚友二

夏木立タイムスリツプして翡翠/安西篤

夏木立一とかたまりに桶狭間/高野素十

夏木立佩くや深山の腰ふさげ/松尾芭蕉

夏木立宇治は名所の多かりき/井上井月

夏木立安心無事のたたづまひ/佐藤篤子

夏木立村あるべくも見えぬ哉/正岡子規

夏木立滝の頭を籠めにけり/東洋城千句

夏木立生肉檻に投げこめり/山下知津子

夏木立疾くめぐらせよ忠霊碑/沢木欣一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ