季語/夏の朝(なつのあさ)を使った俳句

「夏の朝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の朝」について

【表記】夏の朝

【読み方】なつのあさ

【ローマ字読み】natsunoasa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の朝を含む俳句例

段々に夏の夜明や人の皃/一茶

鉄棒に下り健康夏の朝/森竜南

どう~と夏の朝雨有難や/星野立子

夏の朝戸くるに親しき人通り/篠原

夏未明銀坑洞に火を点す/吉田木魂

牛乳の泡泡を押す夏の朝/高澤良一

肌ふるゝ風新しき夏の朝/佐藤佳津

夏曉の散歩の顔の血色よき/高澤良一

夏曉の関節鳴らす徒手体操/高澤良一

峯頭に片雲もなし解夏の朝/高田蝶衣

草原に風あと見ゆる夏の朝/太田柿葉

雌軍鶏をまたぐ雄軍鶏夏の朝/小澤實

夏曉の浪の穂に生れ陸みどり/桂樟蹊子

夏未明音のそくばく遠からぬ/野澤節子

門前に帆を張る船や夏の朝/金尾梅の門

夏の朝病児によべの灯を消しぬ/星野立子

夏曉のミサ一人加はる把手の音/津田清子

夏未明風にほとけのかよひ入る/野沢節子

まつさらの夏の朝にもう触れえず/平井照敏

吾が在るは一つの瑕瑾夏曉の山/小松崎爽青

俳句例:21句目~

夏の朝めろんの露を享けにけり/入江亮太郎

夏未明の風にほとけのかよひ入る/野澤節子

床擦れに手こずり居れば夏曉の日/高澤良一

墓地の夏の朝甘い香の花苔にこぼれ/喜谷六花

山山青垣なしてこれの高嶺の夏の朝なり/荻原井泉水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ