季語/黒鯛(くろだい)を使った俳句

「黒鯛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黒鯛」について

【表記】黒鯛

【読み方】くろだい

【ローマ字読み】kurodai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ちぬ(ちぬ:chinu)

・黄鰭(きびれ:kibire)

・本ちぬ(ほんちぬ:honchinu)

・かいず(かいず:kaizu)

・けいず(けいず:keizu)

・ちんちんかいず(ちんちんかいず:chinchinkaizu)

・ちんちん(ちんちん:chinchin)

・梅雨かいず(つゆかいず:tsuyukaizu)

・ちぬ釣(ちぬつり:chinutsuri)

・かいず釣(かいずつり:kaizutsuri)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

黒鯛を含む俳句例

黒鯛は最澄の黒水無月会/森澄雄

黒鯛の拓大きく釣具店/浦野芙美

黒鯛釣潮沫白きあかるさに/瀧春一

黒鯛釣に港湾の潮碧なす/鈴鹿野風呂

朝市や樽に泳ぎて黒鯛の鰭/篠田麦子

碇泊の暁凪に黒鯛を釣る/鈴鹿野風呂

黒鯛を黙つてつくる秋の暮/川崎展宏

黒鯛に夏二三夜の闇濃さよ/杉山一転

黒鯛釣りの岩一枚を頒ちあひ/杉良介

黒鯛もつれて刺身の月見かな/瀧井孝作

渦潮や渦中相摶つ揉まれ黒鯛/関谷嘶風

黒鯛釣に夏二三夜の闇濃さよ/杉山一転

踊らんか黒鯛は膾に渦見し夜/国しげ彦

黒鯛釣を迎へにゆきし帆掛舟/斎藤夏風

黒鯛釣伊豆のあおあお青蜜柑/和知喜八

旬といふ黒鯛に地酒の酔早く/小浦登利子

黒鯛釣る薄暑の波濤日を揺りぬ/西島麦南

黒鯛や浜名湖のやゝ秋きざす/百合山羽公

黒鯛の潮のしたたり虹色に/きくちつねこ

黒鯛に箸のばしゐてむせたるよ/村沢夏風

俳句例:21句目~

黒鯛釣の江にかぎろへり天主堂/野中亮介

黒鯛釣ると聞けば少々遠くとも/小川竜雄

黒鯛釣る薄暑の波濤日を揺りぬ/西島麦南

黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる/宇多喜代子

黒鯛の揺れ身をぬけてゆく日本海/伊藤淳子

かいず釣テトラポットに仁王立ち/田中英子

黒鯛旨しと言ひてかそかに点滴中/赤尾兜子

黒鯛つりに虹たつ涛のしづまれる/西島麦南

黒鯛釣や潮に阿波の灯淡路の灯/長谷川閑乙

糸鳴りて闇ひきしまる黒鯛の引き/大橋一久子

黒鯛釣るや与謝の入海あをあをと/深見けん二

引き強きことが楽しと黒鯛を釣る/山本砂風楼

黒鯛を食ふほくろのひとつ灯の当り/吉井幸子

藻のなびきなびく岩門に黒鯛釣れり/岡田貞峰

黒鯛食うて熟睡などなきごとくなり/岡井省二

ていねいにからだを拭いて黒鯛くふ/飯島晴子

黒鯛つりに夏二三夜の闇濃さよ/杉山一轉俳句集/杉山一轉、岩木躑躅編

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ