季語/夏蜜柑(なつみかん)を使った俳句

「夏蜜柑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏蜜柑」について

【表記】夏蜜柑

【読み方】なつみかん

【ローマ字読み】natsumikan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏橙(なつだい:natsudai)

・夏柑(なつかん:natsukan)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

夏蜜柑を含む俳句例

姉若く妹老いぬ夏蜜柑/小澤實

海渡りたし爪深く夏蜜柑/中拓夫

夏蜜柑一皮一皮渓流へ/右城暮石

夏蜜柑人親切に空青く/京極杞陽

欠航の風の苦しき夏蜜柑/和知喜八

満山の仏とあそぶ夏蜜柑/加藤楸邨

夏柑の徴動だもなし年酒享く/原裕

黒汐の海夏蜜柑落果して/右城暮石

花匂う枝を撓めて夏蜜柑/和知喜八

割る時の親指太し夏蜜柑/今瀬剛一

山吹の返り咲あり夏蜜柑/子規句集

蟇交る一夜あまたの夏柑落つ/中拓夫

渋滞の車窓より買ふ夏蜜柑/飯田弘子

滝の前深く刃入れる夏蜜柑/沢木欣一

遺言の真ん中にある夏蜜柑/久保純夫

墓石に映つてゐるは夏蜜柑/岸本尚毅

ラテン語の風格にして夏蜜柑/橋間石

一つ年とつて雪降る夏蜜柑/和知喜八

夏柑の不器量青空市晴れて/高井北杜

夏柑の皮浮く島に接岸す/稲垣きくの

俳句例:21句目~

枯草山夏柑は色ととのへて/松村蒼石

夏みかんもぐや瞬く海の星/西村和子

妻の顔夏蜜柑剥くはや酸かり/森澄雄

夏蜜柑夫とわかちて海眩し/岡村月子

夏みかん良寛ここに発心す/高澤良一

夏蜜柑肝臓燃ゆる口に合ふ/相馬遷子

夏蜜柑海鳥こゑをかさねあふ/風間淑

夏蜜柑むき緑陰は二人のもの/富安風生

夏蜜柑やや歪む妻も健康に/榎本冬一郎

日に一つ食ふ夏蜜柑麦黄ばむ/皆川白陀

息みたし夏蜜柑ほど漲るまで/宮津昭彦

山荘のとなりの部屋に夏蜜柑/和知喜八

トンネルの口ある山の夏蜜柑/和知喜八

夏蜜柑たべて水勢あたらしき/和知喜八

夏蜜柑熟るゝに花も匂ひけり/佐藤瑠璃

海女の目や額に影して夏蜜柑/石田波郷

夏蜜柑を買ひ子供の手に触れ/小澤碧童

夏蜜柑みのる木蔭に父祖の墓/吉屋信子

夏蜜柑鈴成りの山汽車くゞる/右城暮石

夏みかん骸となりて匂ひけり/日野草城

俳句例:41句目~

爪深く立てても女夏みかん/藤田津義子

老友と居れば幼名夏みかん/百合山羽公

夏蜜柑月のごとくにぶらさがり/上野泰

若者の愛語さらりと夏みかん/岡田和子

夏帽に二つ買ひけり夏蜜柑/岡本癖三酔

夏みかん土塀に溢れ城下町/北里/千寿

夏蜜柑いづこも遠く思はるゝ/永田耕衣

嫁ぐ子と野に坐しわかつ夏蜜柑/及川貞

夏蜜柑海の彼方は窶れたり/宇多喜代子

夏蜜柑年々鈍くなり行けり/相生垣瓜人

海を恋ふ夜の帳簿に夏柑のせ/桜井博道

夏蜜柑剥く大富士を前にして/七田千代子

読みかけの書に夏蜜柑酸跳ばす/津田清子

夏蜜柑肩にあたるをもがんとす/前田普羅

外道井のほとり明るし夏蜜柑/下村ひろし

夜に剥いてさびしさ添へり夏蜜柑/森澄雄

婚約の頃も酸かりき夏みかん/山口波津女

楽しき世来るか夏蜜柑子と頒ち/内藤吐天

沖見るは女を待つ眼夏みかん/長谷川秋子

没日いま夏蜜柑いろ硝子はこぶ/桜井博道

俳句例:61句目~

こだまする樹海わが掌に夏蜜柑/村越化石

ころびたる児に遠ころげ夏蜜柑/皆吉爽雨

壱岐のせて波のかがやく夏蜜柑/野中亮介

夏みかん夜更けて稿を起しけり/関戸靖子

夏みかん手に海を見る場所探す/細見綾子

夏みかん爪立てられて匂ひけり/西村和子

夏みかん皮の黄浮かべ運河の朝/古沢太穂

眉に力あつめて剥けり夏蜜柑/八木林之介

素盞嗚の緋の川上の夏蜜柑/うさみとしお

夏みかん目にとぶつゆの五月かな/龍岡晋

夏みかん諏訪の訛をきみもいう/古沢太穂

夏蜜柑こころ披きてもの言へず/根岸善雄

夏蜜柑ざつくり剥きて旅たのし/桂/啓ヂ

雨意山に葉がくれのこる夏蜜柑/福田蓼汀

夏蜜柑すすり明日より何せむや/岸風三樓

夏蜜柑つぎつぎ黴びて空光る/福田甲子雄

夏蜜柑の種子あつむれば薄緑/川島彷徨子

夏蜜柑へ頬もたれゐて疲れかな/中山純子

夏蜜柑むきをる顔のすつぱさよ/唐笠何蝶

夏蜜柑よく吸ひし子の四肢匂ふ/渡邊水巴

俳句例:81句目~

夏蜜柑一つうしろ手に行く支那人/京極杞陽

夏蜜柑のすつぱきことを海に告ぐ/櫂未知子

温泉疲れや老の分けあふ夏蜜柑/合田丁字路

夏みかん灯虫もほのと来初めけり/中村汀女

夏みかん手に重し林芙美子の忌/成瀬桜桃子

吾子危篤夏蜜柑すでに町になし/川島彷徨子

今日も来る耶蘇のすすめや夏蜜柑/岩田由美

夏蜜柑の二ふくろ三ふくろゆきわたり/篠原

夏みかん酸ゆくわが家は昼も暗き/森川暁水

夏柑のけむりをあげて踏まれたる/宮坂静生

うべなはず夏蜜柑より皮剥がす/篠田悌二郎

夏みかん若もの夢をいだきそめ/篠田悌二郎

大夏柑むさぼりし息をつぎにけり/石田波郷

木の夏柑むすこむすめも婚期きて/和知喜八

夏蜜柑女子クラス乗せ帰る汽車/秋元不死男

夏みかん生らせっ放し帰らぬ父/八木原祐計

父の日の夏柑湯など浴びにけり/百合山羽公

夫に手を見られてむける夏みかん/山口波津女

夏蜜柑かかへて夜汽車にのるんだ/栗林一石路

夏みかん剥いて睡気を覚ましけり/田村かず子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ