季語/団栗(どんぐり)を使った俳句

「団栗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「団栗」について

【表記】団栗

【読み方】どんぐり

【ローマ字読み】donguri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・櫟の実(くぬぎのみ:kunuginomi)

・団栗独楽(どんぐりごま:dongurigoma)

・団栗餅(どんぐりもち:dongurimochi)

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

団栗を含む俳句例

団栗を沈め療園の池曇る/有働亨

団栗や熊野の民の朝餉/野澤凡兆

団栗や六角坂に富坂に/野村喜舟

団栗や寺境内の山王社/尾崎迷堂

懸崖や団栗落つる驀地/寺田寅彦

大和大路団栗下ル菊盛り/如月真菜

団栗と枯檜葉の降る雪舟碑/堀古蝶

団栗に八専霽れや山の道/飯田蛇笏

団栗の音めづらしや板庇/正岡子規

天を見ず青団栗を拾ふまで/望月精光

団栗の土に還らんひとりごと/吉本昴

掌にのせて団栗みどり山に雪/中拓夫

団栗一つ供ふ湯神の御神体/高澤良一

団栗を踏みつけてゆく反抗期/小国要

団栗を幾十投げて空を欲る/対馬康子

団栗をもろにつぐめる山童/飯田蛇笏

団栗の青きが打ちて真の音/高澤良一

団栗や似て声たかき母と妻/白岩三郎

今投げし団栗ならず水の底/依光陽子

団栗やうさぎも共に霜崩れ/水田正秀

俳句例:21句目~

喰物もありや松尾の柏団栗/広瀬惟然

回らねば仲間失う団栗独楽/保尾胖子

団栗の己が落葉に埋れけり/渡辺水巴

団栗の葎に落ちてくゞる音/鈴木花蓑

団栗の栗色兄らに栗拾はれ/香西照雄

団栗のころび合ひたり窪だまり/牡年

風邪の子や団栗胡桃抽斗に/中村汀女

打合うて団栗こぼす袂かな/尾崎紅葉

山かつと団栗道をすれ違ひ/松藤夏山

団栗と子がもたらせし土地言葉/金子潮

あけすけに団栗の木と冬青空/高澤良一

団栗にうたれし孤独地獄かな/藤田湘子

団栗のころころと詩生れけり/佐藤木鶏

団栗のしたゝか落ちて茶時かな/齋藤玄

団栗のゐろりに烟る山の家/野田別天楼

どんぐりに形大小ありにけり/新部烈人

櫟の実足裏に触れて露天風呂/宮田俊子

団栗の広葉つきぬく音すなり/子規句集

団栗の落ちずなりたる嵐かな/子規句集

団栗の野毛坂はまだ続くなり/高澤良一

俳句例:41句目~

団栗の寝んねんころりころりかな/一茶

団栗や屋根をころげて手水鉢/正岡子規

団栗を掃きこぼし行く箒かな/高浜虚子

団栗が掌を打つ遠き日の戦さ/対馬康子

団栗を混へし木々ぞ城を隠す/石田波郷

どんぐりの山に声澄む小家族/福永耕二

団栗溜めこんで長頭系の孫/安藤今朝吉

大和どこも団栗柴の黄ばむ頃/右城暮石

山猫を思ひどんぐり大事にす/太田土男

椎ひろふあとに団栗哀れなり/子規句集

神にのみ下僕団栗踏みしだき/細川加賀

肌寒や雨の青どんぐりを見て/高澤良一

野毛坂に団栗落ちて転ぶ距離/高澤良一

黴まじく仁王どんぐり眼かな/高澤良一

どんぐりや厠に小さき覗き窓/松岡実子

どんぐり拾ふ病院の許可時間/細見綾子

団栗の坂二人ひょいと象形文字/山岡敬典

どんぐりを拾ふも遊び心かな/小林むつ子

しののめや団栗の音おちつくす/中川宋淵

団栗独楽椎の実十とかへ事しよ/尾崎紅葉

俳句例:61句目~

団栗や倶利伽羅峠ころげつゝ/東洋城千句

団栗をひらふ祖父母でありにけり/井上茂

美的百姓に団栗降るや青きもあり/上林裕

どんぐりの一つは寡黙三つ拾ふ/広谷春彦

自閉児の団栗数へきりもなや/築城百々平

朝日浴びどんぐり芽ぶく毬の中/米本義弘

どんぐりの単純すこしづつちがふ/沼等外

団栗のわがてのひらで熱を持つ/有馬英子

どんぐりを机上に愛づる雨一日/高澤良一

掌にあまる団栗夫も子もなくて/菖蒲あや

団栗の一つ落ちくる露天風呂/中条久三夫

団栗を握りしままの子を診をり/西川五郎

団栗もかきよせらるゝ落葉かな/子規句集

どんぐりを拾へば根あり冬日向/藺草慶子

団栗に海なり聴くや土佐どまり/巌谷小波

団栗の二つであふれ吾子の手は/今瀬剛一

地固くころがる正味どんぐりよ/成田千空

芭蕉さま団栗ひとつもらひます/藤岡筑邨

落城の碑を団栗の打ちにけり/加藤三七子

青どんぐり湯川高鳴り流れけり/高澤良一

俳句例:81句目~

青枯の団栗に墓道選びけり/長谷川零餘子

団栗落つ得たりや応と鋪道受け/高澤良一

どんぐりの山から山へ夕日の軍歌/櫻井博道

どんぐりの影ものびたる土の上/深見けん二

どんぐりの拾へとばかり輝けり/藤野智寿子

どんぐりの背比べして土筆生ふ/堀之内和子

どんぐりの落ちて日あたる山となる/桂信子

団栗や急なる坂の日を見ざる/阿部みどり女

どんぐりを玩具にまぜて旅鞄/阿部みどり女

どんぐりの一つ淋しところがれる/大内迪子

どんぐりを児等と分ちて富むごとし/樋笠文

どんぐりも首をすくめる寒さかな/高澤良一

子の帯を解けば団栗落ちにけり/矢部金柑子

どんぐりの頭に落ち心かろくなる/油布五線

拾ふ気になれば団栗いくらでも/柳本津也子

どんぐりの小草にまぎれ荘を閉づ/加藤耕子

咳よりもはやく団栗落ちきたる/米澤吾亦紅

団栗拾ふ峠あかるきさびしさに/山田麗眺子

あきらめた夜を団栗かんかん鳴る/櫂未知子

おくつきに団栗落ちぬ木遠し/長谷川零餘子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ