季語/漆掻(うるしかき)を使った俳句

「漆掻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「漆掻」について

【表記】漆掻

【読み方】うるしかき

【ローマ字読み】urushikaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・漆掻く(うるしかく:urushikaku)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

漆掻を含む俳句例

漆掻く肉一塊や女なし/原月舟

掻すての漆林や紅葉せり/鈴木元

素半纏しばる縄帯漆掻/吉川葵山

箆挟む指胝も古り漆掻/畠山若水

漆掻通れば童みな逃げぬ/川口哲郎

間道は知れど語らず漆掻/巌谷小波

林中に音返す岩漆掻く/中戸川朝人

風悲し掻れしあとの漆の木/尾崎紅葉

漆掻くあたまのうへや鵙のこゑ/白雄

漆掻く溝くろぐろと天台寺/高杉利十

漆掻く袖さへわびし鳥の糞/尾崎紅葉

山の子を従へ来たる漆掻き/萩原麦草

漆掻谷へ向けたる背中かな/野村喜舟

素十忌に一人は羽後の漆掻/友常愛慕

縄帯をしめて少女や漆掻/下斗米八郎

方舟のため葭を刈る漆掻く/柚木紀子

水の冷え漆掻き来て谷わたる/上村占

漆の木裏表なく掻かれあり/高橋卯木

冷かや漆かぶれを掻きむしり/野村喜舟

声とどくところにゐたり漆掻/宮津昭彦

俳句例:21句目~

子を負ひし女は漆もう掻かず/萩原麦草

山の裏独りさわがす漆掻き/加藤知世子

山長者貢の漆掻きにけり/菅原師竹句集

漆掻負けると言ひて髭剃らず/小川界禾

漆店こまかに掻きし夏炉かな/伊藤敬子

空谷に木魂して掻く漆かな/岡本癖三酔

漆掻あたまのうへや鵙のこゑ/加舎白雄

木から木へ村から村へ漆掻き/南雲糸虫

漆掻く日和つゞきや赤蜻蛉/大須賀乙字

晴れつゞき十日余りの漆掻/岡本癖三酔

霧立ちや壺際乾く掻き漆/菅原師竹句集

ことし掻けば枯るゝ漆や初嵐/河東碧梧桐

漆掻き溜めし鼻歌樹を下りる/加藤知世子

追ひつめられて奥能登の漆掻く/牧長幸子

漆掻き子が土くれを投げて呼ぶ/加藤知世子

樹にのぼる身の音かばかば漆掻き/加藤知世子

山中一湖の光り山中漆掻く一人の男/安斎櫻カイ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ