季語/接骨木の花(にわとこのはな)を使った俳句

「接骨木の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「接骨木の花」について

【表記】接骨木の花

【読み方】にわとこのはな

【ローマ字読み】niwatokonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・たずの花(たずのはな:tazunohana)

・みやつこぎ(みやつこぎ:miyatsukogi)

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

接骨木の花を含む俳句例

接骨木の早や整へし花の数/井上波二

接骨木咲いて耳標の青き兎たち/林翔

接骨木の花にはとりの糞にほふ/辻桃子

接骨木の花噴きあぐる立石寺/大坪景章

接骨木の花見るばかり化粧坂/高澤良一

接骨木の芽の付き方は唯杜撰/高澤良一

接骨木の芽の揃ひたる朧かな/前田普羅

接骨木の芽や逆まに大いなる/山口青邨

既にして接骨木の芽の出臍程/高澤良一

にはとこ冬芽老衰病者みな匂ふ/松村蒼石

接骨木のこちらに少しましな花/高澤良一

接骨木の花の盛りに里がへり/若林かつ子

接骨木の花を散らせり木出し橇/若月瑞峰

接骨木の花貧乏に飽きて主婦/潮原みつる

接骨木の芽を見仁王の乳房見て/山口青邨

ひそやかに老ゆ接骨木の花や葉や/向笠和子

接骨木のこんな花かとくささるる/高澤良一

接骨木の節々太き芽立ちかな/数川/三枝子

接骨木の花にはじまる旧街道/長谷川せつ子

接骨木の花まぎれんとしてゐたり/高澤良一

俳句例:21句目~

接骨木の芽と手を添へて申さるる/高澤良一

接骨木の赤さまざまな葬祭あり/鈴木八駛郎

接骨木はもう葉になって気忙しや/富安風生

接骨木や子規堂明治の匂ひ曳き/河野多希女

為替とりに接骨木若葉照る橋を/川島彷徨子

やらずの雨接骨木微塵の花こぼす/内田ゆたか

接骨木のおおどじ踏んで咲きにけり/高澤良一

接骨木の枯れきりしさまあらはにす/池田秀水

接骨木の芽とおしへられ仰ぎ見る/藤岡/むね

接骨木咲きぼつぼつ旅に出るもよき/高澤良一

接骨木の花咲けり何かにまぎれんと/加倉井秋を

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ