季語/濁り鮒(にごりぶな)を使った俳句

「濁り鮒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「濁り鮒」について

【表記】濁り鮒

【読み方】にごりぶな

【ローマ字読み】nigoribuna

子季語・関連季語・傍題・類語など

・濁りを掬う(にごりをすくう:nigoriosuku)

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

濁り鮒を含む俳句例

一匹は必ず網に濁り鮒/高濱虚子

濁り鮒夕雲草に沈みつつ/大獄青児

あえかなる腹を晒して濁り鮒/辻桃子

時ふれば手桶水澄み濁り鮒/中村汀女

蘆原に雲生れしとき濁り鮒/巌谷小波

いくさとを流れ流され濁り鮒/岡本松浜

ささやかな逆流われに濁り鮒に/堀葦男

大欲は出さずに濁り鮒を釣る/前内木耳

担ひゆく桶がぼがぼと濁り鮒/浜中柑児

母はまた母に生れむ濁り鮒/磯貝碧蹄館

比良山の残照ながし濁り鮒/服部美矢子

濁り鮒はねて畦こす晴間なり/太田蓁樹

濁り鮒亡父母も共に潜り行く/永田耕衣

濁り鮒人に逢はねば帰られず/田中裕明

濁り鮒腹をかへして沈みけり/高浜虚子

濁り鮒釣りをる泛子を雨叩く/平尾祁村

逃げ場なき環濠の水にごり鮒/水谷芳子

顔を出すバケツの底の濁り鮒/高野素十

濁り鮒けむりのにほふ山河かな/柏村貞子

濁り鮒居ずなりし川も庭のうち/石川桂郎

俳句例:21句目~

田より田へながるる水や濁り鮒/小沢一呂

鬼飼ひし日のあらなくに濁り鮒/後藤綾子

はらからの皆ちりぢりに濁り鮒/小野/克之

色をふと消しゝは濁り鮒らしや/小路島橙生

釣れまつか濁り鮒かてあきまへん/稲畑廣太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ