季語/茄子の花(なすのはな)を使った俳句

「茄子の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茄子の花」について

【表記】茄子の花

【読み方】なすのはな

【ローマ字読み】nasunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花茄子(はななす:hananasu)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

茄子の花を含む俳句例

城壁の中を耕す茄子の花/日原傳

花茄子に朝の天文台の影/今井聖

茄子の花得三文の小往診/川畑火川

石仏に一燈淡し茄子の花/鷹野清子

紫の一色を持し茄子の花/宇咲冬男

茄子の花巧言令色滅ぶべし/澤木欣一

花茄子の一番花のこちらむき/山下尭

大川に夕汐さして茄子の花/坂本宮尾

妻呼ぶに今も愛称茄子の花/辻田克巳

炎天を鉄鉢と為す茄子の花/永田耕衣

一身に音なき雨を茄子の花/小川侑子

浜宿の小さき畑の茄子の花/小林正夫

年寄りの話大事に茄子の花/石川幸子

愛染や茄子の花といま一緒/清水径子

人並に祭の寄附や茄子の花/皆川白陀

茄子の花朝の心新しく/阿部みどり女

山の日の少し濡れたる茄子の花/丸田肇

うたたねの泪大事に茄子の花/飯島晴子

山風にまだ咲く茄子や秋祭/大峯あきら

棄石を打つ閑けさや茄子の花/今関幸代

俳句例:21句目~

茄子の花顔洗ふたび齢とつて/細川加賀

花茄子朝風にいきり駈ける犬/水落露石

茄子の花姉は大き露ならむ/河原枇杷男

北國にひらたき山や茄子の花/斉藤夏風

茄子の花白い覆面の馬通る/田川飛旅子

茄子の花黒人不撓の血弘めよ/香西照雄

遠見なる落柿舎よろし茄子の花/堤高嶺

雨あとの土息づくや茄子の花/松本一枝

霧降るが見ゆる茄子の末の花/細見綾子

寝足れば昨日は遠し茄子の花/池田秀水

茄子の花を炭俵あけてかこひけり/原月舟

手塩てふ言葉なつかし茄子の花/松島千代

山かけて朝虹ちかく茄子咲けり/飯田蛇笏

鼻風邪を従兄にうつす茄子の花/塚本邦雄

提灯をつけて来る児や茄子の花/富田木歩

土けむりたてて雨くる茄子の花/福田蓼汀

台風は過ぎ茄子の木に茄子の花/今瀬剛一

茄子の花昨日にまさる凡に謝す/岡田和子

ふんわりと転ぶわが芸茄子の花/小林清子

父も痩われも痩なり茄子の花/藤田あけ烏

俳句例:41句目~

理髪所は女手ひとつ茄子の花/北見さとる

生涯を村より出でず茄子の花/小池龍渓子

花ならば茄子の花に似たるべく/寺田寅彦

妻病んでゐて茄子の花十ばかり/細川加賀

鍵のない村の明るい茄子の花/吉田不可止

朝は鳴く畑の虫あり茄子の花/水原秋櫻子

うつし世は西から錆びる茄子の花/永末恵子

くぐりでて葦子数そふ茄子咲けり/木津柳芽

すいとんに太る看護婦茄子の花/北見さとる

ふだん着の俳句大好き茄子の花/上田五千石

下駄鳴つて水屋ともれり茄子の花/長谷川櫂

亡き父の瞳がさしのぞく茄子の花/平井照敏

自分でも要らぬ葉が出来茄子の花/永田耕衣

夕づきて夜のなかなかに茄子の花/石塚友二

茄子の花こぼれて蜘蛛をおどろかす/飴山實

蚕飼ふまはりの晴れて茄子の花/大木あまり

茄子の花詩は真実にかへりけり/田川飛旅子

母は子を死ぬまで思ふ茄子の花/穐好須磨子

茄子の花知命を過ぎて父母を持つ/相馬遷子

あめつちの静かに茄子の花ざかり/阿部慧月

俳句例:61句目~

そつと葉をつまみ上げれば茄子の花/岸本尚毅

また落ちてぬれ葉にとまる茄子の花/飯田蛇笏

アメリカに住み日本の茄子咲かす/冨田みのる

亡き人のものの減りゆく茄子の花/片山由美子

貧しさの詩とはならぬ世茄子の花/片山由美子

茄子の花茄子に映つてをりにけり/木暮陶句郎

茄子の花へ死ぬときの顔も考えておく/瀬戸青天城

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ