季語/蝉丸忌(せみまるき)を使った俳句

「蝉丸忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝉丸忌」について

【表記】蝉丸忌

【読み方】せみまるき

【ローマ字読み】semimaruki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蝉丸祭(せみまるまつり:semimarumatsuri)

・関明神祭(せきのみょうじんまつり:sekinomyojimmatsuri)

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

蝉丸忌を含む俳句例

にうつ一と塩の変蝉丸忌/上村占

淡海より京へ卯の花蝉丸忌/森澄雄

蝉丸忌半日鈍く京にをり/藤田湘子

逢坂の夜の暗さや蝉丸忌/中島曾城

みづうみの波高くなり蝉丸忌/岬雪夫

奏でゐる戸ごとの筧蝉丸忌/中山碧城

走井の走りやまずよ蝉丸忌/高橋陸郎

逢坂の雨のさみどり蝉丸忌/山田弘子

逢阪へのびゆく町や蝉丸忌/浜中柑児

門前の噴井の音や蝉丸忌/池尾ながし

山ゆけば花みなしろし蝉丸忌/三嶋隆英

蝉丸忌木蔭の深くなりにけり/坂本鬼灯

蝉丸忌闇明るしと謡ひけり/井上芙美子

走り井の真清水あふれ蝉丸忌/瀬木清子

きよらかに芸に身は痩せ蝉丸忌/多田渉石

はからずも大津にあそぶ蝉丸忌/桐山道子

蝉丸忌木苺の花たてまつる/久留宮青鳥子

追つかけの京へ急げり蝉丸忌/小枝秀穂女

田の風に吹かるヽ蝉丸祭かな/藤田あけ烏

日向くさき雨を降らしぬ蝉丸忌/星野麥丘人

俳句例:21句目~

琵琶の音を心耳に舞ふや蝉丸忌/時田悠々「古城」

逢坂に雲たちわかれ蝉丸忌/山本象夢「ホ誌雑詠選集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ