季語/晒井(さらしい)を使った俳句

「晒井」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「晒井」について

【表記】晒井

【読み方】さらしい

【ローマ字読み】sarashii

子季語・関連季語・傍題・類語など

・井浚(いざらい:izarai)

・井戸浚(いどざらい:idozarai)

・井戸替(いどがえ:idogae)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

晒井を含む俳句例

人変り晒井も世に亡びけり/有働亨

屋根葺の世話焼顔や晒井/会津八一

晒井のたとへば暗峠越え/岡井省二

晒井や二タ杓三杓迎へ水/大森積翠

晒井や水屋の神の朝灯/岩谷山梔子

晒井や簾しづかに二三軒/増田龍雨

晒井を一本の声透き通る/田和大私

晒井に和尚の尻の白さかな/会津八一

晒井に蝙蝠安といふすがた/松藤夏山

晒井のたらりと落す縄梯子/北村仁子

晒井の夜の賑へる山家かな/茨木和生

晒井の水を童女は渡り行く/前田普羅

晒井の泥水蕗にさゞめけり/松藤夏山

晒井の綱長々と濡れにけり/野村喜舟

晒井や虹出てあがる昼の雨/太田暁水

あかあかと底にさす日や晒井/会津八一

庭木戸や晒井すみし開け放し/小杉余子

昼寄席に晒井の声きこえけり/渡辺水巴

晒し井や蝿引きあまる裏戸口/正岡子規

晒し井や釣瓶におよぐ五年鮒/正岡子規

俳句例:21句目~

晒井にはじまる幕や夏芝居/水原秋桜子

晒井の底より見たる揚羽蝶/加藤かけい

晝寄席に晒井の聲きこえけり/渡邊水巴

晒井の水深く汲み深くこぼす/榎本冬一郎

晒井にたかき樗の落花かな/飯田蛇笏「山廬集」

晒井や余所へ家鴨をあつらへる/乙二「乙二発句集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ